大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


【編集部からのお題】本当に経営者のためになる交流会とは

投稿日時:2011/12/17(土) 16:08rss

本当に経営者のためになる交流会とは・・・・ってww
「本当に」と言われるとなかなか書きにくいですが
会ごとに目的があると思います。

経営の勉強が目的の会だったり
情報交換が目的の会であったり。

例えば、この経営者会報ブログであれば
みんな何のために書いてはるのかなー

本来のお題と離れてしまうかもしれませんが
私自身の経営者会報ブログへの思いを書かせてもらいますね。

私は、そもそもの入会のきっかけは
2008年に日本実業出版社さんが開催された著者発掘コンテストでした。
一次審査を通過し、二次審査のときに、ネット上にサンプル原稿を載せて
読んだ方にコメントをもらうという試みがあり
そのときに既に会員だった関西の経営者のみなさんに
全面的にご支援いただき、それで私も仲間に入りたい!と思って
事務局の方にお願いをした覚えがあります。

知らない方ばかりだったら、入るときに躊躇していたかもしれませんが
関西での勉強会でご一緒しているみなさんがたくさんおられたので
比較的スムーズに入れたように記憶しています。

入会後は、ブログにみなさんが温かいコメントを入れてくださるのが
とっても新鮮でうれしかったことを覚えています。

私は2007年からライブドアブログを既に書いていたのですが
そちらは読者がいるのかいないのか、誰もいない砂漠の真ん中で
ひとりで叫んでいるような感じがありましたが
経営者会報ブログはひとつの空間を皆が共有していて
話を聞いてくれている人がそこにいるという感覚がありました。

その後オフ会や、テストマーケティング研究所、
そして自身の出版記念パーティなどで会員のみなさんと
交流を深めることができました。

特に2009年6月に初めて東京で出版記念パーティをしたときは
まだ東京に知り合いも少なくて正直集客にも苦戦だったのですが
経営者会報ブロガーのみなさんは揃ってお越しいただいて
心強かったですし、うれしかったことを覚えています。
(久米さんに挨拶をお願いしました)

他にも経営者との勉強会に参加していますが
勉強会とか集まる場では交流ができるのですが
とぎれとぎれになってしまいます。

しかし経営者会報ブログのみなさんとは
ブログを通じてその人の人となりや考え方がわかるので
会ったときに、久しぶりという感じもなく
また何か困りごとがあったときに、この内容だったら
この人に相談をしてみよう、とすぐにコンタクトがとれるのが心強いです。

実際に私は本を書くときに、みなさんに色々意見をお聞きして
すごく参考にさせてもらっています。

私も経営者のはしくれではあるので、思いを持って事業をしているわけですが
時には自分のやり方や考え方が正しいのかどうか悩むこともあります。
そんなときに、他の人が書いておられるブログを読んで、励まされたり
安心したりすることも多々あります。

今後さらにこのコミュニティを発展させていくことを考えると
会員数がもう少し増えて、さらに色々な経営者の方の生き様を勉強させてもらえたらいいなーって
思います。

・他の人の生き方を見て自分ももっとがんばろうと思える
・ビジネスのヒントを得ることができ、場合によってはビジネスのつながりもできる
・コミュニティに所属していること自体がステイタスとなる

というような会がよいかなーと私は考える次第です。

*トラックバックの貼り方がわからなくてすいません・・


トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

人事労務に関するコンサルタント業/セミナー運営/社会保険労務士業

詳細へ

個人プロフィール

詳細へ

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(904)


<<  2019年8月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメント一覧

最新トラックバック

  • ルイヴィトン 店舗 from ルイヴィトン 店舗
    【明大生との一問百答】上司からアドバイスを引き出す方法 - 井寄事務所 代表 井寄奈美
  • 井寄奈美「著者デビュー5周年」に出席 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    特定社会保険労務士で経営者会報ブログの会員でe製造業の会の会員でもある井寄奈美氏が2009年に「小さな会社の<トクする>人の雇い方・給料の払い方」を出版してから4年間で6冊の本を執筆しています。 そこで著者デビュー5周年の感謝祭を開くということで招待されましたが、たまたま我社の年2回しかない土曜日出勤日に当たり第1部のトークイベントには出席ができず夕方からのパーティにだけ参加させていただきま
  • 僕らの味方 キューティーバニー from 男の魂と誇りを込めて・・・世界が震撼する日本の鞄 國鞄 社長 庄山 悟 の日記
  • 新刊書『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    いつもお世話になっている特定社会保険労務士の井寄奈美さんが、6冊目の本『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』を㈱中経出版より出版しました。 その新刊書を10月30日発売なのに早々と送ってくださいました。 井寄さんの出している本は全て労働基準法や社員になどに対する対処など中小経営者の悩んでいることなどを解りやすく解説している本で経営者にお薦めの本です。 今回は権利のみを主張して労務の
  • 大阪府中小企業労働環境好事例集作成で井寄奈美氏の取材を受けます。 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    大阪商工労働部から推薦され大阪府総合労働事務所のヒアリングを受け中小企業労働環境向上好事例選定委員会において、三元ラセン管工業㈱においては、文句のつけようがないという意見も出るなど高評価を頂き好事例企業50社の中の1社に選定されました。 その選定された会社に今度は社会保険労務士や中小企業診断士が訪問し取材を行い事例集を作成するそうです。 訪問される社会保険労務士や中小企業診断士さんはこちら