大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


何のために本を書くのか

投稿日時:2010/02/06(土) 13:37rss

昨年は2冊の本を上梓させていただきました。

小さな会社の トクする 人の雇い方・給料の払い方
小さな会社の トクする 人の雇い方・給料の払い方
クチコミを見る


トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方
トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方
クチコミを見る


そもそもどうして本を書こうと思ったのか。
そして本を書いたことでどんな発見があったかお伝えしようと思います。

本を書こうと思ったきっかけは、本が好きだからです。
自分自身、わからないことがあれば、本屋さんに行って
本を買い求め、本で調べるということを実行していました。

本屋さんでの時間は至福の時間でもあります。
仕事に使う本以外にも、自分の知らない世界や考え方に
触れることができる本と出逢い、他人の経験や知識に触れることは
明日への活力を得るためには私にとって欠かせないものでした。

本屋さんにいると、いつかは自分も情報を発信する方になってみたい、
この棚の中に存在したい、と強く思うようになりました。

そして、仕事の面で色々ご相談を受けていると
ほとんどがトラブルが起こってしまった後での相談であることに
気付きました。

知っていれば、トラブルに巻き込まれなかったのに。
そしてその知っていくべき知識は、そんなに難しいことではないのです。

そこで、最初の本が生まれました。
人を雇ったときに、労働法も、社会保険も、法律の区分に関係なく
こんなことに気をつけておいたらいいですよ、という内容を
ざっとまとめたものです。

そして本を出したあと。
自分が予想していなかった反応がたくさんありました。

北海道や四国、中国地方、など、遠方の方々から
本の感想をメールでいただいたのです。

ご主人が経営をされていて、会社の事務をされている奥様から
もっと早くこの本に合ってたら色々悩まなくても済んだのに、
というご感想をいただいたり、
社労士事務所を始めたばかりで、こんなことをお客様に伝えたいという
感想をくださった社労士さんなど。

本ってすごい波及力があるんだなぁって実感しました。
そして、お目にかかったこともない人達に喜んでもらっている、
本が増刷になったときも、本をお買い求めいただいている方達の
ことを思い、感謝の気持ちで胸がいっぱいになりました。

先日、増刷記念に、事務所通信をご購読いただいている方に
著書プレゼント企画をしました。
先着10名様に本を2冊セットでプレゼントさせていただいたのですが
応募者の中に、最初の本のときにご感想メールをいただいた
岡山の社労士さんが含まれていました。

早速本が到着した様子をブログにUPしてくださいました。

■岡山の社労士 川上陽子さんのブログはこちら>>>

こうやってご縁がつながっていくこと、本当にありがたいことです。
これからも、本を読んでくださる人のことを深く考え
よりお役に立つ内容を発信していきたいと思います。

トラックバック一覧

コメント


私も読ませていただきました

私も読ませていただきました。

今日のブログにも書かせていただきましたが
やはり餅屋は餅屋の常識があって
それは、経験と体験でも目線があってだと思いました。

これからも
ぜひ がんばってください

Posted by 土建屋魂 北山大志郎 at 2010/02/06 18:14:00 PASS:

北山さん、ありがとうございます!

北山さん、はじめまして、ですよね。

コメントをありがとうございます!

ご飯を食べさせてもらってる本業での知識を

一般の方の目線に落とし込むことが大事ですよね

これからもがんばります

ありがとうございました

Posted by いよりん at 2010/02/06 18:19:00 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

人事労務に関するコンサルタント業/セミナー運営/社会保険労務士業

詳細へ

個人プロフィール

詳細へ

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(904)


<<  2019年8月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメント一覧

最新トラックバック

  • ルイヴィトン 店舗 from ルイヴィトン 店舗
    【明大生との一問百答】上司からアドバイスを引き出す方法 - 井寄事務所 代表 井寄奈美
  • 井寄奈美「著者デビュー5周年」に出席 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    特定社会保険労務士で経営者会報ブログの会員でe製造業の会の会員でもある井寄奈美氏が2009年に「小さな会社の<トクする>人の雇い方・給料の払い方」を出版してから4年間で6冊の本を執筆しています。 そこで著者デビュー5周年の感謝祭を開くということで招待されましたが、たまたま我社の年2回しかない土曜日出勤日に当たり第1部のトークイベントには出席ができず夕方からのパーティにだけ参加させていただきま
  • 僕らの味方 キューティーバニー from 男の魂と誇りを込めて・・・世界が震撼する日本の鞄 國鞄 社長 庄山 悟 の日記
  • 新刊書『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    いつもお世話になっている特定社会保険労務士の井寄奈美さんが、6冊目の本『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』を㈱中経出版より出版しました。 その新刊書を10月30日発売なのに早々と送ってくださいました。 井寄さんの出している本は全て労働基準法や社員になどに対する対処など中小経営者の悩んでいることなどを解りやすく解説している本で経営者にお薦めの本です。 今回は権利のみを主張して労務の
  • 大阪府中小企業労働環境好事例集作成で井寄奈美氏の取材を受けます。 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    大阪商工労働部から推薦され大阪府総合労働事務所のヒアリングを受け中小企業労働環境向上好事例選定委員会において、三元ラセン管工業㈱においては、文句のつけようがないという意見も出るなど高評価を頂き好事例企業50社の中の1社に選定されました。 その選定された会社に今度は社会保険労務士や中小企業診断士が訪問し取材を行い事例集を作成するそうです。 訪問される社会保険労務士や中小企業診断士さんはこちら