大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


■スピードを上げるための施策

投稿日時:2008/10/13(月) 02:50rss

スピードを上げるための施策。
今の私のテーマでもあります。
まだこれが答えというものはないのですが
今やろうと思ってることは
徹底したタスク管理です。

私の主な仕事はお客様との面談、コンサルティング
面談のための資料作成、あとは就業規則作成、
助成金申請、社会保険・労働保険の事務処理の仕事です。

今やってることは、未処理、仕掛中、返事待ちの書類のBOXをつくり、
目で見て処理状況がわかるようにしています。
これは古芝さんの工場見学に行った際に
事務の方がそのようにされていたので参考にさせていただきました。

この処理状況を事務員さんにもわかるように、パソコンにも
共有フォルダーのところに仕事の進行表を作成したのですが
案件によっては、返事待ちにあったものがまた未処理に回ったりして
シートでの管理は煩雑になるので、今はBOXでしか管理ができていません。

先日、「ライフハックス」や「スピードハックス」の著書のある
大橋悦夫さんとお話をした際に、まず時間のかかる案件から
先に処理をしていくことがスピードアップのために効果があることを
教えていただきました。

まずは未処理のファイルの数を減らしたいので
すぐに終る仕事から手をつけがちになるのですが
細かい仕事は日々発生するものが多いので
そうなると、時間のかかる仕事はずっと後回しになってしまいます。

すぐに終る仕事というのは、切れ端の時間でも処理ができるので
まずは時間のかかる案件からとりかかるのが得策とのことでした。

事務処理の順番を考えることでかなりスピードを上げることができると思いますので
引き続きタスク管理を徹底したいと考えています。

12月と1月に大橋さんに大阪で講演をしていただきます。
1日でも早くお話をお聞きしたいところですが
12月と1月楽しみにしています。

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

人事労務に関するコンサルタント業/セミナー運営/社会保険労務士業

詳細へ

個人プロフィール

詳細へ

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(904)


<<  2019年8月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメント一覧

最新トラックバック

  • ルイヴィトン 店舗 from ルイヴィトン 店舗
    【明大生との一問百答】上司からアドバイスを引き出す方法 - 井寄事務所 代表 井寄奈美
  • 井寄奈美「著者デビュー5周年」に出席 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    特定社会保険労務士で経営者会報ブログの会員でe製造業の会の会員でもある井寄奈美氏が2009年に「小さな会社の<トクする>人の雇い方・給料の払い方」を出版してから4年間で6冊の本を執筆しています。 そこで著者デビュー5周年の感謝祭を開くということで招待されましたが、たまたま我社の年2回しかない土曜日出勤日に当たり第1部のトークイベントには出席ができず夕方からのパーティにだけ参加させていただきま
  • 僕らの味方 キューティーバニー from 男の魂と誇りを込めて・・・世界が震撼する日本の鞄 國鞄 社長 庄山 悟 の日記
  • 新刊書『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    いつもお世話になっている特定社会保険労務士の井寄奈美さんが、6冊目の本『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』を㈱中経出版より出版しました。 その新刊書を10月30日発売なのに早々と送ってくださいました。 井寄さんの出している本は全て労働基準法や社員になどに対する対処など中小経営者の悩んでいることなどを解りやすく解説している本で経営者にお薦めの本です。 今回は権利のみを主張して労務の
  • 大阪府中小企業労働環境好事例集作成で井寄奈美氏の取材を受けます。 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    大阪商工労働部から推薦され大阪府総合労働事務所のヒアリングを受け中小企業労働環境向上好事例選定委員会において、三元ラセン管工業㈱においては、文句のつけようがないという意見も出るなど高評価を頂き好事例企業50社の中の1社に選定されました。 その選定された会社に今度は社会保険労務士や中小企業診断士が訪問し取材を行い事例集を作成するそうです。 訪問される社会保険労務士や中小企業診断士さんはこちら