大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


「あいみつ」で敢え無く敗退

投稿日時:2008/10/10(金) 20:49rss

今日は、先月、税理士さんにご紹介をいただいた
お客様のところに伺いました。

従業員数はアルバイト・パートも入れると100名を超えています。
しかし就業規則も時間外協定も雇用契約書もありませんでした。

労働時間もエライことになっていたので
今の現状で未払いの時間外を仮に請求されたらいくらになるのか
タイムカードをお預かりして試算も出しました。

こちらの会社は、悪意があって現状になったのではなく
事業規模の拡大に労務管理が追いつかなかった結果
今の状況になってしまったというかんじです。

先月はじめて訪問をさせていただいた際に、
他の社労士さんにも声をかけておられることをお聞きしました。
報酬の見積もりを提出し、「あいみつ」をさせて下さいということでした。

「あいみつ」大歓迎。
他の社労士さんの動向がわかるからです。
しかも「あいみつ」で、絶対勝たない自信があります。

私の行う業務は通常の社労士業務だけではありません。
他の士業や各専門家とのネットワークを活かした
ご提案をさせていただくことができます。
しかも監督署での勤務経験から行政とのネットワークもあります。

そんな付加価値をきちんと認めてくださり、
私の知識と人脈を最大限活用できるような広い視野を持った
お客様とお仕事をさせていただきたいので
単に顧問料がいくら、とかの値段だけで社労士を決めるお客様とは
パートナーシップを組みにくいと考えています。

今回「あいみつ」で負けたのは、そんな付加価値をきちんと
伝えることのできなかった私の努力不足だと反省しています。
報酬については、適正価格でご提示していましたので
それ以上に下げるつもりは全くありませんでした。

先日の村上 肇さんの講演にもあったのですが
自分が得意とする商品を、
それを探しているお客様に提供することができるような
伝え方をすることが大事だとおっしゃっていました。

現状は必死になってお客様を増やさなければならない状況ではないので
今、顧問契約をいただいているお客様の満足度を上げるように
より付加価値の高いサービスを提供していくこと、
今後新たなお客様については、
私ができるサービスをもっときちんとわかるように提示して、
私の方からも一緒に仕事をさせていただくお客様を
選ばせていただきたいと考えています。

実は社労士になって「あいみつ」をされたのは今回が初めてです。
景気の急激な変動で、かなり情勢も変わってきているようです。
しかしこんなときだからこそ、より選ばれる自分になるように
もっと「地力」を高めたいと思います。

トラックバック一覧

コメント


おっしゃるとおりですね。

いよりさん、こんにちは!

おっしゃるとおりですね。
いかに付加価値を付けたサービスが提案できるか
が問われる時代です。

ただ、景気が後退する場面では
大半が価格優先になりがちです。

満足の一歩先にある驚きを提供できる企業に
なるべく前進あるのみです。

Posted by 伊藤@蒲郡製作所 at 2008/10/12 16:52:00 PASS:

いとうさん!いつもありがとうございます!

いとうさん、いつもありがとうございます!

そうですね。クマの本にも

「不満がないことが満足ではない。

期待を超えることを提供しないと満足には

ならない」ってありましたもんね。

日々精進したいと思います。

今後もご指導よろしくおねがいします!

Posted by いよりん at 2008/10/12 20:35:00 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

人事労務に関するコンサルタント業/セミナー運営/社会保険労務士業

詳細へ

個人プロフィール

詳細へ

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(904)


<<  2019年11月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント一覧

最新トラックバック

  • ルイヴィトン 店舗 from ルイヴィトン 店舗
    【明大生との一問百答】上司からアドバイスを引き出す方法 - 井寄事務所 代表 井寄奈美
  • 井寄奈美「著者デビュー5周年」に出席 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    特定社会保険労務士で経営者会報ブログの会員でe製造業の会の会員でもある井寄奈美氏が2009年に「小さな会社の<トクする>人の雇い方・給料の払い方」を出版してから4年間で6冊の本を執筆しています。 そこで著者デビュー5周年の感謝祭を開くということで招待されましたが、たまたま我社の年2回しかない土曜日出勤日に当たり第1部のトークイベントには出席ができず夕方からのパーティにだけ参加させていただきま
  • 僕らの味方 キューティーバニー from 男の魂と誇りを込めて・・・世界が震撼する日本の鞄 國鞄 社長 庄山 悟 の日記
  • 新刊書『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    いつもお世話になっている特定社会保険労務士の井寄奈美さんが、6冊目の本『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』を㈱中経出版より出版しました。 その新刊書を10月30日発売なのに早々と送ってくださいました。 井寄さんの出している本は全て労働基準法や社員になどに対する対処など中小経営者の悩んでいることなどを解りやすく解説している本で経営者にお薦めの本です。 今回は権利のみを主張して労務の
  • 大阪府中小企業労働環境好事例集作成で井寄奈美氏の取材を受けます。 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    大阪商工労働部から推薦され大阪府総合労働事務所のヒアリングを受け中小企業労働環境向上好事例選定委員会において、三元ラセン管工業㈱においては、文句のつけようがないという意見も出るなど高評価を頂き好事例企業50社の中の1社に選定されました。 その選定された会社に今度は社会保険労務士や中小企業診断士が訪問し取材を行い事例集を作成するそうです。 訪問される社会保険労務士や中小企業診断士さんはこちら