大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


設立30周年はリッツ・カールトンで♪

投稿日時:2008/10/02(木) 21:37rss

ちょうど1年前に就業規則や雇用契約書等、労務管理に必要な書類一式の
作成支援をさせていただいた事業所さんに久しぶりにお邪魔しました。

就業規則の作成をさせていただいて、
そのまま顧問契約をいただく場合もありますが
こちらの事業所さんのように、あとは自社でやるので・・と
おっしゃるケースもあります。

今回は残業代の計算方法について
自社でされている分が就業規則に合っているのかどうかを
きちんと確認をしたいということでお呼びがかかりました。

その事業所さんは製造機械の部品を作られています。
いかにも町工場の典型的なつくりになっていて
一階が工場で、工場の奥の階段から2階に上るとそこが事務所になっています。

ご近所への騒音対策からかシャッターを閉めて作業をされているのですが
中に入ると、機械の音、油の匂い。
とても懐かしいかんじがしました。

最近、頼りにしていた従業員さんの退職があったようで
社長は少し元気がなかったようにも感じました。

経理担当の事務員さんと、残業代の計算方法の確認等々しながら
お話を聞いていると、再来年の2月で法人設立30周年になることが
わかりました。
(なんとその経理担当の事務員さんは設立当時からいらっしゃったそうです)

その日は現場作業にかかりっきりで、
打ち合わせには顔を出されなかった社長ですが
帰りにお声を掛けました。

「社長、最近どないですか?」

「今年はなんとかいけたけど、来年の見通しがたたへんな」

「社長、再来年は法人設立30周年らしいですやん。
リーツ・カールトンでパーティやって私も呼んで下さい」

「あ・・そうやったな。そうや、そうや。
そや、なんかやらなアカンな。
従業員も喜ぶわな。

そのためには来年がんばらなアカンわ。
見通したたへんとか言うてる場合ちゃうな。
ええこと、聞いたわ。ありがとう。」

社長の顔がぱっと明るくなりました。

その社長は本当に従業員さん思いで
今まではやみくもに働いてきたけれど
やはりそれだけだったらダメや、
従業員さんの働きに報いるためには
法律もきちんと守らなアカンということで
就業規則の作成依頼をいただきました。

就業規則を作成しているときには
まずは「週40時間」の法定労働時間にぶちあたりました。
休日を増やさなければどうにもならないことを知り
こんな思いまでして就業規則をつくらなアカンのか・・と
途中で投げ出されるんじゃないかと心配していました。
しかし次の打ち合わせのときにはきちんと立ち直っていて
交替制で勤務ができるように考えておられたり
なんとか法律に対応するように、という姿に心を打たれました。

昨日お邪魔したときもきちんと雇用契約書等も整備されていて
就業規則をつくるだけの会社さんも多い中
きちんとその後の運用もされていました。

経営をしていく中で、お金の問題、人の問題、
悩みはつきませんが、帰りに少し元気になられた
社長のお顔を拝見して、訪問させていただいてよかった、
と心から思いました。

私達の仕事で一番喜ばれることは、
法的な面でのサポートもありますが
実は第3者の観点のアドバイスによって
社長自身が気づきを得るお手伝いができることです。
社長の応援団のようなものですね。

事務所でのデスクワークもたくさんありますが
それは晩や週末にやることにして
昼間は事業所さんにどんどん出向いて
ひとりでも多くの社長さんに元気になっていただきたいと思います。

リッツ楽しみです。
その前に近々焼肉にも連れて行ってくださるそうです。
ラッキ~♪♪

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

人事労務に関するコンサルタント業/セミナー運営/社会保険労務士業

詳細へ

個人プロフィール

詳細へ

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(904)


<<  2019年8月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメント一覧

最新トラックバック

  • ルイヴィトン 店舗 from ルイヴィトン 店舗
    【明大生との一問百答】上司からアドバイスを引き出す方法 - 井寄事務所 代表 井寄奈美
  • 井寄奈美「著者デビュー5周年」に出席 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    特定社会保険労務士で経営者会報ブログの会員でe製造業の会の会員でもある井寄奈美氏が2009年に「小さな会社の<トクする>人の雇い方・給料の払い方」を出版してから4年間で6冊の本を執筆しています。 そこで著者デビュー5周年の感謝祭を開くということで招待されましたが、たまたま我社の年2回しかない土曜日出勤日に当たり第1部のトークイベントには出席ができず夕方からのパーティにだけ参加させていただきま
  • 僕らの味方 キューティーバニー from 男の魂と誇りを込めて・・・世界が震撼する日本の鞄 國鞄 社長 庄山 悟 の日記
  • 新刊書『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    いつもお世話になっている特定社会保険労務士の井寄奈美さんが、6冊目の本『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』を㈱中経出版より出版しました。 その新刊書を10月30日発売なのに早々と送ってくださいました。 井寄さんの出している本は全て労働基準法や社員になどに対する対処など中小経営者の悩んでいることなどを解りやすく解説している本で経営者にお薦めの本です。 今回は権利のみを主張して労務の
  • 大阪府中小企業労働環境好事例集作成で井寄奈美氏の取材を受けます。 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    大阪商工労働部から推薦され大阪府総合労働事務所のヒアリングを受け中小企業労働環境向上好事例選定委員会において、三元ラセン管工業㈱においては、文句のつけようがないという意見も出るなど高評価を頂き好事例企業50社の中の1社に選定されました。 その選定された会社に今度は社会保険労務士や中小企業診断士が訪問し取材を行い事例集を作成するそうです。 訪問される社会保険労務士や中小企業診断士さんはこちら