大きくする 標準 小さくする
前ページ 次ページ

2012年12月10日(月)更新

関西経営者会報ブロガー忘年会

先日、大阪で関西経営者会報ブロガー忘年会が華々しく開催されました!
幹事特権で、場所は井寄事務所近くのお蕎麦やさん、なか井さんにて。
メニューは鴨しゃぶです。



朝に絞めた河内の鴨をお出汁にくぐらせいただきました。
鍋奉行の村上さんにも手出し口だしをさせない、お店の大将の厳しい指揮命令の下
美味しくいただきましたよ。


日程も幹事特権で選択の余地なく決めたので
今回は高嶋さん、そして奥様が療養中の古芝さんにはご参加いただけず
申し訳なく、そしてとても残念でした。

しかし、参加者に飛び入りが1名!
ライフハックシリーズの著書多数の小山龍介さんが参戦してくださいました。



寺田さんのブログよりお借りしました!)

忘年会の前週にたまたまフェイスブックで小山さんが大阪に来られることを知り
お誘いしたところ、ご快諾いただき、いつもは20代30代男子のお勤め人のリ-ダー的な存在である
小山さんが大阪のコテコテの中小企業のオヤジ経営者に囲まれるという
今まで見たことがない光景に遭遇することができました。
幹事特権、幹事特権(笑)



(同じく寺田さんのブログより)


一軒目の蕎麦やさんで最初から日本酒投入で飛ばしすぎ
そして2軒目へ。さらに3軒目にも突入し、翌日はめずらしく
二日酔いであったことをここに告白します。


(大阪のオヤジの語りはいつも熱い!笑)

経営者会報ブロガーのみなさん、いいですね!
いつ会ってもほっとする存在です!
おっさんに囲まれても違和感がないのは
私が一番おっさんやからかなー(笑)

今年もみんなで笑って過ごすことができて感謝です!

2012年11月14日(水)更新

年金事務所の調査

年金事務所から「健康保険及び厚生年金被保険者の資格及び報酬等の調査の実施について」という
お知らせが、当社向けに送られてきました。

私は社会保険労務士の仕事は「個人事業」で行っていますが
昨年9月に、個人事務所とは別に法人を立ちあげ
執筆・講演については法人で行うことにしました。

個人事業の場合、従業員数5人未満であれば
社会保険に加入する義務がありません。
(労災保険・雇用保険については加入義務あり)

しかし、法人は従業員がいなくても(代表者だけ)でも
社会保険に加入をしなければなりません。

うちの会社の場合、前期(昨年9月~今年7月)までは
役員報酬ゼロだったので社会保険に加入していませんでしたが
今期から役員報酬を取れるようになったので、それと同時に
社会保険に加入をしました。

今回の調査は新規適用になった事業所向けのものであり
帳簿等の整備状況を確認するものですし
もちろん何の不正もしていないので、全く後ろめたいことはないのですが
調査ってあんまり気がよいものではないですね。

これまで仕事でお客様の会社への調査に対応させていただきましたが
「調査」ってあって当たり前だし、仕事として淡々と対応してましたが
いざ、自社が調査を受けるとなると、「悪いことをしてるんじゃないか」と
疑われているようで、ごっつい気ぃ悪いです。

しかし、私が業務の一環として通常モードで受けている調査の連絡がきたときに
お客様は、多少なりとも嫌な思いをされているんだなってわかったことが
よかったです。

人を雇ってみて初めてわかったこと、事務所を借りて初めてわかったことなど
いくら頭で勉強をして、仕事として経験を積んでも
自分の身にふりかかることが何よりの勉強になるんだなと
改めて感じた次第です。

年金事務所の調査の方は
「私を誰やと思てんねん」の勢いでバシっと決めてきます!
(って社員もおらんし、決めるほどのボリュームないんですけど・・汗)

2012年11月05日(月)更新

初のマラソン大会(10キロ)にチャレンジ!

11月4日(日)人生初のマラソン大会にチャレンジしました。
とはいえ、10キロですけど・・・

年初に今年やりたいことをいくつか挙げ、そのひとつがランニングでした。
中小企業の製造業の勉強会であるe製造業の会のみなさんが
eランニングクラブを結成されていて、私も仲間に入れていただきました。

しかし!実際に練習をしたのは1月と2月・・もしかして3月も少々??くらいの感じで
今年は6月と10月に本を出したので、土日は執筆のための時間となり
11月4日のレースには早々に申込みをしていたのですが
おそらく7カ月半、全く走らないうちにレース当日を迎えてしまいました。

ほとんどのメンバーが9時スタートのハーフを走られました。
私は13時スタートの10キロだったので、ゆっくりめに行ったところ
みなさんは、ハーフを走り終えていて、私を見てビックリ。
「絶対に来ないと思ってた・・」って

仕事もあったのですが、約束は約束だし、10キロなら歩いても大丈夫かと思い
思い切って参加をしてみました。


(走る前のまだ元気なとき:浜野さんと私以外はハーフを走り終えた後です)

レースは、練習をしていなかったし、最初からゆっくり目のペースで走りました。
3キロはあっという間にすぎて、折り返し地点が見える頃にちょっと疲れてきて
歩いたり走ったり。
あと2キロくらいのところがしんどくなってきましたけど、自宅から駅までくらいの距離だと
思って、がんばりました。

結果1時間15分40秒で完走。順位は1036人中850位(10キロ女子の部)でした。



(走り終えてややお疲れモード。完走証と一緒に)


走り終わってとっても気持ちよかったです。
走ってる間は何も考えずに身体を動かしている感じで
その感じも気持ちよかったですし。

多分、ひとりだったら間違いなく棄権していたと思いますし
チームのみんながゴールのところで待ってくれていて
励ましてくれたこと、そして終わってからも皆でワイワイやれたこと。
「仲間がいるからできる」って実感しました。

練習もしない私を見捨てずに、声がけしてくださっている
仲間のみなさんに感謝です!



(最後にみんなで記念撮影♪ 楽しかった~)

2012年10月31日(水)更新

新刊『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい!』店頭展開開始!

新刊『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』の店頭展開が開始になりました。
昨日、FBで東京の神田啓文堂さんでの購入情報を得たのですが
大阪は今日からだと思ったので、朝一番で事務所の最寄りの書店である
紀伊国屋書店本町店さんにお邪魔したところ、まさに品出しの真っ最中でした!





書店員さんに「私の本なんです!どうぞよろしくお願いします!」とご挨拶。

そして新刊はこのような感じに並べられました。




いよりん人事労務シリーズが揃い踏み。
紀伊國屋書店本町店さんに行けば、一気に揃う感じです。

デビュー作『小さな会社のトクする人の雇い方・給料の払い方』
2009年4月発売ですので、この平積み棚にもう3年6か月も
引き続きで置いていただいていることになります。
本当にありがたい限りです。
(日本実業出版社さんの営業さんにもこの場を借りて御礼申し上げます)

そして、早速拙著をブログでご紹介してくださいました
経営者会報ブログのみなさま、ありがとうございました!!
昨日、出先からスマホで、経営者会報ブログの新着情報を見たとき
涙が出そうになりました。

新刊のタイトルが新着情報のラインを埋めていたからです。
温かい応援をありがとうございます!

◆ご紹介をいただきましたブログです(10月31日現在)

三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博社長のブログ
「新刊書『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい」を頂きました!」

株式会社サワダ製作所 澤田浩一社長のブログ
「書籍『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』を読みました」

双和食品工業株式会社 高尾幸子社長のブログ
「井寄奈美さん著書6冊目おめでとう」

枚岡合金工具株式会社 古芝保治会長のブログ
「井寄さんより『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』を頂きました」

小高莫大小工業株式会社 小高集社長のブログ
「社長!「非常識社員」はこう扱いなさい」

コクホー株式会社 庄山悟社長のブログ
「僕らの味方 キューティバニー」

株式会社 レーザーテック 浜野太郞社長のブログ
「社長!「非常識社員」はこう扱いなさい」

株式会社 ジェイ・ポート 樋下 茂社長のブログ
「隗より始めよ」

八戸ニューシティホテル 谷口板長のブログ
井寄奈美さん新刊 「非常識社員はこう扱いなさい」


2012年10月24日(水)更新

息子成長日記【生徒会の役員に!】

今年から下の息子が中学生になりました。
地元の公立高校に毎朝約2キロ歩いて通っています。

昨日、帰宅した私に息子がポツリ。
「あんな、生徒会の役員になってん」

げ~~っっ!!
ホンマにビックリしました。

小学校のときもクラス委員にもなったことないし
飼育委員でうさぎのエサをやったり
保健委員で、手洗い場の石けんの補充をしたり
男子ですが、どちらかというと縁の下の力持ち的な
役割が好きな子だと思っていたので。

何よりも、私自身、学生時代にやらなかったことが「生徒会」でした。
自己中心の性格なので、「みんなのために」的なものって無理ってかんじで
当時より目立つ人だったし、「やってみたら」と各方面から言われていたのですが
断り続けていたのが生徒会、クラス委員の部類だったのです。

息子は私の子どもだから、当然、そういう活動には興味がないと思い込んでいました。
でも、彼は私の分身ではなく、別人格のひとりの人間なんや、とわかったことが
最大の驚きというか衝撃でした。

1学期の中間テスト・期末テストでは思うような点数が取れず
期末懇談会で、「家で友達と勉強をするのを止めて、塾の自習室で勉強する」と宣言し
今回、2学期の中間テストでは驚くくらい成績が伸びました。
有言実行で、毎日遅くまで塾で勉強していた成果が出たようです。

自分で考えて行動に移し、成果を出す息子を誇らしく思うとともに
すごい勢いで私の手許から離れていくのを感じています。
とうとう身長も追いつかれましたし。

子離れの季節が近づいてるんですねー。
ちょっと寂しい母でした。



2012年10月22日(月)更新

新刊『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい!』もうすぐ発売です!

今年2冊目の本(通算6冊目です)が10月30日に中経出版さんから発売になります!



最近、労務関係のご相談を受けていて感じることは
社員の人、めちゃめちゃ労働法を勉強していて
権利として使えるところはとことんまで言ってくるなーということです。

会社に迷惑をかけて辞めることになったのに、ちゃっかり有休の消化だけはするとか、
体調をくずして会社に来れなくなり、自ら傷病手当金について調べてきて
「傷病手当金をもらいながら休みます」って自ら申請してくるとか・・

そもそも会社には仕事をしにきているはずなのに
「労務の提供」よりも、自分が使うことができる権利のことばかり
言ってくる人がいるように思います。
(「働けなくてごめんなさい」「周りの人(や会社)に迷惑をかけて申し訳ない」とかが
感じられないんですよね・・)

もちろんすべてのすべてがそんな人ではないと信じています。
でも、有休をクレジットカードのポイントの使用期限と同じような感じで
考えてはるんかなーって。
使わないと消えるので使わないと損!みたいな感じ??

今までの本の通りに、内容は至ってまっとうです。
ずるいこと・あくどいことは一切書いていません。

経営者の方からよくご相談を受ける

「これってどこまで受け入れやなアカンのか」
「こんなこと言うてきたけど、法律的にはどないなってるんか」
「会社としての対応策はどないしたらええのか」
「まともに仕事をしている社員が損をせえへんしくみをつくるにはどないしたらええんか」


という視点で解説している内容となっております。
(当初、大阪弁の経営者だったのですが、全国展開で売りたいということで、標準語の
経営者となってしまったことをここだけの話として伝えておきます)

発売になりましたら、ぜひぜひお手に取っていただきますようお願いします!

アマゾンで予約開始となっておりますが
お近くに大型書店がある場合、書店さんで購入をしていただけるととてもうれしいです!
書店さんでガンガン売れて、入口の「話題書コーナー」に50冊ぐらいドカンと積まれることが
著者 いよりんの夢なので・・・

発売まであと10日!今回も応援をよろしくお願いします!!



2012年10月22日(月)更新

東京スカイツリーとビールを飲む会(いよりん新刊前夜祭)

先日、いよりんの上京に合わせて
「東京スカイツリーとビールを飲む会(いよりん新刊前夜祭)」が
華々しく開催されました!



お店の段取りは地元墨田区の美味しいものを知り尽くした
小高さんがしてくださいました!
(さらに、我々だけ1時間前集合してソラマチデートをしたことも
告白しておきます・笑)

下町の美味しいもんが食べたい!というリクエストをしたところ
押上駅前の もつ焼き 稲垣さんへ。

雨の日でしたが、店内はサラリーマンでいっぱい。
熱気ムンムン。
小高さんの墨田区友達のITO BINDERY の伊藤さんが
テキパキとお料理を注文してくださいました。



横浜での催事で関東に来られていた板長も
お呼び立てして参加をしてくださいましたよ!

◆当日の会の様子はこちら
>>板長のブログ「関東オフ会・・10.18 in 空町」
>>辻松さんのブログ「東京オフ会とやっとデビューした虎鯖」


最初から最後まで和気藹々の楽しい会でした。
雨の中、ご参集いただきましたみなさま、ありがとうございました!!
(集合写真は板長のブログよりお借りしました!)




2012年10月12日(金)更新

夏休み:直島・牛窓への旅

今さらですが、夏休みに家族と瀬戸内海方面に旅行に行ってきました。
第一の目的は、安藤忠雄さんの本を読んで行ってみたかった直島。




ベネッセミュージアム地中美術館に行き、ベネッセハウスのスィートルームに泊まって
気持ちのよい時間を過ごしました。




天気もよくて海からの風が気持ちよかったです!
地中美術館も、何時間でもいたいくらいの感じでした。




食事も、初めて家族でフレンチのコースをいただきましたよ。
息子が中学生になったので、「小学生以下のお子様は宿泊できません」の
ホテルやレストランを利用することができるようになったのです!!




そして2泊目は息子のリクエストでホテルにプールがある牛窓に行きました。
天気がとってもよくて、こちらもとっても気持ちよかったです!




今回、オリーブ園にも初めて行きました。
地元の方のオススメをいただいたので。
瀬戸内海の島々が一望できてとってもキレイでした。




旅行に行ったのは8月の終わり。
ブログに書かねばと思いつつ、原稿の執筆やら業務に追われて今になってしまいました。

今、こうして見ると夏の日差しが懐かしく季節の移り変わりを感じますね。




2012年10月11日(木)更新

三元ラセン管工業株式会社さんへの取材

大阪府総合労働事務所がこのたび、中小企業労働環境改善の好事例集を作成することになり
取材業務および記事作成業務を受託し、三元ラセン管工業株式会社さんに取材に行ってきました。




高嶋社長がいつもの笑顔で、迎えてくださいました。
いつもと違うことは「戦闘服」をお召しになっていたことです。
初めてでした!

高嶋社長の会社は、労働環境改善のための様々な取り組みをされているのですが
お話をお聴きして感じたことは、取り組みをしているという意識がなく
すべて「当たり前」のこととしてされているということです。

今回は様々な取り組みの中でも、今、ホットな話題である
高齢者の雇用について、お話をお聴きしました。

三元ラセン管工業さんは、60歳が定年ですが、現在60歳を越えても
お仕事をされている方が3名。
うち65歳~70歳が1名。70歳以上が1名です。

体力に合わせて、労働時間や労働日数の調整をしつつ
基本的には、従業員さんがもう辞めます、とおっしゃるまでは
続けていただいているそうです。

最高齢の71歳で、大阪市のテクノマスターでもある兼綱さんにもお話をお聴きしました。
定年を超えて仕事ができるメリットは、現役のときよりも視野が広くなったことと
おっしゃっていました。

60歳までは、自分のことでせいいっぱい。
自分の技術向上のために、自分の前にある道しか見えていなかったけれども
60歳で一旦定年となったことで、後継者の育成も含め、一歩引いて
物事を見ることができるようになったので、会社全体のことを考えて
もっとよい方法はないか、という風に物事を考えられるようになったとのことでした。

お話を聞いて、自分の子育てのことを思い出しました。
一人目のときはがむしゃらで何もわからないまま一所懸命。
でも二人目のときは一人目のときの経験を活かして楽に子育てをすることができました。
「やらなくてもよいこと」「やった方がいいこと」が見えていたので気分的にも楽でした。

兼綱さんがおっしゃっていたことも同じようなことなのかなって思いました。
「この領域に達したのは、定年後も仕事を続けたからであって、定年で辞めていたら
気付かなかった」とおっしゃっていましたので。

三元ラセン管工業株式会社さんの平均勤続年数は18年くらい。
辞める社員さんは、ほとんどいないそうです。
安心して仕事ができる環境だからこそ、より技術を磨こうという意識が
社員さんにも芽生えます。

技術の伝承が企業の強みとなっているなと改めて感じました。
社員さんが社長を信頼し、感謝の気持ちを持ち、
社長も社員さんを信頼し、感謝の気持ちを持つ。
双方向の思いが会社を強くしているのですね。

高嶋社長、お忙しい中お時間をいただきましてありがとうございました!


2012年10月04日(木)更新

大阪府 中小企業労働環境好事例集作成のお手伝いをすることになりました

このたび大阪府が作成する平成24年度 中小企業労働環境事例集作成のお手伝いをさせていただくことになりました。
高嶋社長のご推薦で、三元ラセン管工業株式会社さんを取材させていただき、原稿を書かせていただきます。

高嶋社長のブログはこちら>>

高嶋社長には何度もお話を聞かせていただいているので、取材に行かなくても書く自信はありますが
会社の取り組みに対して社員さんがどう感じておられるのかのお話も聞くことになっており
お忙しい中、日程調整をしていただき来週訪問をさせていただくことになりました。

事例集は今回が第1回とのことで、50社の企業が選出され、
それぞれの会社に社会保険労務士や中小企業診断士が話を聞きにいって
原稿にまとめるそうです。

ここは著者としての腕のみせどころですので(担当編集さんがいないと何もできない未熟ものですが・笑)
高嶋社長の会社が一番輝くように、がんばって原稿を仕上げたいと思います。

労働行政の仕事はこれまで、働く人目線のものが多かったように感じます。
今回の取り組みで中小企業のよさや、経営者の熱い思いが伝わればよいなと思っています。

«前へ 次へ»

会社概要

人事労務に関するコンサルタント業/セミナー運営/社会保険労務士業

詳細へ

個人プロフィール

詳細へ

<<  2019年11月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント一覧

最新トラックバック

  • ルイヴィトン 店舗 from ルイヴィトン 店舗
    【明大生との一問百答】上司からアドバイスを引き出す方法 - 井寄事務所 代表 井寄奈美
  • 井寄奈美「著者デビュー5周年」に出席 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    特定社会保険労務士で経営者会報ブログの会員でe製造業の会の会員でもある井寄奈美氏が2009年に「小さな会社の<トクする>人の雇い方・給料の払い方」を出版してから4年間で6冊の本を執筆しています。 そこで著者デビュー5周年の感謝祭を開くということで招待されましたが、たまたま我社の年2回しかない土曜日出勤日に当たり第1部のトークイベントには出席ができず夕方からのパーティにだけ参加させていただきま
  • 僕らの味方 キューティーバニー from 男の魂と誇りを込めて・・・世界が震撼する日本の鞄 國鞄 社長 庄山 悟 の日記
  • 新刊書『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    いつもお世話になっている特定社会保険労務士の井寄奈美さんが、6冊目の本『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』を㈱中経出版より出版しました。 その新刊書を10月30日発売なのに早々と送ってくださいました。 井寄さんの出している本は全て労働基準法や社員になどに対する対処など中小経営者の悩んでいることなどを解りやすく解説している本で経営者にお薦めの本です。 今回は権利のみを主張して労務の
  • 大阪府中小企業労働環境好事例集作成で井寄奈美氏の取材を受けます。 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    大阪商工労働部から推薦され大阪府総合労働事務所のヒアリングを受け中小企業労働環境向上好事例選定委員会において、三元ラセン管工業㈱においては、文句のつけようがないという意見も出るなど高評価を頂き好事例企業50社の中の1社に選定されました。 その選定された会社に今度は社会保険労務士や中小企業診断士が訪問し取材を行い事例集を作成するそうです。 訪問される社会保険労務士や中小企業診断士さんはこちら