大きくする 標準 小さくする
次ページ

2012年10月04日(木)更新

大阪府 中小企業労働環境好事例集作成のお手伝いをすることになりました

このたび大阪府が作成する平成24年度 中小企業労働環境事例集作成のお手伝いをさせていただくことになりました。
高嶋社長のご推薦で、三元ラセン管工業株式会社さんを取材させていただき、原稿を書かせていただきます。

高嶋社長のブログはこちら>>

高嶋社長には何度もお話を聞かせていただいているので、取材に行かなくても書く自信はありますが
会社の取り組みに対して社員さんがどう感じておられるのかのお話も聞くことになっており
お忙しい中、日程調整をしていただき来週訪問をさせていただくことになりました。

事例集は今回が第1回とのことで、50社の企業が選出され、
それぞれの会社に社会保険労務士や中小企業診断士が話を聞きにいって
原稿にまとめるそうです。

ここは著者としての腕のみせどころですので(担当編集さんがいないと何もできない未熟ものですが・笑)
高嶋社長の会社が一番輝くように、がんばって原稿を仕上げたいと思います。

労働行政の仕事はこれまで、働く人目線のものが多かったように感じます。
今回の取り組みで中小企業のよさや、経営者の熱い思いが伝わればよいなと思っています。

2012年04月29日(日)更新

兵庫県立大学(旧 神戸商科大学)社会人力養成ゼミに参加してきました

中小企業診断士であり、T国データバンクの社員でもあり
そしてキャリアキャリアカウンセラーでもある友人に誘われて
彼が担当している兵庫県立大学(旧 神戸商科大学)の社会人力養成ゼミ(通称 SUNABA)に
ゲスト参加をしてきました。


201204291025_1-300x0.jpg

SUNABAという通称にしているのは、いわゆる講義方式で講師が一方的に話す内容ではなく
ワークショップ形式で、テーマに沿って、自分達で議論を進め、その中で効率的な進め方であるとか
アイデアを自分の言葉で他人に伝える力を養っていこうという趣旨で進められているからです。

砂場で子ども達が集まって遊ぶかのように、何を作らなければならない、であるとか
必ず何を使わなければならないというきまりはありません。

私が参加させていただいたのは、今期の初回でしたので参加者の自己紹介から始まりました。
学生さんの話を聞いていて、今は大人になって何でも手に入るようになったと思っていましたが
それによって無くしたものがあることに気付きました。

それは「ワクワク感」です。海外旅行に行きたい、カフェ巡りをしたい、自分がやりたいことの
ためにコツコツアルバイトをしている学生さんたち。
未知のことにチャレンジしたいという気持ちがすごくまぶしくて、うらやましかったです。

8人くらいのグループで各自が今一番好きなことについて
みんなで議論をするという課題がありました。
「音楽」というテーマがでて、年代の差をかなり感じて
(子どもが聴いている音楽でなんとか対応できました・笑)
つらかったですけど、中心になって皆をまとめてくれていた
男子学生が、私なりに答えられるように話題を振ってくれて
うれしかったです。

中学生・高校生になった子ども達の部活について、ついていけるかどうか心配って
話したら、「部活はつらくても後で絶対によかった、って思うので、応援してあげてください!」って
皆に励ましてもらいました。

まだまだ新卒学生の求人が厳しくて、社会人になっても安定的ではなく、
学生さんたちは将来に向けて不安をたくさん抱いておられると思います。

私はえらそうなことは言えないけど、今、すごく充実していて楽しい仕事生活を送っているので
楽しそうに仕事をしている大人の姿を見てもらい、少しでも将来に希望を持ってもらえればよいなと
思っています。

またぜひ社会人枠で参加をさせていただきたいです。
いい機会をいただいたこと、感謝しています。

2011年10月24日(月)更新

恐るべしシルバーパワー<グランドゴルフ大会>

今年度は地域の役員をしている関係で
日曜日は朝8時半集合で小学校の校庭で開催された
グランドゴルフ大会に出場してきました。

20111024_1-300x0.jpg












グランドゴルフとは、ゲートボールのような
木のスティックと玉で競う競技で
8ホールを回って、スコアが低い人が勝ち
(少ない打数で上がった人が勝ち)というゲームです。

私は初体験でした。
ちなみに本当のゴルフもまだやったことがありません。

右ひじを今、腱鞘炎で痛めている中での出場でした。
力加減がわからず、なかなか玉を入れることができず苦戦しました。

1ホール3打が基本ということでしたが6回も7回も打って
やっと終わるというような感じで2ラウンドして合計56打くらいでした。
(標準3打×8ホール×2ラウンドで48打)

その日は老人会のメンバーが出場者の大半を占めていて
上位5名はすべてオーバーセブンティのみなさん。
優勝した女性はおそらく80代でスコアは24でした。
(ホールインワンを複数されている!)

私の住む地域は地域活動がさかんで
敬老祝寿会なども、休みの日に地域の小学生が集まり
合奏を披露したりしています。(先生も出勤)

私はほとんど地域活動には参加をしていないので
今回、初めてみなさんとご一緒させてもらい
最初は正直嫌々でしたが、ルールを親切に教えていただいたり
皆に応援していただいたりして、終わってみるととても楽しかったです。

また高齢の方が一所懸命、グランドゴルフに取り組まれて
表彰のときも飛び上がらんばかりに喜ばれている姿も
ほほえましかったです。

やらねばならぬことがたくさんあって
常に追われている感じですが
たまには違うことをやるのもいいなあって思いました。

道を歩いていてあいさつできる人が増えました。

2010年10月25日(月)更新

【一問百答】学びの意味とは

質問〉----------------------------------------------------

 先日、塾の生徒である中高生に「なぜ学ぶのか」と質問され、
 私は「一人の人間として成長するため」と答えました。
 経営者のみなさまだったら、この質問にどのようにお答えになりますか?

       (明治大学商学部 北川隆浩さん)

----------------------------------------------------------------

なぜ学ぶのか。答えは簡単。生き抜くためです。

数式や英単語を覚えることが最終目的ではなく
「問題解決能力」を身につけることが学びの意味なのです。

うちの子供たちにいつも言ってるのですが
親はいつまでも子どものそばにいることはできません。

いつか独り立ちをしなければならないときがやってきます。
お金がなくなったり、仕事がうまくいかなかったり
他人にトラブルになることもあるでしょう。

問題が起こったときに、どう解決していくのか
ひとつの問題に対していくつ答えを出せるのかが
学びの深さでかわってくると思います。

先日、ある大学の先生のお話をお聴きする機会がありました。
その方がおっしゃっていたのは、「勉強することは
自分がいくらがんばっても乗り越えることができない壁を
見つけることだ」とおっしゃっていました。

壁の存在を知ることで、壁を飛び越えるための
助走距離を測ったり、どうしても飛び越えられないのであれば
別の道を探すという判断ができるでしょう。

人生は常に判断をして自分で切り開いていかなければなりません。
学校の時代の勉強は、判断能力を身につけるためだと思います。

2010年10月16日(土)更新

『稼げる社労士の集客術』行動事例の報告をもらいました

「営業ゼロ」でも年商2000万 稼げる社労士の集客術
「営業ゼロ」でも年商2000万 稼げる社労士の集客術
クチコミを見る


拙著『稼げる社労士の集客術』をお読みいただいた
同業者さんからツイッターでうれしいご報告をいただきました!

本の中で紹介している「お客様の声アンケート」をやってみた、とのこと。
(94ページで紹介しています)
お客様からの言葉でモチベーションがあがりました!と
ご報告をいただきました。

本を読んでいただいて「いいこと書いているね」
「本当にそう思います」など言っていただけるのも
もちろんうれしいですが、こうやって行動に移して
私が感じた喜びの気持ちを他の人にも感じてもらえるって
ホントにうれしいですね。

来週23日(土)の名古屋のセミナーでは
私が今までやってきた行動の実例をすべてご紹介したいと思っています。
うまくいったこともいかなかったことも。

本を読んで埼玉や神戸から名古屋までお越しいただく
読者さんのためにがんばってきます!

2010年03月08日(月)更新

本格執筆宣言なう

今日から執筆強化月間に入ります。
もちろん本業の社労士業は通常通り営業です。
晩の部の諸々の会合の出席率が悪くなりますがお許しくださいませ。

3冊目の本となる「食えない士業のための集客術」の
打ち合わせを本日、日本実業出版社さんで行ってきました。

編集担当の滝さんとは、普段はツイッターでやりとりをしています。
しかし、肝心要なところは会って打ち合わせです。
進行スケジュールと方向性を合致させることができたので
本格的に腰をすえて書き進めます。

原稿が1日でも遅れたら、ツイッターでもうお付き合いをしてもらえないそうなので
(ブロックされてしまうようです・笑)必死でがんばります。

東京には土曜日から行ってました。
今回は2つの出版関係のイベントに参加してきました。

土曜日はディスカヴァー・21さん(出版社です)の
読者イベントに参加してきました。

ディスカヴァーさんの本が好きな読者対象のイベントで
80名くらいの人が集まっていました。
男女比は半分半分くらい。
平均年齢32歳くらいってところかなぁ。

ディスカヴァーさんの社員紹介、
ディスカヴァー社の書籍・歴史の紹介
ファン代表のプレゼン、書評ブロガーさんの対談
ミニ読書会など盛りだくさんで、すごい盛り上がりでした。


そして日曜日はサンマーク出版の高橋編集長のセミナーに
参加をしてきました。
高橋編集長は65万部のベストセラー
『体温を上げると健康になる』を生み出された方。

出版関係の方とお話をしていると必ず名前があがる
名編集者さんです。

高橋編集長ともツイッターでお友達になり
今回、講演をされるということを聞きつけ
日曜日の晩でしたが家族を説得して
東京まで駆けつけた次第です。

講演の内容についてはツイッターでつぶやいています。
#0307taka で検索してみてくださいね。
本を書きたい人には必見です。
当日の私の中継は他の出版社の方や著者もご覧になっていただいていて
中継に対して、お礼のメッセージをたくさんいただきました。

高橋編集長はとても気さくな方で、懇親会でゆっくりお話ができました。
人の話を聞いてくださる人で、めっちゃ大ファンになりました。
ご一緒していて気持ちのいい方です。

高橋編集長に教えていただいた「売れる本をつくる魔法のメソッド」を活かし
3冊目の本を、この本を必要としている人にお届けしたいと思います。
本の出来上がりをお楽しみに!

2010年02月07日(日)更新

バレンタイン大作戦 vol.1

もうすぐバレンタインデー。
今日は娘とチョコを買いに行きました。

出発前にまずは予算編成。
「何個買うの?」と聞いたら
なんと!16個!

げぇっ ひとつ300円のチョコを
買ったとしても5000円くらいかかります。
しかも300円だといいチョコないし・・・

そこで娘と知恵をしぼり、かわいい小分けの袋を買って
色々な種類のチョコを買って、ばらして分けることに。
予算は総額3000円。
チョコパイや小さなハートチョコ、チロルチョコなど
色々な種類のチョコを買い込みました。

自宅で娘と一緒にラッピング。
めっちゃいい感じになりましたよん♪
(バレンタイン前なので写真は載せませんが・笑)

娘が準備した16個のチョコのうち、男子は6名。
塾の友達2名はまぁよしとして
ほか4名は父親と弟、いとこなんですよね。

あとの10個はいつもの友チョコ。
今年も本命チョコがない感じの娘でした。

私はバレンタイン命なので、娘が買うような量販店では買いません(笑)
今、チョコを大阪で買うか、出張先の東京で買うか迷い中。
今日はカードだけ無事ゲットしました☆
今年もバレンタインデーが楽しみです♪

2009年08月30日(日)更新

選挙にいってきました

朝一番で選挙に行ってきました。
いよりんの朝一番は10時ですが・・(汗)

投票所となっている近所の公民館は今までにない賑わいで、
なんと!投票所に入るのに列ができていました!

入口にたどりついて、受付の選挙人名簿と照合する係をしていた
市の職員?もしくはアルバイト?の20代女性の発言にビックリしました。

投票に来たおじさんが
「いや~今日はえらい人やね」と話しかけたのに対し
その受付の女性は
「みんな民主党に入れにきてはるんですかね~」
と普通に発言していたのです。

おいおい、近所のおっちゃんとおばちゃんの会話じゃないんやし
選挙人の名簿との照合という仕事で来ている人が
選挙会場で特定の政党の名前を出すのはマズイでしょう・・・

私は支持する政党はありません。その都度決めて投票しています。
それでも気分を害したので、自分の支持する政党を持っておられ
それが民主党でない人はもっと気分を害されたことでしょう。

日本人というのは、他人に流されやすい国民だと思うのと同時に
政権交代になった後、どうなるのかと大きな不安に感じています

2009年07月11日(土)更新

【今週のお題】小さな社会貢献

今週(7月10日ー16日)のお題
■御社の「小さな社会貢献」を教えてください■


うちの事務所は従業員さん2名(うち1名は臨時スタッフ)の小さな組織です。
私にとっての「社会貢献」は人の雇入れをしていることです。

社労士事務所は所長のみで仕事をしている事務所もたくさんあります。
私もめっちゃ頑張れば多分一人でできるかもしれません。

しかしそれだと仕事ができる範囲が限られてきますし
その他仕事(執筆とか講演とか)ができなくなってしまいます。

それで費用をかけて、事務所を通勤に便利な場所に借りて
給与を支払って人の雇い入れを行っています。

稼いだお金を全部自分のものにしていたら、自分しか幸せにならないけれど
人を雇って、その人にも支払うことで、幸せになる人を増やすことができると考えています。

自分で事務所を構えてから3年。
今の私にとっての社会貢献は「人を雇って給料を払っていること」です。

2009年05月02日(土)更新

献血のできないカラダになってました

今朝、油断していたらやや寝坊。
11時前に地元のお客様のところに訪問。

事務所に行くため駅に向かうと
駅前で献血をしていました。

いよりんはこう見えても「元」献血フェチ。
(「元」というのは最近忙しくてそれどころじゃなかったので)

大学を卒業してから11年間勤務していた会社に
毎年献血車が来ていたので、その習慣で1年に1回以上は
血液を抜いてもらって、また新しい血をつくらないと気持ち悪いというか・・・

ここ何年かはしていなかったのですが
今日は誕生日でもあるし、最近健康診断もしていないので
無料で血液検査をしてもらえることもあるし(笑)
思い切って献血をすることにしました!

問診票を書いて問診。
質問の中に海外旅行の経験を聞く欄がありました。
バブル時代に20代だった私は当然、ヨーロッパ、アメリカ、
オーストラリア、ハワイと、大学生~OL時代はかなり海外旅行に行ってました。

前回、献血をした平成17年の基準ではセーフだったのですが
今、基準変わっていて、ある一定の時期にイギリスに1日以上滞在した人は
狂牛病感染の可能性があるので、献血ができないらしいです。
OL時代にヨーロッパ旅行でロンドンに2回×2泊滞在しているので
いよりんは献血ができませんでした。
超ショック・・・
この基準が見直されるまでは一生献血はできないそうです。
なんと!!!

こないだ、あるテレビの番組でジャニーズの生田 斗真くんが、インタビューで
「おつきあいをするとしたら、何歳の女性まで大丈夫ですか?」と聞かれて
「母親の年齢までは大丈夫です」
「生田さんのお母さんは何歳ですか?」
「43歳です」
と言っているのを聞いたときと同じくらいのショックでした。

あ~、生田 斗真にとって、私はもう圏外なんや・・・
しかも献血までできないなんて・・・

今年は自費で健康診断に行こうと思います。

次へ»

20141009bnr.jpg

会社概要

人事労務に関するコンサルタント業/セミナー運営/社会保険労務士業

詳細へ

個人プロフィール

詳細へ

<<  2017年3月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

コメント一覧

最新トラックバック

  • ルイヴィトン 店舗 from ルイヴィトン 店舗
    【明大生との一問百答】上司からアドバイスを引き出す方法 - 井寄事務所 代表 井寄奈美
  • 井寄奈美「著者デビュー5周年」に出席 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    特定社会保険労務士で経営者会報ブログの会員でe製造業の会の会員でもある井寄奈美氏が2009年に「小さな会社の<トクする>人の雇い方・給料の払い方」を出版してから4年間で6冊の本を執筆しています。 そこで著者デビュー5周年の感謝祭を開くということで招待されましたが、たまたま我社の年2回しかない土曜日出勤日に当たり第1部のトークイベントには出席ができず夕方からのパーティにだけ参加させていただきま
  • 僕らの味方 キューティーバニー from 男の魂と誇りを込めて・・・世界が震撼する日本の鞄 國鞄 社長 庄山 悟 の日記
  • 新刊書『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    いつもお世話になっている特定社会保険労務士の井寄奈美さんが、6冊目の本『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』を㈱中経出版より出版しました。 その新刊書を10月30日発売なのに早々と送ってくださいました。 井寄さんの出している本は全て労働基準法や社員になどに対する対処など中小経営者の悩んでいることなどを解りやすく解説している本で経営者にお薦めの本です。 今回は権利のみを主張して労務の
  • 大阪府中小企業労働環境好事例集作成で井寄奈美氏の取材を受けます。 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    大阪商工労働部から推薦され大阪府総合労働事務所のヒアリングを受け中小企業労働環境向上好事例選定委員会において、三元ラセン管工業㈱においては、文句のつけようがないという意見も出るなど高評価を頂き好事例企業50社の中の1社に選定されました。 その選定された会社に今度は社会保険労務士や中小企業診断士が訪問し取材を行い事例集を作成するそうです。 訪問される社会保険労務士や中小企業診断士さんはこちら