大きくする 標準 小さくする
次ページ

2012年10月12日(金)更新

夏休み:直島・牛窓への旅

今さらですが、夏休みに家族と瀬戸内海方面に旅行に行ってきました。
第一の目的は、安藤忠雄さんの本を読んで行ってみたかった直島。

201210121247_7-300x0.jpg


ベネッセミュージアム地中美術館に行き、ベネッセハウスのスィートルームに泊まって
気持ちのよい時間を過ごしました。

201210121247_8-300x0.jpg


天気もよくて海からの風が気持ちよかったです!
地中美術館も、何時間でもいたいくらいの感じでした。

201210121247_9-300x0.jpg


食事も、初めて家族でフレンチのコースをいただきましたよ。
息子が中学生になったので、「小学生以下のお子様は宿泊できません」の
ホテルやレストランを利用することができるようになったのです!!

201210121247_10-300x0.jpg


そして2泊目は息子のリクエストでホテルにプールがある牛窓に行きました。
天気がとってもよくて、こちらもとっても気持ちよかったです!

201210121247_11-300x0.jpg


今回、オリーブ園にも初めて行きました。
地元の方のオススメをいただいたので。
瀬戸内海の島々が一望できてとってもキレイでした。

201210121247_12-300x0.jpg


旅行に行ったのは8月の終わり。
ブログに書かねばと思いつつ、原稿の執筆やら業務に追われて今になってしまいました。

今、こうして見ると夏の日差しが懐かしく季節の移り変わりを感じますね。




2012年06月27日(水)更新

フランス行きをあきらめた理由

今、労働保険の年度更新、社会保険の算定基礎届の作成と
我々社労士にとっては繁忙期です。

今年は社労士資格を持つ職員さんにほぼ全面的にお任せしていて
私は算定調査にあたっているお客様の調査対応するのみです。

年度更新と、算定基礎届の提出期限が7月10日。
7月11日から7日間の予定で20年ぶりにフランスに行く予定を立てていました。

費用もすべて払込んでいましたが、昨日、今回はあきらめることを決断しました。
理由は、その1週間があることで、前後の予定をかなり詰めないとこなせないこと。
韓国とは違い、かなりの長旅になるので、身体の疲労がハンパないと予想されるので
帰国後もしばらくは100%で仕事ができなさそうなこと。

さらに一番大きな理由は、次の本の執筆が予定より大幅に遅れていることです。
フランスは一人旅の予定でしたので、あちらで書こうと思っていましたが
冷静に考えるとかなり無理があるような気がしてきました・・・

とっても残念ですが、これからまた行く機会があると思いますので
チャンスを狙おうと思います。


2012年06月20日(水)更新

韓国訪問日記~完結編(プライベート)

中小企業の経営者のみなさんとの韓国ツアー。
第3話で完結にしようと思っていたのですが
他で暴露されるとダメなので自分のことも書きたいと思います。

今回、生まれて初めての韓国でした。
海外旅行は、アメリカでのホームステイ経験もあり
10回以上20回未満行ってます。

しかし娘が2歳のときに、ロス郊外にあるホストファミリーの家に
家族で行ってから14年ぶりの海外でした。

プライベートの目的は3つありました。

1.エステ
2.韓国グルメを堪能
3.韓流イケメンで目の保養


エステは2泊目のグランドハイアットホテルのSPAを予約していって
3日目の午前中に至福の時間を過ごすことができました。
今もお肌の調子がよいです。

韓国グルメの方は、訪問日記その2で書きましたように
堪能させていただきました。
1日目に村上さんと私の嗅覚だけで、行き当たりばったりで
行ったお店(寺田さんがブログにアップされています)も
美味しかったですし、肉好き、ビール好きの私にとっては
韓国サイコーでした!

そして最後の韓流イケメン!
金浦空港に着いたときから、出国するまで
目をさらのようにして、ウオッチングしましたが
ひとりも見あたらず。

チャン・グンソクが笑っているのは
ロッテ免税店の入口にある看板の中でだけ。
ホンマにどこにもイケメンはいませんでした。

皆に、「そんなん免税店とかウロウロしていて
イケメンに遭遇するかいな」と言われたのですが
キレイな女子はグランドハイアットのロビーにいると
闊歩している姿を確認することができました。

でも男子はホンマのホンマにおらんかったです。
これだったらイタリアとかフランスの方が絶対にいいやと思いつつ
韓国を後にしました。

主たる目的には入っていなかったのですが
3日目の朝ごはんのあと、ホテルの前にあった公園を
ひとりで散歩してみました。

201206201244_1-300x0.jpg

パークハイアットの朝ごはん。
パンケーキが甘くなくて美味しかったです!

201206201244_2-300x0.jpg

朝の公園を散歩。
木陰で小鳥の声を聞きながらさわやかな空気の中で
気持ちがよかったです。

・・・・とここまでは美しい旅だったのですが
最後に関空で、しでかしてしまいました。

大阪に着くと雨でした。
荷物もたくさんあったし、どうやって帰ろうかと思案していたところ
娘からメールがあり、「みんなで迎えにきたよ」とのこと。

娘はクラブ、息子は塾だったので主人にお迎えを頼むのは無理だなと
思っていたのでビックリしました。

機内に預けたスーツケースをピックアップして
皆で円陣を組み「おつかれさまでした!」とさわやかに解散したあと
駐車場に向かうエレベーターを待っているとき
全館放送で自分の名前が呼ばれました。

「え??」と思っていたら、すぐ後ろに空港職員さんがいて
「いよりなみさんですか?」と聞かれその場で捕獲されてしまいました。

なんと!スーツケースを間違えてピックアップしていたのです!
今回スーツケースは娘のものを借りていきました。
変わった緑色のものなので、他にこんなん持ってる人いてないやろう、と
思い込んでいたのが間違いの元でした。

ほぼ新品の鞄が、預けることで、こんなに痛むんやなーと思ってましたが
まさか他人にものをピックアップしていたとは!!

そのまま空港職員さんについて、職員専用通路でもう一度中に入り
自分の荷物が出てこず待ちぼうけとなっていた女性に謝罪して
本当の自分の荷物を持ち帰りました。

こういうとき、職員さんが荷物を渡すようです。
直接当事者同士になるとトラブルになることもあるからかも。。
私は職員さんをおっかけてご本人に直接謝罪しましたけど。

てなことで、散々、迷子とか、お腹痛とか集合時間に遅れるな、とか
他人のことを韓国でえらそうに指導していた私でしたが
最後にやっちまいました、という事件でした。

教訓:スーツケースには目印をつけておこう!


2012年06月19日(火)更新

韓国訪問日記~その2(観光編)

製造業の経営者のみなさん、13名で韓国視察旅行に行きました。
工場見学の他、韓国の宮殿跡である景福宮の観光、さらに
晩の部は、食事を終えてからさらに焼き肉を食べに行ったりしました。

201206192010_1-300x0.jpg

景福宮で集合写真!

この日はそのあと皆で食事をして
ホテルに帰ってから、参加者の中で現地に頻繁に訪れている方の案内で
韓国風焼きしゃぶのお店に行きました。

201206192010_2-300x0.jpg

韓国語のメニューしかないお店です。


201206192010_3-300x0.jpg

お肉は日本で見たら、食べ放題2,980円のお店で出てくるようなイメージのお肉ですが
これが絶妙であっさりしていていくらでも食べることができます。

みんな晩ご飯を食べたあとだったのに、どんどんお代わりをして
ビールもどんどん飲んで、強靱な胃と活発に働くアルコール分解酵素を持つ
身体でよかったなーって思いました(笑)

201206192010_4-300x0.jpg

さっと焼いてポン酢とネギで食べるのがサイコー!
日本に帰ってから試したのですが
サシが入りすぎていて、このときの
さっぱり感を味わうことはできなかったです。

知ってる人が連れていってくださったからこそ
行けたお店です!
美味しかったなー
最高でした!!

2012年03月21日(水)更新

東京ディズニーリゾートでの休日

週末は家族で東京ディズニーリゾートに2泊3日で行ってきました。
ディズニーリゾートには子ども達が小さいときから定期的に行っていて
彼らにとっては楽しい思い出の場のようです。

お金はかかるし、人は多いし、待ち時間は長いしで、私はむしろ
グアムとかの海外リゾートに行くか温泉にでも行きたかったのですが
却下されてしまいました。

201203211308_1-300x0.jpg





















そして出発当日は見事に雨。
しかしこれまで、台風で飛行機が8時間遅れたこともありましたし
(9時の飛行機が15時出発)、多分、10回くらい行ってるうちの
半分くらい雨なので、「また雨か」ぐらいの感じでした。

1日目は雨カッパでは対応できないくらいの本気の雨と寒さ。
2日目もシトシト雨が降ってきて、またまた寒い1日でした。

しかし、実はこの雨と寒さが幸いしていたことが
3日目にわかりました。
3月19日(月)快晴。ディズニーシー10周年イベントの最終日。
連休の谷間とはいえ平日のはずなのに、どこからこんなに人がやってきたのか
思うくらいの人、人、人でした。

その日はディズニーシーもディズニーランドも両方行ったのですが
両方、めっちゃいっぱい。午前中でファストパスの発券は終了し
スタンバイの列は180分待ちでした。

1日目、2日目は悪天候だったので人もそんなに多くはなかったですし
(台風のときを経験しているのでそのときと比べると多かったですけど・笑)
乗り物に乗るのも適度な待ち時間で、食事に至ってはほとんど待ち時間なしで
食べることができたのでよかったです。

そして今回の旅で感じたことは子ども達の成長ぶりです。
マップを手にして、次にどこに行くかの段取り。
自分だけの意見だけを主張するのではなく
他の人の意見も聞く。

さらに楽しみにしていたエレクトリカルパレードを見ることができなかった娘のために
息子がディズニーシーの夜のショーの場所取りをしてくれたことなど。

息子は6年生になってから2回、子ども同士で小さな冒険の旅に出ています。
1回目は和歌山マリーナシティへ。2回目は三重にあるナガシマスパーランドへ。
この気遣いと自分の判断での行動力は冒険旅行で身につけたものに違いありません。
子どもたちの成長を感じた旅でした。


2011年11月06日(日)更新

東北日記 その2 松島・陸奥国一宮 塩釜神社

さて東北日記その2です。

生まれて初めて日本三景のひとつである松島に行ってきました!
海がキラキラしていてとってもきれいでした。
20111106_27-300x0.jpg





















松島は、東京で昔の人にとっては新婚旅行の場所だったようで
(一緒に行った人の情報によると)
夫婦で来られているお年寄りが多くて、奥様の写真を撮っておられる
ご主人の様子がとてもほほえましかったです。

松島は海沿いなのですが、津波の被害は少なかったのか
お土産やさんなどの建物もしっかり残っていますし
お昼ごはんに牡蠣と、うに丼を堪能しました。
(もちろんビール付き)

20111106_28-300x0.jpg























20111106_29-300x0.jpg





















そして少し散策。
円通院のお庭で一足早い紅葉を楽しみました。




20111106_30-300x0.jpg























そして松島から陸奥国一宮の塩釜神社に移動しました。
家族の健康を祈ってきましたよ。


20111106_31-300x0.jpg






















人混みで疲れることなく、ゆっくりと楽しむことができてよかったです!
松島はお店もガンガン営業していて元気です!
みなさんもぜひ機会があれば行ってみてくださいね!


2011年11月06日(日)更新

東北日記 その1 被災地閖上地区

11月4日、5日と著者である美崎栄一郎さん主催の東北応援ツアーに便乗して
福島から宮城にいってきました!

東北応援ツアーは11月3日から11月6日まで3泊4日の行程で
東京からバスで北上し、福島、仙台、盛岡、八戸で美崎さんが
テーマが違うチャリティセミナーを現地でされるというもの。

みんなで東北の今を感じ、観光ができるところを回って
そこでお金を使い、経済が動いている地域の応援をしようという企画です。

私は11月3日は東京で結婚式だったので4日朝に福島駅に集合して
バスに乗り込み、仙台の津波の被災地である閖上地区~松島~奥州一宮である塩竃神社に行ってきました。

仙台に行くのは6月11日に続いて2回目です。
地震から8カ月。前回訪問からは5カ月が経過し、がれきの山が少なくなっていること
(集積所に集められているのでそれ以外は何もない状態でした)
あと、仙台市内もシートの覆いがある建物や休業しているお店が少なくなっていて
すごい人の賑わいでした。
(仙台の人曰く、工事の人とかが全国から集まっていて仙台は復興バブルとも言われているらしいです)

前回は津波の被災状況は仙台空港に向かうバスの中から見たのですが
今回は実際に閖上地区に行って自分の足で歩いてみました。

20111106_10-300x0.jpg























海沿いに行くと堤防の本当にすぐ近くに家の土台と思われるブロックが並んでいました。
ブロック以外、何もないのですが、お花が供えられていたり、散乱している食器のかけらで
かつてはそこに家があり、人が生活をしていたことがわかります。

20111106_11-300x0.jpg












ほぼ平地にはなにもない状況の中、海から1キロくらい離れたところに大きなお寺がありました。
お寺の建物も大きく被災していたのですが
何よりもお墓が、墓石が倒れる、墓碑は割れるなど被害が大きく
場所が場所だけに重機で片付けることができないのか、ひどい状態がそのまま残されていました。

20111106_12-300x0.jpg






















生きている家族を津波で失い、そしてご先祖様のお墓まで失ってしまった
現地の人たち。
閖上地区には高台はありませんでした。
本当に海のすぐそばまで民家の後があったので
車に乗れないお年寄りや小さな子どもはどうやって避難したんだろうって思うと
その場に何もなく人気もない静けさに胸がいっぱいになって
一緒に行ったみんながいなかったら号泣していたと思います。
今でも、家の跡にあった子ども用と思われるかわいい絵柄の食器の
かけらを思い出すと涙が出てきます。

海には何隻か小さな漁船もあり、釣りをされている漁師さんのような方もいました。
話を聞いた人によると、彼らは地元の人ではなく、他の地区の方だということ。
「地元の人は来ないよ」と言ってたそうです。

電線もない、人もいない地域。。
閖上地区から松島に移動する間にも広がっていました。

自分ができること。
仕事をして税金を納めること。そして病気にならない、失業者を出さないなど
国のお金を使わないようにすること。
そして被災地のことを忘れないこと。


2011年05月06日(金)更新

ゴールデンウィークは家族旅行に

ゴールデンウィークも後半にさしかかりました。
今日も電話は静かです。

うちの事務所は暦通りの営業・・というか
4月29日(金)30日(土)は仕事。
1日(日)は休んで2日(月)も仕事をしていました。

家族との時間も持たねばと思い
2日(月)は17時に仕事を終えて
子ども達と合流して実家に移動。

翌日朝に主人と合流して4日、5日と
名古屋港水族館→伊良湖(泊)
翌日は伊良湖から鳥羽にフェリーで渡り
伊勢で赤福氷を食べる旅に出てきました。

うちの家族はゴールデンウィークとお盆には
旅行には行かないという暗黙ルールがあります。
(車が混むのと主人は盆休みがないため)

しかし今年は春休みに旅行に行けなかったことと
娘が受験のため夏休みにも多分旅行には行けないので
行ってみましたが、やっぱり車が混んでたし
名古屋の水族館も気分が悪くなるくらいに人がウジャウジャいました。

でもよかったことは、やっぱり大阪を離れると
仕事のこととかスッパリ忘れてレジャーに集中ができるということです。

娘は12日から沖縄へ修学旅行に行きます。
先日、デジカメを買ってあげたので、デジカメの練習も
今回の旅行ですることになっていました。
すぐに慣れてバチバチ撮影しておりました。
(あ、、ここで娘撮影の写真を入れるとよかったのか・・残念!)

4月はブログを1回しか書いていなかったので
今月からまた書いていきたいと思います。




2010年12月26日(日)更新

ヘキサゴン野球大会

昨日、子どもたちと京セラドームで開催された
ヘキサゴン野球大会に行ってきました。

16時半開始で終了したのは21時40分。
5時間に渡って、クイズヘキサゴンのメンバーが
ミニコンサートをしたり、メインの野球大会をやったりしました。

野球大会には、現役のプロ野球選手も助っ人で参加していました。
また元高校球児の上地雄介や、元ジャイアンツの元木選手も
ヘキサゴンメンバーとして参加していました。

野球を見ていて、上記「野球人」と他のメンバーとの
大きな違いを発見してしまいました。
野球のうまい下手ではなく、道具の取り扱い方です。

草野球なのでファーボールが多かったんですが
「野球人」はファーボールで1塁に行くとき
決してバットを投げ捨てたりはしませんでした。

丁寧にそっと下に置く、もしくは、次のバッターに手渡していました。
道具に対する扱いが、他の一般人メンバーとは明らかに違うのです。
一般メンバーは何も気にせず、ポンポンとバットを投げ捨てていました。

最後に紳介さんが、出場していた西武ライオンズの涌井投手に
「プロの人でファーストにあんなに一所懸命走る人は初めて見たわ」と
突っ込まれてて「野球をやるからには、いつでも真剣ですから」と
答えていたのも印象的でした。

プロとして仕事をするってことは、誰が見てるからどう、とかではなく
道具に対する取り扱いも、仕事に対する取り組み方も
意識せずとも、もう自分に身についているものなんだなぁって感じました。

どんな道でもプロってすごいし、プロだからこそ
見ている人を感動させられる、そしてお金ももらえる。
学ぶことが多い、ヘキサゴン野球大会でした。

ちなみに芸人さんたちはずっと元気で、野球はプロじゃないけど
エンターテイナーとしてはプロだと感じましたよ。
カメラに対する反応がすごいなぁって。
我々一般人の20倍くらい動いてますよね。
(カメラ用に動作が大きい)
すごいです。。。 

人も多くてめっちゃ疲れて、「人の親をやるってこんなに
大変なことも乗り越えやなアカンのか」って感じでしたが
子どもがいなかったら行くこともなかったし、学びもなかったので
行ってよかったです。

2010年10月31日(日)更新

嵐のコンサート会場に行って来ました

この週末、京セラドームで嵐のコンサートが開催されています。
ファンクラブに入っていても入手困難というコンサートチケット。
ファンクラブにも入っていない私には手にすることができなかったのですが
昨日、嵐ファンの娘と一緒に嵐グッズを買いに京セラドームに行ってきました。

娘が小さいときにSMAPのコンサートに行ったことがあり
そのときにグッズはチケットがなくても外で買えることを知ったからです。

夕方に移動したのですが、心斎橋から京セラドームに向かう
地下鉄は女性で満員。
京セラドーム前大阪の駅に到着すると、
「チケットを譲ってください」と書いた紙を持った女性たちが
京セラドームの入り口までずらっと並んでいます。
その数100人くらい??

京セラドーム前に到着してグッズ販売のところに行こうとすると
なんと2時間半待ちと言われました。
京セラドームをぐるっと一周取り囲む形で4列で人が並んでいました。

実際は1時間半待ちくらいでした。
並んでいる人は、みんなワクワクした感じで
「なんでこんなに並ばなアカンねん」という顔をしている人はいませんでした。

私が並んだ時間はコンサート開始直前だったので
その時間に並んでいる人はコンサートのチケットを持っていない人ばかり
だったはず。
それでもグッズを買えるだけでこんなにワクワクしてみんな並んでいるのです。

娘は「コンサートなんて人が多いだけなんで行きたいなんて思わない。
DVDで十分や」って言ってたくせに、いざ京セラドームに行って
その壁の向こうに嵐のメンバーがいるってわかると、猛烈に行きたくなったようで
ファンクラブに入会することを決意していました(笑)

コンサートに入場する人だけでも相当数いたと思うんですが
会場に入れないファンもこんなにワクワク幸せな気持ちにさせる
嵐(アイドル)ってスゴイなぁって思いました。

幸せな気持ちを得るためには、人は時間もお金も体力も惜しまないんだなぁって
感じました。
(こういう「現場」に行ってみることって大事ですよね)

我々の仕事もサービス業なので、自分はどの分野で人を幸せにすることができるのかを
改めて考えようと思いました。

そうそうグッズ売り場で気付いたことをひとつ。
売り子さんたちはみんな嵐のメンバーを
「さん」付けで呼んでいました。

うちわなどのグッズはメンバー別にボックスに入れられていたのですが
手書きで「櫻井さん」「松本さん」って書かれていて
私が「マツジュンのクリアファイルひとつください」って言ったら
「松本さんのクリアファイルですね」とさん付けで確認していたのが
とっても好印象でした。

次へ»

20141009bnr.jpg

会社概要

人事労務に関するコンサルタント業/セミナー運営/社会保険労務士業

詳細へ

個人プロフィール

詳細へ

<<  2017年8月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメント一覧

最新トラックバック

  • ルイヴィトン 店舗 from ルイヴィトン 店舗
    【明大生との一問百答】上司からアドバイスを引き出す方法 - 井寄事務所 代表 井寄奈美
  • 井寄奈美「著者デビュー5周年」に出席 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    特定社会保険労務士で経営者会報ブログの会員でe製造業の会の会員でもある井寄奈美氏が2009年に「小さな会社の<トクする>人の雇い方・給料の払い方」を出版してから4年間で6冊の本を執筆しています。 そこで著者デビュー5周年の感謝祭を開くということで招待されましたが、たまたま我社の年2回しかない土曜日出勤日に当たり第1部のトークイベントには出席ができず夕方からのパーティにだけ参加させていただきま
  • 僕らの味方 キューティーバニー from 男の魂と誇りを込めて・・・世界が震撼する日本の鞄 國鞄 社長 庄山 悟 の日記
  • 新刊書『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    いつもお世話になっている特定社会保険労務士の井寄奈美さんが、6冊目の本『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』を㈱中経出版より出版しました。 その新刊書を10月30日発売なのに早々と送ってくださいました。 井寄さんの出している本は全て労働基準法や社員になどに対する対処など中小経営者の悩んでいることなどを解りやすく解説している本で経営者にお薦めの本です。 今回は権利のみを主張して労務の
  • 大阪府中小企業労働環境好事例集作成で井寄奈美氏の取材を受けます。 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    大阪商工労働部から推薦され大阪府総合労働事務所のヒアリングを受け中小企業労働環境向上好事例選定委員会において、三元ラセン管工業㈱においては、文句のつけようがないという意見も出るなど高評価を頂き好事例企業50社の中の1社に選定されました。 その選定された会社に今度は社会保険労務士や中小企業診断士が訪問し取材を行い事例集を作成するそうです。 訪問される社会保険労務士や中小企業診断士さんはこちら