大きくする 標準 小さくする
次ページ

2012年05月17日(木)更新

弁当つくりに学ぶ段取り力

今年の春から息子が中学生になり、息子のお弁当つくりもスタートしました。
息子のお弁当はほぼ毎朝フェイスブックにアップをして
「いいね!」をたくさんゲットしております。
(写真は本日のお弁当です)

201205171141_1-200x0.jpg

3年前に娘が中学生になったときから始まったお弁当つくりは
それまでの私の生活スタイルを一変させるような大きな出来事でした。

私は超夜型人間で、明け方5時まで起きていることはできるけれども
一旦寝たら、朝5時に起きるのは無理!な人間です。

低血圧で朝はボーっとしているのに、朝から包丁や火を使って
決められた時間に複数のおかずを段取りよく調理しないといけない
お弁当つくりは「苦行」といってもいいくらいです。

仕事のスタイルも今までは昼間はお客様との面談などの業務をやり
夜は執筆やセミナーの資料作成、お客様の就業規則の作成など
自分仕事をこなす、という形でやってきました。

特に執筆については、夜中シーンとした中で
黙々と書くというのが自分にあっていて
明け方3時、4時までコツコツやっていました。

ところが弁当つくりが始まってからは6時起床が必須なので
(小学生のときは7時15分起床で大丈夫でした)
もう夜中まで仕事はできません。
寝坊をしたら、子ども達のお昼ごはんがなくなってしまうからです。

パンを買って持たせる作戦ももちろん可能なんですが
買い弁(パンなど買って持って行く弁当をこういうそうです)は
出張や本当に体調が悪いときの切り札に置いておきたいと思うと
やはり6時起床が必須になります。

さらに弁当つくりは当日だけではなく
食材の買い出しという事前の段取りも必要になってきます。
毎日スーパーが開いている時間に帰宅できるわけではないので
事務所の近くのスーパーで出かけたついでに買い物をしたり
色々まとめ買いをしたり、何もおかずがないときのために
冷凍食品を買ったりが必要になります。

気温があがってきたので、さらに早めに起きて
早めにおかずをつくってお弁当をさます必要がでてきました。
そこで最近覚えた技が前日に野菜などを切っておいたり
湯がいておいたり、揚げ物のときは衣をつけておいたり
できるところまでやっておくことで、朝の調理時間を
大幅に削減できることを発見しました。

今日も実は30分も寝坊をしたのですが、
昨晩、野菜を切っておいたり段取りをしていたので
写真のお弁当をつくることができました。

息子が高校を卒業するまで6年間お弁当つくりが続きます。
さらに、きっとこれからクラブの朝練や体育祭の練習などで
もっと早い時間に起きてお弁当をつくらなくてはならない日もあるでしょう。

めっちゃしんどいですけど、私が中学生や高校生のときに
自分の母親に文句を言われた覚えはないので、
私も文句を言わずにやり遂げようと思います。




2012年05月12日(土)更新

6月発売の新刊のゲラと格闘中

6月下旬発売予定の5冊目の本のゲラが手元にやってきました。
ゲラとは、書いた原稿を本のページに収めたものです。

ページに収めるために、担当編集者さんの手で文字数が調整されていたり
言い回しの修正、さらに小見出しなどが入り、最初に自分で書いた原稿より
かなり整理がされているものになります。

しかし人の手が加わるということは、本来の意味と異なった解釈で
原稿整理がされてしまうこともあり、さらに自分自身が書いた元々の原稿も
8万字とか10万字を書いている中で意識朦朧となっていて、意味不明となっている
ところもありますので、そのあたりを2度のゲラチェックで修正をしていきます。

今回の本は企画が通ってから発刊予定日まで時間があったこともあり
駆け込みで急いで書いたわけでははなかったので、
元の原稿でかなり精査をしていたので
大幅修正はなく、いい感じのペースで進めております。

事務所の自分の机で作業を行うとついついパソコンを開いて
メールを見たり、フェイスブックをやってしまうので
今回は、打ち合わせ机で作業をしています。


201205121545_2-300x0.jpg


外からの光も入りますし、移転祝いでいただいたたくさんの
観葉植物に囲まれて、気持ちよく仕事をしています。

昨日も夜遅くまで作業をしていたのですが、お茶のコップを洗いにいくときに
事務所のお向いさんと一緒になり、帰りに二人ともが行きつけのお店で
1時間ほどビールを飲んでリフレッシュすることもできました。

前の事務所もとっても快適だったけれども
ご近所つきあいができる今の事務所、いいなーと思いました。

さ、もうひとがんばり。
本を楽しみにしてくださっている人達のためにがんばります!

2012年03月08日(木)更新

1年ぶりに執筆中です

現在1年ぶりに単行本の執筆中です。
昨年3月に4冊目の著書となる
『小さな会社の正しい給料の下げ方・人件費の減らし方』
上梓させていただきました。

201203081721_2-300x0.jpg
















少し執筆は休憩していたのですが
また書き始めております。

本を書くのが好きなんですね、とよく言われます。
はい、本を書くのが好きなんです。

どこが好きかというと、自分の持つノウハウが
世間の人に役に立つという実感を得ることができるからです。

本を書かせてもらうということは
世の中に解決すべき問題があり
その問題に対して私がその本の想定読者に
提示できる解決方法があることを意味します。

「解決すべき問題」に対して「そやねん、それに困っててん」と思っていただき
「私が提示する解決方法」に対して「なるほどな!その方法があったのか!」と
思っていただけるような企画で初めて本にしていただけるのかなと思っています。
(本もビジネスなので他にもたくさん要因があると思いますが)

想定読者のことをいつも念頭に置いて
その人の抱える問題をひとつづつ解決していくつもりで
筆を進めたいと思います。



2012年02月01日(水)更新

『稼げる社労士の集客術』~読者さんからのファンレター

2010年7月に発売になった拙著『稼げる社労士の集客術』

20120201_2.jpg




















発売から1年半が経過しておりますが、ありがたいことに
今も読者の方からのファンレターをいただきます。

今年に入ってからも3名の社労士の方からメールをいただきました。
開業したてという方がほとんどです。

本に書いている事業を運営するためのノウハウもなのですが
みなさんが共感してくださっているのは「私の仕事に向かう姿勢」のようです。

本に書いているノウハウ自体は、私が独自で開発したものは何もなく
ただ、すべて自分がやってみた経験を書いています。

資格を取ってただ待っていてもダメなんだ、行動をしなければダメなんだということに
気付いていただければ、私も本望です。

本を読んでいただいた後、毎月1日に配信している
当事務所のメルマガ「いより通信」に登録してくださる方が多く、
メルマガに返信という形でメッセージをいただくことも多くあります。

メルマガは2005年2月から配信しているので今年で7年目に突入します。
登録読者数を調べてみたところ、2009年12月に現在の配信システムに移行した際の
登録者は180名でした。
本日、メルマガを配信した読者数は600名だったので2年で3.3倍に増えていました。

600名って意外と少ないなって思われるかもしれませんが、広告もしていませんし
名刺交換をした人を自動的に登録することもしていません。
自社配信ですので、配信スタンドが告知をしてくれることもありません。

わざわざうちのホームページに来てくださって、私が発信する情報を読みたいと
思ってくださっている方だけが登録をしてくださっているので、
600名の数字を見たとき、こんなに多くの人が読んでくださっているのかと
ありがたくてありがたくて涙が出そうになりました。

自分がやっていることや、自分の経験、そして考え方が世の中の誰かのお役に立つのであれば
どんどん発信していきたいと思います。
「人の役に立ちたい」「社会で必要とされる人間になりたい」が
独立開業して全く仕事がなかったときに私が毎日毎日強く思っていたことなので。

読者のみなさん、本当にありがとうございます!
お礼のメールをいただくことが多いのですが
みなさんからの言葉で励まされているのは私の方です。
本当にありがたいことだと思っています。
これからも引き続き応援をよろしくお願いします。

2011年10月28日(金)更新

帽子デビューしました

帽子デビューしました!
そうです!ハイソな方々がかぶっておられるような
エレガントな帽子です。

20111028_2-300x0.jpg





























ご縁があり、神戸トアロードで創業70年になる老舗
マキシンさんでお仕事をさせていただいております。

マキシンさんでは神戸マイスターとして、ずっと長年勤務されている
帽子の職人さんたちが活き活きとお仕事をされています。

私にとって帽子はすごく敷居が高いものでした。
でも昨日、お話をしていて、メンズラインをこのたび始められたとお聞きして
そういえば男性の経営者で帽子を愛用されている方が多いことに気づいたのです。

目の前では、いつも帽子をエレガントに身につけておられる
渡邊社長がにこやかに笑っておられました。

そこで思い切って
「社長、来月、顧問先のお客様のご子息の結婚式に参列することになっています。
私も帽子デビューをしてみようと思うのですが、いかがでしょう」
と申し上げたところ、すごく喜んでくださり、早速社長自ら選んでくださることになりました。

1階の店舗の営業は18時までで、もう18時も過ぎていましたが
色々と帽子を見せてくださり、20個以上かぶったと思います。
その中で写真の帽子を選びました。

フォーマル用の帽子だけではなく、毛足のあるベレー帽やカチューシャのようなタイプのものなど
普段でも気軽にかぶることができる帽子がたくさんあって、目移りしましたがきりがないので
とりあえず昨日は1つだけ購入させていただきました。

この帽子が似合うようなエレガントな自分になりたいです。
洋服を選ぶときとはまた違ったワクワク感を味わうことができて幸せでした。

最後に社長がおっしゃっていたこと。
「結婚式もそうですが、レストランでもホテルでも<格>というものがあります。
その<格>に合わせた装いをすることで、大事にされるお客様になることができます。
「場」をつくるのはお客様なので、「場」にあった装いをしてきてくれると迎える方も
うれしいからです」
とのこと。

これからもっともっと大人の場に出ることが増えそうなので社長に教えていただいたことを
胸に刻んでおきたいです。

2011年03月18日(金)更新

八戸:虎鯖棒寿司熱烈支援!

八戸の虎鯖棒寿司
めっちゃ美味しいです!

166

私が虎鯖棒寿司をつくっておられる
谷口さんと出逢ったのは2008年6月のことでした。
東京で経営者会報ブログのオフ会があり
私はまだ入会前だったのですが、参加させていただきました。

そこに谷口さんが大量の虎鯖棒寿司を八戸から持ってきてくれていて
懇親会でみんなに振る舞われたのです。
京都の鯖寿司とはまた違う脂の乗った鯖でした。
すごく美味しかったです!

それがご縁で谷口さんと交流が始まり
当時、関西には送れなかった虎鯖棒寿司を
寿司飯の改良などチャレンジをされて
我々関西の経営者会報ブロガーにお試しということで
空輸で送ってくださいました。

その後、阪神百貨店での催事も決まり
一昨年、大阪にお越しいただき
そのときは関西の経営者会報ブロガーのみなさんでお出迎え。
板長からもお土産をいただきました。

さらにさらに!私は昨年末に初めて八戸に行きました。
出発の朝に寝ずに仕込んだ虎鯖棒寿司を朝7時に八戸駅に届けてくださいました。

そのときの様子はこちら

私はそのまま大阪に戻り、関西の経営者会報ブロガーのみなさんに
無事虎鯖棒寿司をお届けすることができました。

こんなにお世話になった谷口さんが地震で被災されました。
何かできることはないか一所懸命考えました。
郵便局も行ったけど物資も郵便も送れませんでした。(3月13日時点)

谷口さんは被災されましたがブログで元気な様子を私達に
伝えてくださっていました。
その中で、催事が中止になって大変だ、という内容がありました。

我々被災していない西日本人ができることって、経済を回すしかない、と
考えています。
東北の経済を回す支援・・・できるんじゃないか!
そう谷口さんが作られている虎鯖棒寿司を購入すればよいのです!
しかも先払いで!
商品は物流が動くようになってから送っていただくということで
早速お願いをしてみました。

自分だけだったらあまり力になることができないので
経営者会報ブログの有志のみなさんにメールでお願いをしてみました。
送るや否や東京の小高さんから「賛同!」の返信がきて
今朝、早速ブログにアップされています。

大きなことはできないけれど、自分にできることをひとつずつやっていきたいと思います。
困ったときはお互い様。
私もいつもみなさんに助けていただいているので
今回は谷口さんの応援をさせていただきたいと思います。

代金先払いで虎棒寿司予約!
ご賛同いただける方は谷口さんまで直接申込みをしてくださいね!
ホンマに美味しいですよ!
虎鯖棒寿司、届くのが楽しみです!

申込みはこちらのページのEmailからどうぞ!

2011年03月16日(水)更新

こんなときですが、もうすぐ生まれます

もうすぐ!4冊目の本が生まれます!

小さな会社の正しい給料の下げ方・人件費の減らし方
小さな会社の正しい給料の下げ方・人件費の減らし方
クチコミを見る


名前(タイトル)は『小さな会社の正しい給料の下げ方・人件費の減らし方』
出産予定日(発売日)は平成23年3月25日(予定)です!


4度目の出産で母も油断していたこともあり、かなりの難産でした。
産婆さん(編集者さん)に助けてもらって
やっと産み落としたと思ったら、印刷所にいるときに震災に遭遇。

でもなんとか無事に、来週早々には見本が手元に来る予定です。
ホンマに苦難を乗り越えて生まれてくる子なので会うのが楽しみです。

タイトルは『社員の正しい辞めさせ方』同様に
ぎょっとするようなものですが
内容は至ってまっとうです。
払うべきものは払い、払わなくてもいいものは払わず、
人件費全体、また給料の設定方法を見直しましょう、
というような内容です。

書籍の詳細はこちらのページでご紹介しております!

WEBでの詳細ページも完成し、あとは生まれてくるのを待つばかり。
このような市況で、書店さんもダメージを受けている中で
うまく育ってくれるのかどうかとても心配です。

社員の給料を納得して払いたいと考える経営者向けの内容です!
きっと中小企業の経営者のみなさんのお役に立つことができると
確信しております!

執筆にあたっては、経営者会報ブログのみなさんほか
関西の中小企業の経営者のみなさんにお話をお聞かせいただきました。
本当に感謝しております。

原稿を執筆しているとき、ちょうど職員さんの急な退職でバタバタで
ホンマに何度も「もう絶対に無理!」って思いました。
そんなとき、脳裏に浮かんだのが、お話を聞かせていただいたみなさんのお顔です。

書いていただいたアンケートを何度も読み直し、
「みなさんのお役に立ちたい!」と気持ち奮い起こして書きました。
渾身の作です!

経営者会報ブログのみなさん、私のブログを読んでくださっているみなさん
ぜひぜひ応援をお願いします!

こちらから予約もできます!
『小さな会社の正しい給料の下げ方・人件費の減らし方』

2011年02月25日(金)更新

まえがき、あとがき、再校ゲラ

3月24日発売予定の新刊の制作が佳境に入ってきましたよ。
今日はまえがきとあとがきを書いて送りました。
そしてこないだの週末に修正した初校ゲラが再校ゲラとなって
送られてきました。

土日はまたまたゲラと格闘になりそうなんですが
今年に入って自宅で過ごした週末は1回か2回しかない状態なので
今週は「通い」で(笑)晩御飯は家族と食べるようにしたいと思います。

確定申告の準備と来週金曜日の滋賀社労士会での講演準備も
週末にしないとダメなので超盛りだくさんですが
本はできてしまったら取り返しがつかないので
(確定申告が遅れても×ですけど・笑)
精根尽き果てるまでゲラに集中したいと思います。

本のタイトル発表は3月1日を予定しています。
さらに!5月13日(金)晩に大阪で感謝祭を予定しておりますので
予定を空けておいてくださいねー!

2011年02月23日(水)更新

4冊目の本、がんばっています

3月発売の新刊の制作が佳境を迎えております。
週末はまた事務所に泊まりこんで、ゲラの修正をしていました。

本は何冊書いても慣れないですが
残念ながら初心は忘れます。
自分基準でこれくらい書いていたらわかるかなー的な感じで
「手抜き」をしてしまったりします。

本ができるまでの過程として
私が書いた原稿を編集者さんが文体を整えてくださり
それがゲラという形で出てきて、さらに修正を加えることになります。

今回、編集者さんが原稿整理をされたことで
私の手抜き工事(原稿)があからさまになりました。
元の原稿がしっかりしたものだと、
編集者さんのの手が入ることで
シンデレラのように変身するのですが
元の原稿がスカスカだと編集者さんが魔法をかけてくれても
よりみすぼらしさが浮き立つだけなのです。
(今回学んだ最大のことです)

今回の原稿が手抜き工事であったことは
自分が一番よくわかっていました。
このまま本になってしまうことに対しての罪悪感もあり
そんな原稿を渡してしまった自分が情けなかったです。

しかし、ゲラになる前の段階で
東京の出張で他の編集者さんたちとも話す機会があり
「まだ間にあうよ」って言ってもらったので
ゲラで、納得がいくまで修正・加筆をすることにしました。

そして、戻ってきた初校ゲラで38000字の修正・加筆をしました。
原稿全体が8万字~10万字と言われているので
2/5くらい修正をしたことになります。
それも3日間くらいの間で集中して一気にやりました。

ゲラを戻して今はめっちゃ脱力感満載なのですが
また再校ゲラが戻ってきます。

本を作るには私が見えていないところで
たくさんの人が動いていているそうです。
最初にしっかりした原稿を書いていないことで、
編集者さんだけではなく
色々な人を振り回すことになるようなのですが
本を書くからには売れる本にしたいです。
せっかく手に取ってもらった読者の人をがっかりさせたくないです。

今回、スイッチが入るのが遅かったですけれども
あと2週間、印刷やさんに原稿が入るまで
できることは全部やりたいと思います。

2010年07月20日(火)更新

新刊『稼げる社労士の集客術』大好評予約受付中です!

7月29日発売予定の新刊
『「営業ゼロ」で年商2000万 稼げる社労士の集客術』
アマゾンに書籍の内容がUPされました。

「営業ゼロ」でも年商2000万 稼げる社労士の集客術
「営業ゼロ」でも年商2000万 稼げる社労士の集客術
クチコミを見る



書籍の内容は編集担当者さんが書いてくださるのですが
今回は、ホントに超力作です。

■アマゾンはこちら

あれは、思い起こせば昨年末のことでした。
今回担当をしていただいた編集者さんに
初めて企画を見ていただきました。

企画の段階で、まだまだ弱いということで
何度も何度も練り直して企画会議が通ったのは
2月になっていました。

原稿の執筆は4か月半かかりました。
何度も何度も書き換えました。
1冊の本を書くのに10万字必要、と言われていますが
おそらくその倍は書いていると思います。

プロローグは5回くらい、丸々書き換えましたし
他の章も、かなり削ってそして新たに書き足しました。

今まで書いてきたような法律の本だと

経営者が持つ疑問・悩み

法律の解説

実例

解決案の提示

本音トーク


という流れで、「法律の解説」のところは
「これが正しい」という軸があるので書きやすかったですが、
今回は自分のノウハウを紹介するものなので、
私はこれでうまくいったけれども、果たしてこれでいいのか、
などなど悩むことの連続でした。
(実際に編集者さんにもかなり突っ込まれました)

ホントに難しかった。。。。

しかし編集者さんがうまくリードしてくださり
誰のためになる本なのか、の意識を共有して
同じゴールに向かって本を作ることができました。

4年前の開業当時にお客様がいなくて困っていた私と
同じステージにいる人達にお役に立つ内容になったと思っています。

7月29日発売なのですが、アマゾンの書籍の紹介をお読みになって
また、今まで私の本を読んでいただいて、読んでみようと思っていただいたら
ぜひぜひ事前予約をお願いします。

「営業ゼロ」なんで、これまでの本と同じくアマゾンキャンペーンはやりません。
発売日以降に書店でお手にとっていただき購入していただいても結構です。

社労士になって4年。
私のこれまでのすべてが詰まっている本です。

これまで同様、ぜひ応援していただけるとうれしいです。
どうぞよろしくお願いします。

本の予約はこちらでできます。

--------------------------------------------
*別途ご案内を郵送させていただきますが
出版記念パーティを大阪は8月28日(土)
東京は9月11日(土)に開催します。
ぜひご都合を空けておいてくださいね。
--------------------------------------------

次へ»

20141009bnr.jpg

会社概要

人事労務に関するコンサルタント業/セミナー運営/社会保険労務士業

詳細へ

個人プロフィール

詳細へ

<<  2017年12月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメント一覧

最新トラックバック

  • ルイヴィトン 店舗 from ルイヴィトン 店舗
    【明大生との一問百答】上司からアドバイスを引き出す方法 - 井寄事務所 代表 井寄奈美
  • 井寄奈美「著者デビュー5周年」に出席 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    特定社会保険労務士で経営者会報ブログの会員でe製造業の会の会員でもある井寄奈美氏が2009年に「小さな会社の<トクする>人の雇い方・給料の払い方」を出版してから4年間で6冊の本を執筆しています。 そこで著者デビュー5周年の感謝祭を開くということで招待されましたが、たまたま我社の年2回しかない土曜日出勤日に当たり第1部のトークイベントには出席ができず夕方からのパーティにだけ参加させていただきま
  • 僕らの味方 キューティーバニー from 男の魂と誇りを込めて・・・世界が震撼する日本の鞄 國鞄 社長 庄山 悟 の日記
  • 新刊書『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    いつもお世話になっている特定社会保険労務士の井寄奈美さんが、6冊目の本『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』を㈱中経出版より出版しました。 その新刊書を10月30日発売なのに早々と送ってくださいました。 井寄さんの出している本は全て労働基準法や社員になどに対する対処など中小経営者の悩んでいることなどを解りやすく解説している本で経営者にお薦めの本です。 今回は権利のみを主張して労務の
  • 大阪府中小企業労働環境好事例集作成で井寄奈美氏の取材を受けます。 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    大阪商工労働部から推薦され大阪府総合労働事務所のヒアリングを受け中小企業労働環境向上好事例選定委員会において、三元ラセン管工業㈱においては、文句のつけようがないという意見も出るなど高評価を頂き好事例企業50社の中の1社に選定されました。 その選定された会社に今度は社会保険労務士や中小企業診断士が訪問し取材を行い事例集を作成するそうです。 訪問される社会保険労務士や中小企業診断士さんはこちら