大きくする 標準 小さくする
次ページ

2013年01月07日(月)更新

『月刊 ニュートップリーダー』 大型連載開始!

日本実業出版社さんで発行されている
中小企業の経営者向けの月刊誌『ニュートップリーダー』
新年号から大型連載が開始されております。
題して 『なにわの社労士 井寄 奈美の 社長も社員も
「ワクワクする会社」をつくりましょう!』
です。

201301071615_2-300x0.jpg

月刊誌での連載は初めての経験で、しかも1ページという
限られたスペースで、しゃべりの私が言いたいことをどうまとめるのか、
発行元である日本実業出版社さんには、また修行の場を
いただきました。

これまで、新刊『社長!非常識社員はこう扱いなさい!』
『トラブルにならない社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方』など
どちらかと言うと、困った状況に対して会社がどう対応をしていくのか
という本を書いてきましたが、今回の連載は、『非常識社員』の
最後の章にも書いていた「戦いのない会社にする方法」にある
「よい職場風土をつくることで、困った状況が発生しにくい会社をつくる」を
メインに、実際に見聞きした前向きな取り組み事例をご紹介していこうと
考えております。

社労士 井寄奈美のフィルターを通して
「こんな取り組みは他のみなさんにも知ってもらいたい」と
いうような事例をどんどんご紹介させていただきますので
どうぞご期待くださいませ。

尚、『ニュートップリーダー』には前向きに事業に取り組んでおられる
全国の中小企業の経営者の事例がたくさん載っています。
机上でまとめられたものではなく、実際に取材に行かれて
生の声を伝える濃い内容となっております。

中小企業の経営者のみなさんは、もちろん中小企業の経営者を
お客様に持つ士業のみなさんにも情報源としてとっても役に立つ
雑誌です。

本誌は、店頭販売はされておりません。
お申し込み・詳細はこちらのサイトから>>>月刊ニュートップリーダー
購読料は送料込みで12冊で24,000円です。

既にご購読されている方は、ぜひぜひ連載のご感想をお聞かせください。
「井寄さんの連載は、1ページでは足りないのでもっとページ数を増やしてほしい」という
ご要望も大歓迎ですので、前向きのご感想をぜひ編集部までお願いします(笑)



2012年05月17日(木)更新

オススメ本 『安藤忠雄・仕事をつくる』

『安藤忠雄 仕事をつくる』を読みました。

201205171227_2-200x0.jpg

日経新聞に連載をされていた「私の履歴書」をまとめたものなので
一度は新聞で読んだ内容でしたが、まとめて読むと
安藤さんの生き方や考えがずんずん伝わってきました。

中に挿入されている安藤さんが設計をされた代表作品の写真が
とってもキレイです。

安藤さんのお名前はもちろん知っていましたが
どんな考えでお仕事をされているのかなどは
全然存じ上げませんでした。
「建築家」として成功されている人というイメージしか
なかったです。

そして今も大阪で仕事を続けておられることも
初めて知りました。

大阪の中之島に桜を植える活動など
大阪のために精力的に活動をされてきたことも
初めて知りました。

大阪はそもそも商人の街であり
官に頼らない市民主導型でまちづくりをしてきたという
歴史があるそうです。

安藤さんの本を読んでそんな大阪のことを誇りに思いましたし
私も大阪人のひとりとして大阪をもっと盛り上げていかなアカンなって
思いました。

そして成功をする人も最初からその舞台にあるのではなく
自分の信念を持ちながらも、
「何のために」「誰のために」を現場で学びながら
柔軟に自分を進化させていき、やがて成功の舞台に上がっているのだと
いうこともわかりました。

ご本の中でも紹介をされていた
サントリーの佐治敬三氏の「やってみなはれ」という言葉を
私も胸に置いて、どんどん前を向いて進んで行こうと思います。


2012年02月01日(水)更新

『孤独死の作法』

東京のお友達、葬儀相談員の市川愛さんが新刊を出されました。

20120201_4.jpg











タイトルは『孤独死の作法』

「私は家族がいるので孤独死なんてありえない!」と考えている方もぜひお読みください。
なぜならば、「死」というのは突然やってくるもの。
そして生ある限りは必ずやってきます。

この本で扱っている「孤独死」というのは、我々がイメージする
独居老人が亡くなってから何ヶ月も誰にも発見されずに
白骨化していたという「孤立死」ではなく、
家族に看取られずに死ぬ(家族が間に合わなかった場合も含む)なので
相当広い範囲を取り扱っています。

しかも読み進めていてわかったのですが
死ぬときは誰もがひとりです。
死んだ人から話を聞けないからわからないけれど
家族に看取られずに息を引きとったことでつらい思いをするのは
実は亡くなった本人ではなく、遺された家族なんですよね。

自分がいつか死ぬとして、そのときに備えて準備しておかなければならないことは
いつ来るかわからない臨終のときに家族に集まってもらう段取りではなく
自分が死んでから遺された家族(や周りの人)に迷惑を掛けないことなのです。

私も昨夏、義母を見送りました。
遺された家族は義母が望んだであろう告別式にするために
義母の知り合いに必死で連絡を取りました。
それがすべてであったかどうかは今となってはわかりません。

さらに、お棺の中に義母が入れてほしかったものがあったかもしれません。
旅立ちのときに身につけたかった着物があったかもしれません。
でもそれらはこちらで推測して用意するしかありませんでした。

義母は短期間の入院で容体が急変して亡くなったので
死後の準備など全くしていなかったからです。

自分が死んだあとに困るのは自分ではなく周りの人である。
それは家族がある人もない人も共通のことです。
周りの人を困らせることがないように
本書を読むことで、いつか迎える「死」に対する最低限の準備ができます。

著者の市川愛さんと私との共通点は、人間の根っこが明るく前向きだということ。
『孤独死の作法』というタイトルを見たときに、
拙著『社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方』の帯のコピーである
「解雇の作法」という言葉が、まず頭に浮かびました。

「孤独死」も「解雇」も触れるのもタブーとされているような内容ですが
(著者は「孤独死」は淋しいものでも悲惨なものでもない、と書いています)
きちんと正面から「ありき」ととらえて、できるだけ人に迷惑をかけないために
どうするべきかを淡々と書いているところが共通点だと感じました。

新書ですのであっという間に読めます。
ぜひぜひみなさまご一読くださいね!

私は本を読み終えて、いつか来る「死」に向かって、今やるべきことを決めました。




2011年12月05日(月)更新

『絶対にゆるまないネジ』

『絶対にゆるまないネジ』という本を読みました。

20111205_5-250x0.jpg














東大阪でネジをつくっている会社の社長さんの本です。

東大阪にネジをつくっている会社はたくさんあると思いますが
こちらの会社で作っているネジは「絶対にゆるまないネジ」ということで
東京スカイツリー、瀬戸大橋、新幹線にも使われているそうです。

私も本を読んでわかったのですが
ネジというのは構造上ゆるんでしまうものらしいです。
しかし、この会社は「ゆるまないネジ」を開発されました。

そんないい商品を生み出すことができたなんて
さぞかし優秀な開発スタッフがいて、設備も整っていたのだろうと
思われるかもしれませんが、社長自ら図面を引き
当初の工場は、おつきあいしている大企業の人に
見せることができないほど小さく粗末なものだったらしいです。

本を読んでいて感じたこと。
うちの事業もなのですが、資金も人手も設備もない
小さな会社は、頭と足を使って営業せなアカンということです。

いくらよい商品ができても、実績がない会社からは
誰もモノなんて買ってくれません。
地道に営業をして使ってもらえる会社を1社ずつ増やし
リピーターを増やしていく。
実績が積まれることで信用も積み重なる、
そこまで商売として辛抱できるかどうかっていう話やねんなぁと思いました。
(社長はそこまで最低2~3年はかかるとおっしゃっています)

あと、自分が生み出した商品に対して
絶対的な愛情と確信を持つことができるかどうかって
大事だなぁと改めて思いました。

自分の子どもはどんなことがあっても自分が守ると思っていますし
社会できっと力を発揮してくれるものと信じています。

自社の製品に対しても絶対的な愛情を持ち、親のような強い気持ちで
子どもの活躍の舞台をどんどん開拓していくということなのではないでしょうか。

本のコピーに書かれている、東京スカイツリーや瀬戸大橋、新幹線への採用といえば
超一流の技術を誰もが認めている証拠だと考えられますが
その舞台まで我が子を乗せた東大阪の中小社長の奮戦記をぜひお読みいただきたいと思います!

ちなみにこちらはネジの現物です!
ご縁があって私の手元にやってきました!

20111205_6-300x0.jpg
















2011年06月19日(日)更新

支出額を決めることで、自分を追い込み成長するという法則

私は商売で儲けている人が好きです。
いくら人望があったとしても、本業が何をやっているのか
よくわからなかったり、ビジネスモデルが見えない人
さらに商売で儲けることができていない人には魅力を感じません。

商売で儲けている人と付き合うと何がいいかというと
食事に行くときに、何も気にせずに好きなお店を選び
好きなものを食べられるということがひとつあります。

あ、別にご馳走してもらおうと思っているのではなく
割り勘でも、場合によっては私が支払っても全然構わないのです。
お互いにお金のことを気にせずに食事ができるのがいいのです。

昨日、ご紹介した幻冬舎の社長の見城さんの語録をまとめた本である
『憂鬱でなければ、仕事じゃない』にも、かなりレベルが違いますが
こんな話が紹介されていました。

見城さんには行きつけの高級割烹があるそうです。
二人で行くと軽く10万円は超えるお店とのこと。
しかし見城さんは、その店に通い続けられる自分でいることを
仕事の指標のひとつにされています。

すなわち自分の支出の予算組みをして、それ以上に稼ぐために
何をすべきかを常に考えておられるということです。

支出を考えるときに、できるだけ削減をめざすのも一つですが
それでは成長は見込めません。

事業を大きくするために必要な支出を先に決めてしまい
それを上回る収入を得るために戦略を練るほうが有効です。
「支出」=「投資」でもあるので、必要な支出はむしろ積極的に行うべきなのです。

知り合いの経営者は、借り入れを返済した途端に気力がなくなるので
また借り入れをしてしまうそうです。

私はまだ借り入れの経験はないのですが
今の自分自身が全く身動きできない状況を改善するためには
借り入れをしてでも、人の雇入れや事務所の拡充も必要だと思います。

今週は休みなしで土日もがっつり仕事でした。
それだけ仕事があるのはありがたいと思う反面
新しい仕事をどんどんやっていくべき私が、いっぱいいっぱいになって
こまねずみのように仕事をしている現在の状況はおかしいと感じています。

昨年、日本で一番大きな税理士法人である辻・本郷税理士法人の
本郷理事長とお話する機会がありました。
「私が、こんな仕事を今後やってみたいと考えているんです」と構想を話すと一言
「どうして自分でやるの?自分でやったらダメだよ。スタッフにやらせないと」とバッサリ。

ちゃんと経営者になって、スタッフともども組織として成長していきたい、
自分は常に余裕を持って、どんどん新しいことに対応できるようにしておきたいです。







2011年06月19日(日)更新

『憂鬱じゃなければ仕事じゃない』

先日、日経新聞に出ていた大きな広告を見て
『憂鬱じゃなければ仕事はない』という本を買いました。

20110619_3.jpg
















サイバーエージェントの藤田社長が、幻冬舎の見城社長から
聞いたビジネスに対する思いを表す言葉をまとめたものです。

私は本を読むとき、まずは目次を読んで
そのあと、まえがき→あとがきの順番で読むことにしています。

この本はまえがきが藤田社長、あとがきが見城社長が書いておられます。
このあとがきの言葉を読んだだけで、電車の中で熱いものがこみあげてきました。

(以下あとがきより引用)------------------------------------------------

何か事をなすためには、身体を張らなければならない。もし誰かが、うまくいかないと嘆いていたら
「君は身体を張ったのかい?」
と問いたい。

身体を張って七転八倒しながら、リスクを引き受けて、憂鬱な日々を過ごす。そうやって初めて
後悔のない、清々しい気持ちになれる。

これが仕事をする上で、そして、生きていく上で、何より大事なことなのだ。

----------------------------------------------------------------------------


今年は事務所の組織つくりがうまくいかず、
一旦、事業を縮小して、自分自身が動くことができる範囲だけで
仕事をやっていこうかとまで考えました。

しかしありがたいことに、仕事のチャンスを与えてくださる方が多くいて
もう今さら昔の家内工業には戻れないことが身にしみてわかりました。

今までの延長線での成長ではなく、ひとつ階段を上らなければならない
局面に達しているようです。

階段を上るためには自分自身の器を大きくすることももちろん
お金と人材が必要です。
ビジネスには投資が必要だと言っている私ですが、
ビジネスを拡大することは、負うリスクも大きくなることを意味します。

人の力なしでは、事業を支えきれないので
下半期は「折れない柱」をつくることを目標に
<他人の力を信じて見守る>を胸に刻み
さらなる飛躍をめざしたいと思います。

人生一度しかないですし、生きている限りは自分の役割をまっとうしたいです。
人材については、自分ではない他人なので、思うようにはいかず
心を痛めることも多いですが、くじけずにどんどん前に進んでいきます。

この階段を上ることができれば、小さい事業ですが
経営者の入り口に立つことができる気がしています。



2010年12月14日(火)更新

『人生は1冊のノートにまとめなさい』出版記念トークショー

『人生は1冊のノートにまとめなさい』(奥野宣之著:ダイヤモンド社)の
出版記念トークショーが大阪で開催されました。

人生は1冊のノートにまとめなさい―体験を自分化する「100円ノート」ライフログ
人生は1冊のノートにまとめなさい―体験を自分化する「100円ノート」ライフログ
クチコミを見る


著者の奥野宣之さんとは、以前『情報は整理しないで捨てなさい』の
出版記念講演にお邪魔した際に、初めてお目にかかりました。
元新聞記者ということもあり、すごく言葉を大切にされていて
同じ著者としてかなり刺激を受けました。

今回のご本は大ヒット作の『情報は1冊のノートにまとめなさい』を
作られた編集者さんと、出版エージェントの方とのシリーズ3作目ということで
編集者さんとエージェントの方も大阪に来られていました。

前半は奥野さんのお話。
後半は編集者さんとエージェントの方を交えた制作秘話でした。

本の内容はライフログを残して、書くことで自分を客観視し、
書いたものを見返すことで、同じ失敗を繰り返さないで済む。

他人の成功談を参考にするものいいけれども
自分が歩んできた道を見つめなおすことで
自分の成長を実感しながら前に進みましょう、
という内容だと私は理解しました。

本に紹介されているのは、例えば子どもの記録であるとか
旅行の記録であるとか、プライベートなことが多いのですが
今の私であれば、著者さんや編集者さんに会って学んだこと
感じたこと、原稿のアイデア出しで浮かんだことなどを
記録したり、職員さんの指導の記録を残していくのもいいかなぁと
思いました。

そもそも「ライフログ」が人生そのままを記録することらしいので
テーマを決めてしまうのは趣旨に反するかもしれませんけど・・

本を読んで絶対に欲しいと思ったアイテムはこちら

Polaroid Polaroid TWO インスタントデジタルカメラ ブラック CZJ-05300B
Polaroid Polaroid TWO インスタントデジタルカメラ ブラック CZJ-05300B
クチコミを見る


ポラロイドなんですが、デジタルデータも残すことができて
しかも出てくる写真はシールになっているので
すぐにノートや手帳に貼れるそうです。

ブログに記録していくのもいいですが紙もいいですよね。
いつでも持ち歩けて、いつでも見返せるので。

『人生は1冊のノートにまとめなさい』のタイトルを聞いて
エンディングノートの本か、と思われた方は間違いです(笑)

私も「えっっ1冊にまとめるってどないするんかなぁ」って思ってましたけど
何冊でもいいそうですので、ご安心くださいねー。

とりあえずポラロイドカメラとノートを買って
私は人からもらったうれしい言葉や、ためになった言葉、
そしてふと思いついたアイデアなどを記録していきたいと思います。

2010年11月24日(水)更新

経営者にもお薦め!『そうか、君は課長になったのか。』

そうか、君は課長になったのか。
そうか、君は課長になったのか。
クチコミを見る


『そうか、君は課長になったのか。』(佐々木常夫著:WAVE出版)を読みました。
実はずっと机の上の積読チームに入っていました。

本屋さんでもよく見かけるし、「売れている本」という認識はありましたが、
「課長」というキーワードに私は心を動かされなかったし、
大企業に働く初級管理職向けの本だと思っていました。

でも読んでみて、私のような小さな組織の経営者、
そして、視点を変えて、部下に権限委譲をしようとしている
中小企業の経営者にぜひ読んでもらいたい本だと感じました。

実は私は、会社で管理職になった経験がありません。
しかし、今は人を雇っています。
当初はアシスタントという位置づけで雇入れていましたが
来年に向けて組織の拡大も考えています。

そのときに自分がやらなければならないことの答えが
この本にありました。

現場の仕事(具体的業務)を卒業してマネジメントを行う

ということです。

この本のシチュエーションと私との大きな違いは
「課長」は自分のお金で仕事をしているわけではなく
私は自分のお金で仕事をしているということです。

また、うちの組織は、大きなものではないし、
最終責任を自分が取らなければならない、と
いうところは違いますが、小さな組織のリーダーとして
やらなければならないことは非常に参考になりました。

○「こんなことは言わなくてもわかるだろう」と思って
細かい指図をしなかった結果、職員さんに伝わらなかったことが
何度もあります。


○他人に教えてやるよりも、自分でやるほうが早い、ということで
自分だけが夜中も休日も仕事をして、経営者だから仕方がない、
なんて思っていましたが、それが果たしてお客様に対して
迅速なサービスが提供できているのかというとそうではない。


○プレーヤーとしての自分の先にマネジメントができる自分がいるのではなく
マネジメントは別の仕事だという認識が必要である。


今、私のお客様の会社でも、社員自身が考えて動くことができる
組織をつくろうとされている会社が多くあります。

社員数が20名までの会社であれば、ほぼ社長のトップダウンで
課長も部長もありません。
しかしそれでは社員がいつまでも自分で考えて動くことができないので
あえて組織図をつくって権限委譲をしていこう、という取り組みをされています。

小さな会社の経営者は二代目さんが多くて
ご自身は中間管理職の経験がない方もたくさんおられます。
そういった経営者から、組織つくりのときに小さな組織のリーダーとなる人へ
その心構えとしてこの本を渡してもらいたいと思います。

社内の政治力の話であるとか、大企業独特のルールも含まれていますが
大企業だけではなく、中小企業の組織つくりの際や
私のように、いきなり人を使う立場になった初級経営者にもお薦めです。

2010年11月14日(日)更新

『経営のやってはいけない!』

経営のやってはいけない!~残念な会社にしないための95項目~
経営のやってはいけない!~残念な会社にしないための95項目~
クチコミを見る


『経営のやってはいけない!~残念な会社にしないための95項目』
こちらは仙台の税理士さんが書かれた本です。

山一證券からベンチャー企業に転職をされた後に
税理士資格を取って独立された経歴の持ち主。
士業になる前に社会人経験があるってスゴイ大事なことなんです!

士業ってあんまり頭を下げない商売なので
社会人のときに、営業とかやって、上司にもお客様にも叱られ
ボロクソ言われた経験がある人って、色々な方面から
広い視野で物事を考えることができると思います。
何よりも会社ってどんなところか、社員の立場で経験をしていることは
大きいです。

私も士業の端くれですが、士業の人が書く本って
自分の専門分野ありきのものが目立ちます。
経営のことを書いていても、結局は税務(もしくは労務)のことやったんか・・的な感じ?
それは視野が狭い証拠だと思いませんか?

しかしこの本は、違います。
あくまでも経営者が知りたいこと、の視点で書かれています。

これから事業を立ち上げようとする起業家のみなさんはもちろん、
中小企業の経営者で、色々セミナーを受けたり、相談はしてみるものの
もひとつ、こんな具合でいいんやろか、と悩んでいるみなさんにお薦めです。

私も経営者の端くれとして、心に刺さったことがいくつかありました。

・共同経営は最悪の選択   
 →私もベンチャー企業からの離脱組なんです。実は。
  そのときにこの本を読んでたら色々傷つくこともなかったのに。。

・自分の会社を潰す方法を考えろ  
 →潰す方法を考えることで、そうならないための方法が思い浮かぶ!

・オシャレなオフィスは無駄  
 →危うく家賃が倍のオシャレなオフィスに移転するところでした(汗)

・借金は未来の利益の取り崩し  
 →クレジットカードでモノを買うのは控えよう・・

などなど残念な会社にならないための95項目が上げられています。
一つの項目が見開き2ページでまとめられているので
サクサクと頭に入ってきます。

正直、私自身はお客様との話のネタに使わせていただこう、って思ったので
中小企業の経営者と話をする機会が多い士業・コンサルの人にもお薦めです!

本日11月15日(月)0時から23時59分まで
アマゾンキャンペーンをなさっています。

こちらのリンクで詳細をご確認ください。
ご興味のある方はぜひぜひ!

2010年10月10日(日)更新

【今週のお題】私を変えたこの1冊

私を変えた1冊。
それは『チーズはどこへ消えた?』です。

チーズはどこへ消えた?
チーズはどこへ消えた?
クチコミを見る


私がこの本を読んだのは、2人目の子どもを産んだ後でした。
今でこそ著者の一員となっていますが
会社員時代はほとんどビジネス書は読んでいませんでした。

『チーズはどこへ消えた?』は当時大ベストセラーだったので
どこからか伝え聞き、手にとって読みました。
(さっきアマゾンで検索をしたら発売後10年経過していても
1000位台なんですね。ビックリしました)

当時、11年間勤めた会社を辞めて、子育てに専念しようとしましたが
社会とつながりを持ちたくて、司法書士事務所で勤務をしていました。
司法書士事務所での勤務は時給750円のパートタイム勤務。
司法書士をめざしていたわけではなく、たまたま勤務地が自宅の近所で
楽そうだったので選んだ仕事でした。

本を読んで、現状に安住していてはダメだ、と強く感じました。
私はもうひとりではない。
子どもたちを守る義務がある。
万が一主人に何かがあったとき、私が子どもたちを育てないとダメになる。
そうなったときに、自分の運命を呪うようなことはしたくない、
と思いました。

進化することを恐れてはならない。
前に進み続けなければ!

いつでも自分と家族を養えるように、一生続けられる
そして進化し続けられる仕事をしよう!
そう考えて社労士試験を受けることにしたのです。

試験を受けると決めた1年前まで、士業の世界には
全く縁もなかったし、興味もなかったのに!

今でもこの本を時々読み返します。
変化することを恐れない自分であるために。

次へ»

20141009bnr.jpg

会社概要

人事労務に関するコンサルタント業/セミナー運営/社会保険労務士業

詳細へ

個人プロフィール

詳細へ

<<  2017年5月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメント一覧

最新トラックバック

  • ルイヴィトン 店舗 from ルイヴィトン 店舗
    【明大生との一問百答】上司からアドバイスを引き出す方法 - 井寄事務所 代表 井寄奈美
  • 井寄奈美「著者デビュー5周年」に出席 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    特定社会保険労務士で経営者会報ブログの会員でe製造業の会の会員でもある井寄奈美氏が2009年に「小さな会社の<トクする>人の雇い方・給料の払い方」を出版してから4年間で6冊の本を執筆しています。 そこで著者デビュー5周年の感謝祭を開くということで招待されましたが、たまたま我社の年2回しかない土曜日出勤日に当たり第1部のトークイベントには出席ができず夕方からのパーティにだけ参加させていただきま
  • 僕らの味方 キューティーバニー from 男の魂と誇りを込めて・・・世界が震撼する日本の鞄 國鞄 社長 庄山 悟 の日記
  • 新刊書『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    いつもお世話になっている特定社会保険労務士の井寄奈美さんが、6冊目の本『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』を㈱中経出版より出版しました。 その新刊書を10月30日発売なのに早々と送ってくださいました。 井寄さんの出している本は全て労働基準法や社員になどに対する対処など中小経営者の悩んでいることなどを解りやすく解説している本で経営者にお薦めの本です。 今回は権利のみを主張して労務の
  • 大阪府中小企業労働環境好事例集作成で井寄奈美氏の取材を受けます。 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    大阪商工労働部から推薦され大阪府総合労働事務所のヒアリングを受け中小企業労働環境向上好事例選定委員会において、三元ラセン管工業㈱においては、文句のつけようがないという意見も出るなど高評価を頂き好事例企業50社の中の1社に選定されました。 その選定された会社に今度は社会保険労務士や中小企業診断士が訪問し取材を行い事例集を作成するそうです。 訪問される社会保険労務士や中小企業診断士さんはこちら