大きくする 標準 小さくする
次ページ

2010年08月31日(火)更新

大阪出版記念講演☆感動の写真集3(滝さんとの写真)

引き続き8月28日に開催しました『稼げる社労士の集客術』の
大阪出版記念講演+パーティの様子です。

編集担当の滝さんとのツーショット写真を集めました。
公式ツーショットは撮影できなかったので
滝さんとからんでいる様子をご覧ください

撮影はStudio Airy 原田伸二さんです。


■この写真、めっちゃ好きです。
誰かが撮影してくれている後ろからの写真ですよね・・・
滝さんはやや疲労困憊な感じですけど・・

158


■講演のトークセッションのときに突然滝さんに
前に出てきていただきお話をしていただいたときの様子です。

146


■パーティでの滝さんのごあいさつのあと
公式ツーショットを撮影してもらおうとするも拒否られた場面

148

担当編集者さんって本をつくるだけが仕事じゃないんですね。
大変だ!
何はともあれ、ありがとうございました。
東京もヨロシクお願いします!

2010年08月31日(火)更新

大阪出版記念パーティ☆感動の写真集2(パーティ編)

引き続き8月28日に開催しました『稼げる社労士の集客術』の
大阪出版記念パーティの様子です。

撮影はStudio Airy 原田伸二さんです。


■あいさつする担当編集者の滝啓輔さん。東京から駆けつけて下さいました。
147


■乾杯のご発声をしてくださった顧問先のお客様ご夫妻。
素敵ですよね。

151


■同じく滝さんがご担当された立石剛さん
152


■22年来お世話になっている美容師の原田和佳さんです
154


■名古屋からわざわざ来てくださった山本達彦さん。イケメンでしょ。
153


■クイズ大会で見事1等賞の近江牛(おうみぎゅう)を勝ち取った
会計事務所時代の同僚の原聡彦さん

156


■謝辞。いよりん号泣5秒前(笑)
157


滝さんとの写真集に続く

2010年08月31日(火)更新

大阪出版記念講演☆感動の写真集1(講演編)

8月28日に大阪で開催しました『稼げる社労士の集客術』の
出版記念講演+パーティの様子を、書籍の帯の写真を撮影してくださった
Studio Airy の原田伸二さんが撮ってくださいました。

まずは講演の様子から
講演は「他力本願で行こう♪」というテーマで
お話をさせていただきました。
前半は私だけの単独講演。
後半は平野友朗さん、村上肇さんのお力をお借りして
トークセッションでした。

しかしコーディネイターの私がしゃべりすぎたため
東京講演は平野友朗さんにコーディネイターの座を
譲り渡すことになりました。

9月11日の東京講演は、「年商2000万 女性社労士対談」という感じで
長沢有紀さん、人事あすなろ塾でお世話になった
名南経営の大津 章敬さんと対談させていただきます。

さて大阪講演の様子です。

■息継ぎなしで講演するいよりん
141


■会場狭かったですね。熱気でムンムンでした。
編集担当の滝さんはiPhoneを触ってますねー(笑)
142


■いつも司会をお手伝いいただく税理士の日下一郎氏。
進行の打ち合わせにもお付き合いいただきました。

143


■お世話になっている平野友朗氏
144


■村上肇氏。iPadを抱えての登場
145


なんかこうやってみると、みんな素敵な笑顔ですね!

パーティ編へ続く

2010年08月29日(日)更新

大阪出版記念パーティ★感謝の言葉

大阪の出版記念パーティにご参加いただきましたみなさんへ

昨日は暑い中、出版記念講演およびパーティにご参加をいただき
ありがとうございました。

最後にきちんとご挨拶をしたかったのですが
壇上でみなさんのひとりひとりのお顔を拝見していると
感極まってしまい、言葉を続けることができず
本当に失礼致しました。

講演のテーマは『他力本願でいこう♪』でしたが
今回の本を書いていて、つくづく周りの人に
助けられている自分を感じました。

ご紹介だけで仕事ができているのも
私の人間力が高いらでも情報発信力が優れているからでもなく
周りのみなさんのご好意に支えられているんですよね。

昨日のパーティも参加者の方のお言葉で
「このパーティにいる人はみんな明るい顔をしている」という
お言葉をいただきました。

場は、主催者が作り上げるものではなく
参加者のみなさんがつくりあげるもの。
参加者のみなさん、そして私を支えてくれた
スタッフのみなさんのおかげで一生の思い出となる
パーティになりました。

この場をお借りして、みなさんに御礼を申し上げます。
あと、その場にはお越しいただけなかったけれども
メッセージやお花をいただいたみなさま
ありがとうございました。

私もみなさんのことを支えられるように
今後も精進致しますので引き続きよろしくお願い申し上げます。

2010年08月23日(月)更新

大阪の出版記念パーティまであと5日!

『稼げる社労士の集客術』大阪での出版記念講演+パーティまで
あと5日になりました。

今回は60名の方にご参加いただきます!
お忙しい中、会費を支払ってお越しいただく
みなさんに楽しんでいただけるように
知恵を絞って準備中です。

今回はパーティだけではなく
講演も行うので、それがプレッシャーです(笑)

いつも話しているような法律の話ではなく
自分の体験やノウハウを話すって緊張しますよね。
プレッシャーに負けずにネタを練りたいと思います。

明日は全国各地の商工会議所で講師として
ひっぱりだこの知り合いが、講演の稽古をつけに
事務所に来てくださいます。

厚い友情に感謝です。

2010年08月22日(日)更新

夏休みの旅行は牛窓に

先日、ブログで石垣島旅行をキャンセルした経緯を書いたところ
各方面からすごい反応でした。
「大人気ない」というご意見が多数でしたけど(笑)

石垣島の差し替えで、週末は岡山の牛窓に家族旅行に行って来ました。
急な差し替えなので何もプランなし。
リゾートホテルでプールがあるという事前情報だけ得ていたので
プールでゆっくりすればいいや、まぁ帰りに温泉でも寄って・・という
感じでホテルに向かいました。

ひどい渋滞に巻き込まれることもなく昼過ぎにホテルに到着。
途中ランチをはさんで海の見えるプールでノンビリ。

晩御飯はホテルのレストランで鉄板焼きのコースを
いただきました。

突キャンの振り替えで急遽選んだにしては
家族全員大満足の内容でした。

そして翌日。
行きの途中のSAでもらったマップを見ていると
岡山から瀬戸大橋で四国に渡れることが判明。
(知ってましたけど、地図を見るまで忘れてました・笑)

「さぬきうどんを食べに行こう!」と提案し
ツイッターでおいしいお店をみなさんに教えていただきました!

本当はうどんや巡りをしたかったけど
猛暑の中、1軒目で1時間近く並び、熱中症になりかかったので
「巡り」は断念。
家族にとっても、うどんは食事の一環でしかないので
「巡る」という考えはなかったみたい。

四国のガイド本を購入して、高松の屋島にある水族館に行き
淡路島経由で淡路島で日帰り温泉に入って食事をして
無事戻ってきました。

家族で揃って、ワイワイ言いながら、次にどこに行くかを決めたり
おいしい食事を分け合ったり。

行きに伊丹空港の隣を通り、飛行機を見たときは
本当に胸が痛みましたが、楽しい旅行でした。

春休みにリベンジで石垣島か宮古島にいけるように
半年間がんばって働きます!

家族がいるからこそがんばれる、ありがたいです。

2010年08月17日(火)更新

『傷だらけの店長』

みなさんは、本はどこで買われますか?
私はアマゾンが70%
残りは事務所近くの大型書店もしくは
出張先で立ち寄った書店で購入しています。

私自身は、何でも揃う大型書店が好きです。
唯一の例外が大阪地裁の地下にある本屋さん。
「売店」という規模の本屋さんなんですが
法律関係の本が揃っています。
もどきの本はなく、法律直球のものしかないので
テクニックではなく原理原則が知りたいときには
利用しています。

今日、昼間に事務所近くの本町紀伊国屋書店で
ウロウロしていて見つけた本がこちら

傷だらけの店長 ~それでもやらねばならない~
傷だらけの店長 ~それでもやらねばならない~
クチコミを見る


書店員さんの苦しみと、苦しみながらもなぜ書店員を続けているのかの
リアルな体験記です。

どの書店に行っても同じような本しかない、って感じませんか?
しかし、日本の書籍で入手可能なものは80万点とも言われ
それらすべての本を置いている書店はありません。

書店員さんが自分の店にあった棚作りをしているのです。
棚には書店員さんの思いが詰まっています。

私がアマゾンで本を買うときはほとんど指名買いです。
ツイッターやブログで紹介された本や
本の中で紹介されている本を買うときは
ほとんどアマゾンを利用しています。
理由は書店に行くのが面倒、探すのも面倒、
持ち帰るのも面倒だからです。

しかし、この本を読んで、自分のお気に入りの本屋さんを見つけて
自分だけの1冊を棚から見つけたいという衝動にかられました。

店長さんの苦しみは、読んでて心が痛くなります。
しかし自分は何のために今の仕事をしているのか
見つめなおすいいきっかけになると思います。
本が好きな方にはお薦めします。

ぜひ書店でご購入ください。

2010年08月15日(日)更新

夏休みの思い出

物心ついた頃から夏休みになると
三重県の母方の祖父母の家に預けられていました。
弟が身体が弱くて、今から思うと私は厄介払いだったみたい(笑)

5歳くらいのときから、近鉄特急に一人で乗せられて
津という駅まで祖父にお迎えに来てもらっていました。

祖父母の家は、戦後から洋品店を営んでいました。
赤白帽やオムツからジーンズ、背広、パーティドレスまで
何でもそろう洋品店です。

私はそこで毎日店番をしていました。
祖父母の家には、ままごとセットが大量にありました。
近くに住む従姉妹とままごとをするのが楽しみでした。
本屋さんも近くにあって、好きな本を買ってもらえました。

時計の読み方も、お金の計算も、漢字もみんな祖父母に教えてもらいました。
毎日お店が終わると小銭を数えます。
10円玉を10枚積み重ねた山を10個つくると1000円。
100円玉だと10,000円。
「金勘定力」はこのときに身についたのかも(笑)

そんな思い出がいっぱい詰まった祖父母の洋品店。
今はもう誰も住まない空家になっています。
法事を営むときだけ人が出入りする家。

その家ももうあと何年かで取り壊すかもしれないそうです。
私は1年に一度。お盆のときだけお参りに行きます。
あの柱も床の間も台所もお風呂も。
家が恋しかったけど、泣くまいとして
見つめていた天井の模様も、すべて当時のままです。

法事の席に座っている、両親も、伯父伯母も、ふと顔を見ると
私が小学生だった頃の祖父母の年代になっていました。

時間は過ぎ去り、人は年老い、やがてこの世からいなくなります。
でも人の心の中には生き続けることができます。
生きている間に、人の心に残ることをひとつでも多く成し遂げたい。
お盆に祖父母の家に行き改めて感じました。

2010年08月12日(木)更新

【御礼】大西啓之さん ありがとうございました

日本実業出版社 大西 啓之様

この呼称は今日が最後ですね。
日実さんに大西さんがいなくなる日が来るなんて
想像もしていませんでした。

あれはちょうど2年前の8月5日でした。
暑い日に御社に伺い、私の1冊目の本の
打ち合わせをさせていただきましたね。

私は、その年の春に開催された出版コンテストに応募したものの
最終予選には残ることができず、それでも出版をあきらめられずに
大西さんに直接交渉の機会をつくっていただいたのでした。

「うちには実績がある社労士さんがすでにたくさんいます。
その人達ではなく、いよりさんに書いてもらうっていう
意味を見つけられないとお願いすることは難しいと思います」


こういった内容のことをまず最初にズバっと言われましたよね。

それでも、最後まで私の話を根気よく聞いてくださり
それではこんな内容で企画書を書いてみましょう、
というのが、出発点だったと記憶しています。

イノシシのように前にしか進めない私を
うまくコントロールしてくださり、
時には叱咤激励し、なんとか1冊目の本を生み出すことができました。

増刷がかかったとき、すごく喜んでくださいましたね。
経営者会報ブログのメンバーに献本をしていただいたり
出版記念パーティでもコメンテイターを務めてくださったり
大西さんのバックアップがあったからこそだと感謝しています。

そして2冊目の『辞めさせる本』の企画。
書くかどうか正直かなり悩みましたが
大西さんの後押しや、企画に幅を持たせるために
経営者会報ブログのみなさんにご協力をいただき
経営者の生の声を聞かせてもらったことで
こちらは5刷になり、「売れる本」になりました。

経営者会報ブログでも、またニュートップLに移られてからも
本当にお世話になりました。
大西さんの気配りと、本音での「叱り」に何度も救われました。

私は、大西さんに、著者への扉を開いていただきました。
これから叱ってくれる人がいなくなるので不安ですけれども
お金を出して本を買ってくださっている読者さんのことを考えて
自分でよりよい本を生み出せるように努力していきます。
(もちろん担当編集者さんのお力を借りた上で)

まだこれからも職業人としての人生が続くと思います。
どんな選択をされても応援しています。
本当にお世話になりありがとうございました。

2010年08月10日(火)更新

石垣島旅行が中止になった理由

いよりんブチ切れ事件発生!

昨日、10日後にせまった石垣島旅行を
中止すると家族に宣言。
その場でiPadで旅行をキャンセル。
キャンセル料約10万円也の損害。

ブチ切れの理由は息子です。
私立中学をめざすと言って
電車に乗って進学塾に通い始めたものの
1週間も経たないうちに、
「しんどい」「クラブやから休む」
挙句の果てには
「友達がいてないので行きたくない」

確かに野生児の息子にとっては
バリバリの進学塾はなじまなかったかもしれません。

でも入塾費用、夏期講習、テキスト代など
あわせて15万円くらい支払ってるし
簡単に引き下がるわけにはいきません。

しかし本当にしんどそうだったので
かなり譲歩した条件を出しました。

1.塾は8月で辞める
2.晩の本講は行かずに昼の夏期講習のみ参加する


そして昨日。
仕事の時間を調整して、塾のある駅まで一緒に行ったにも
関わらず、息子は塾に足を踏み入れられず
そのまま帰宅したと聞いて、ブチ切れ。

「パパが毎日毎日朝早く起きて仕事に行って
汗水たらして稼いできたお金をアンタはどう考えてるねん!

誰だってしんどいことやってるねん。
しんどいことをやらんと、楽なことだけやろうなんて
そんなん許されへんねん。

アンタが約束を守られへんねんやったら
旅行も行かへん。
キャンセルする!」


とはいえ、姉が来年は中3で旅行には行けないし
全くどこにも行かないというのもかわいそうなので
岡山の牛窓に1泊で行くことにしました。

私学受験は息子の将来を考えた上での選択でしたが
そもそも親が構ってあげられずに野生児として育ってるのに
お受験は無理だったようです。

自分のことじゃないから難しいなぁ

次へ»

20141009bnr.jpg

会社概要

人事労務に関するコンサルタント業/セミナー運営/社会保険労務士業

詳細へ

個人プロフィール

詳細へ

<<  2010年8月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメント一覧

最新トラックバック

  • ルイヴィトン 店舗 from ルイヴィトン 店舗
    【明大生との一問百答】上司からアドバイスを引き出す方法 - 井寄事務所 代表 井寄奈美
  • 井寄奈美「著者デビュー5周年」に出席 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    特定社会保険労務士で経営者会報ブログの会員でe製造業の会の会員でもある井寄奈美氏が2009年に「小さな会社の<トクする>人の雇い方・給料の払い方」を出版してから4年間で6冊の本を執筆しています。 そこで著者デビュー5周年の感謝祭を開くということで招待されましたが、たまたま我社の年2回しかない土曜日出勤日に当たり第1部のトークイベントには出席ができず夕方からのパーティにだけ参加させていただきま
  • 僕らの味方 キューティーバニー from 男の魂と誇りを込めて・・・世界が震撼する日本の鞄 國鞄 社長 庄山 悟 の日記
  • 新刊書『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    いつもお世話になっている特定社会保険労務士の井寄奈美さんが、6冊目の本『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』を㈱中経出版より出版しました。 その新刊書を10月30日発売なのに早々と送ってくださいました。 井寄さんの出している本は全て労働基準法や社員になどに対する対処など中小経営者の悩んでいることなどを解りやすく解説している本で経営者にお薦めの本です。 今回は権利のみを主張して労務の
  • 大阪府中小企業労働環境好事例集作成で井寄奈美氏の取材を受けます。 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    大阪商工労働部から推薦され大阪府総合労働事務所のヒアリングを受け中小企業労働環境向上好事例選定委員会において、三元ラセン管工業㈱においては、文句のつけようがないという意見も出るなど高評価を頂き好事例企業50社の中の1社に選定されました。 その選定された会社に今度は社会保険労務士や中小企業診断士が訪問し取材を行い事例集を作成するそうです。 訪問される社会保険労務士や中小企業診断士さんはこちら