大きくする 標準 小さくする
次ページ

2010年05月30日(日)更新

iPad導入3日目 経過報告

5月28日(金)にiPadを入手して3日が経過しました。
一番多く使用しているのは5年生の息子です。

息子はゲームをしたりユーチューブで動画を見たりして
楽しんでいます。

iPadとパソコン・携帯の一番の違いは
パソコン・携帯は自分との向き合いになりますが
iPadは机の上に置いて操作をするので
みんなで一緒に楽しめることです。

もちろん自分ひとりでも楽しめますが
周りの人と共有できるのがいいかんじです。

そして場所を選びません。
バッテリーの持ちはiPhoneより長いです。
1日でも大丈夫そう。

ノートPCのようにアダプターを持ち歩かなくてもいいし
アダプター自体もとても軽いのです。

本体もB5サイズなので、
A4ファイルが入らない私の近場用の
買い物カバンにも余裕で入りました。

遊びだけで使うのはもったいないので
iPhoneも含め、仕事で使うべくまずは以下の2点をやりました。


1)メールをiPhone,iPadで見られるようにしたこと
2)グーグルカレンダーの同期

今後は一部の書類をPDFで
どこからでも見られる状態にしようと思っています。

セキュリティに細心の注意を払いながら
いつでもどこでも快適オフィスをめざしたいと思います。

息子には、早くから使って慣れて
将来サクサクと各種デバイスを使いこなして
くれたらいいなぁって思っています。

仕事でもっと使うようになったら
もう1台必要になるときも来るかもですね。

2010年05月29日(土)更新

【今週のお題】異業種でコラボするコツ

異業種でコラボするコツ。
現在すでにやっていることと
これからやろうと思っていることを
書きたいと思います。

【すでにやっていること】
「異業種」かどうかビミョーですが
税理士さんや弁護士さん、司法書士さんなどの
他の専門職とコラボで仕事をする機会が多くあります。

例えば、弁護士さんにはこじれた労務問題の処理をお願いし
弁護士さんからは、紛争解決後の地ならし(就業規則の整備など)を
依頼されることが多いです。

税理士さんや、司法書士さんとコラボで仕事をするときは
事業再編などで、複数の専門家が必要なときにチームを組んで
仕事をします。

チームで仕事をするときに気をつけていることは
専門家同士で話す機会を多く持ち、お客様に対しては
みんなで1枚板となって対応すること。

他の専門家の分野に口を出さないことや
決して自分だけいい子になろうとしないこと。
他の専門家を立てることを心がけています。

そして時には、お客様の視点で、素人の質問を
他の専門家に投げかけることもあります。

チームで仕事をすることで、自分の専門外の
仕事も見ることができますし、他の士業の仕事の進め方なども
すごく勉強になります。

【これからやろうとしていること】
現在3冊目の本となる「士業集客術」の本を書いています。
こちらは私のような専門職で独立を考えている人向けの内容です。

本が出版された後に、若葉マークの士業の人向けに
勉強会を開催したいと考えています。

本に詳しく書いていますが、我々士業も専門知識だけでは
食べてはいけない時代になっています。

専門知識を磨くのはもちろんのこと
情報発信をしたり、人脈をつくったり
仕事の効率化を考えたりしなければなりません。

例えば、ネットでの情報発信の仕方や
ツイッター、ブログの連動方法など
その道の専門家に相談するのが一番の近道だと思っています。

そして自分がいいと思ったことはお客様にも提案することができます。
異業種の専門家とコラボで仕事をすることができるのです。

ネットでの情報発信の方法や情報管理の方法をコンサルできる
専門家に講師をお願いし、
若手の士業と、その周辺業務を行う専門家との
出会いの場を提供したいと思っています。

異業種とのコラボのコツは、相手を常に立てて
自分だけトクをしようとか思わないこと。それにつきます。

自分の幅を広げるチャンスなので、これからも積極的に
異業種の方と交流を持ちコラボしていきたいと思います。

2010年05月28日(金)更新

iPadなう!

iPadが手元に到着しました!

138
朝から梅田ヨドバシカメラに引き取りに行き
午後アポを取っていたお客様のところへ。

お客様は就業規則の改訂の面談だったのですが
「iPadをぜひ見たい」というご要望だったので
そのまま向かいました。

就業規則の打ち合わせが1時間。
iPadが1時間半(笑)

iPadを触ったり、ツイッターの話をしながら
効率のいい業務の進め方の談義になりました。

まだまだツールを使いこなせていませんが
仕事のやり方も工夫をして、お客様に業務改善の
事例提案ができるくらいに、がんばりたいと思います。

自分の役割である労務管理に関するアドバイスだけではなく
プラスアルファのご提案ができる社労士になるぞ~!

2010年05月28日(金)更新

【明大生との一問百答】仕事のやりがいを感じる瞬間

〈質問〉----------------------------------------------------

 今の仕事をしていて、一番やりがいを感じる瞬間は?
 やりたいことが見つからない学生に助言をお願いします。

       (明治学院大学 関澤奈希紗さん)

----------------------------------------------------------------

仕事のやりがいを感じる瞬間。
それは、お客様に感謝をされたときです。

あ・・月並みな答で、スイマセン。

しかも、手続きなどの業務に対して感謝をされるというより、
「井寄さんと話ができてよかった。なんとかやってみます」
という感じで、私と話すことで、経営者の決断のきっかけを
つかんでいただき、具体的な行動に移してもらうと
さらにうれしさUPです。

自分の存在価値を他人に認めてもらった、
自分は必要とされている、と感じる瞬間が
やりがいを感じるときですね。

私は昨年4月に初めての本を出版させていただきました。
本を読んでくださった、会ったこともない方から
メールで感想をいただき、「もっとこの本に早く会いたかった」と
言っていただいたときも、著者としてやりがいを感じました。

本って自分の知らない人の役に立つことができる
ツールなんだなぁと思って。

何をやればいいのかわからないときは
自分の棚卸しをしてみるといいですよ。

中学生のとき、高校生のとき、今、アルバイト先で
それぞれ自分が人に喜ばれたことを書き出します。

それが自分の得意なことです。
得意なことを行動の中心におけるような仕事が
見つかるといいですね。

2010年05月26日(水)更新

娘の置き手紙

帰宅したらテーブルの上に何やら白い紙が・・
見てみると、それは裏が白いチラシに書かれた
娘から息子(彼女の弟)への手紙でした。

------------------------------------------

●●(弟の名前)へ

おかえり!!
▲▲(娘の名前)は、2時から塾だからいないよ!
ママがお弁当を買ってきてくれてるから
帰ってきたら食べるんやで!!

▲▲(娘の名前)より

--------------------------------------------


今日は娘は中間テストで午前中で帰宅でした。
彼女のお昼ごはんは、私が朝、お弁当を買ってきて
テーブルの上に置いておきました。

息子の分も一緒に置いておいたので、
それを伝えるために弟に手紙を書いたようです。

普段、子どもたち2人で留守番をしていますが
2人の交流の様子はわからなかったので
なんかこの手紙を見て気持ちが温かくなりました。

裏が白紙のチラシに手紙を書くのは
うちの母方の祖母→母→私に受け継がれた伝統です(笑)

そして、「おかえり!」から始まる手紙は
私がいつも子どもたちに書いている手紙の書き出しと同じ。

外で仕事をしていて「おかえり」って言ってあげられないので
子どもたちに置手紙をするときの書き出しは
必ず「おかえり!」なんです。

自由奔放な母で、子どもたちに十分なことをしてあげられないけど
素直な子どもたちに育ってくれてよかったです。

2010年05月25日(火)更新

編集者さんのご縁でお仕事をいただきました!

現在、執筆中の「士業集客術」(仮題)の担当編集者さんである
日本実業出版社の滝 啓輔さんのご縁でお仕事の受注をいただきました。

お客様をご紹介いただいたのはこちらの本の著者さん。
株式会社 空気読み代表 跡部 徹さんです。

「空気読み」企画術
「空気読み」企画術
クチコミを見る


跡部さんの本も、滝さんがご担当されました。
ツイッターで本の告知をお手伝いしているうちに
跡部さんとツイッター上で仲良くなりました。

跡部さんに、お客様をご紹介いただいたのも、ツイッターがきっかけでした。
私が飛び入りで参加をしたツイッターセミナー
(経営者会報ブログの会員でもある森本さん主催のもの)に
今回ご紹介いただいたお客様も参加をされていて
それに気付いた跡部さんが、これもご縁だし、一緒に仕事をしてみれば?
という形でご紹介をいただいたのです。

昨日、跡部さんと念願の初対面を果たし
お客様とも初対面でご契約をいただきました。

人のご縁って不思議です。
そしてご縁を引き寄せるツイッターはすごいです。

滝さん、跡部さん、ありがとうございます!
ツイッターでやや暴走気味ですが、ご迷惑をお掛けしないようにしますので
これからもよろしくおねがいします。

2010年05月23日(日)更新

お薦めの本『インナーパワー』

この本はビジネス書コーナーではなく
スポーツコーナーに置かれていました。

普段なら寄り付かないコーナーですが(笑)
尊敬する編集者さんが作られた本なので
店内検索をして入手しました!

■インナーパワー
湯本 優著 サンマーク出版


インナーパワー
インナーパワー
クチコミを見る


著者は医師免許を持つプロアスリート。
自転車競技でオリンピック候補にもなったことが
ある経歴の持ち主です。

体の持つパワーを最大限発揮させるために
体のことをもっと知りたいと考えたのが
医学を志すきっかけになったそうです。

その結果「正しい姿勢」を意識して
運動をすることによって
身体だけではなく心も強くなっていくとのこと。

私がこの本の中でなるほどな、これは経営者にとって
必要な力だな、と思ったのは、運動をすることによって
「順応力」が身につくというくだりです。

本の中にあるのは、ジョギングをしようと思ったときに
雨が降ってきた場合の事例です。

初心者は「雨だと走るのが嫌だな」と思う人が多いそうですが
走ることで成果を得ている人は

「雨だと休む人もいるので、今日走ると自分は一歩リードできる」
「雨だと涼しいので走りやすい」

と現状を受け入れた上でポジティブな考え方が
できるようになるそうです。

普段から、気持ちの切り替えができるかどうかで
上昇気流に常に乗れるのか、
ずっと負け犬になるのかが決まると思います。

私は今は運動から遠ざかっていますが
学生時代はずっとスポーツをしていましたし
(高校時代は著者と同じくハンドボール部でした)
会社員時代もテニスやスキー、ジム通いは続けていました。

まずはインナーマッスルを鍛えるためと
姿勢をよくするために、事務所の近くの
ヨガスタジオに通おうと思います。

「運動」は、その人の「運」を「動かす」力を
持っているそうです。

何があっても折れない心をつくるために
お客様に元気になっていただく「気」を出すためにも
もっと強い自分になりたいと思いました。

運動している人はもちろん
運動をしていない人にもお薦めの本です!

2010年05月22日(土)更新

本作りはチームプレイ

現在、3冊目の書籍となる『士業集客術』の原稿を書いています。
金曜日は東京で担当の編集者さんと、コンサルティングを受けている
平野友朗さんと原稿ブラッシュアップ会議を行いました。

ダメを出されたところはお二人共通でした。
そしてもっとこんなことを書いてほしい、というところも。

自分ひとりで書いていると、自分の世界に入ってしまい
読者となる人が知りたい情報が見えなくなるときがあります。
自分にとっては当たり前すぎてスルーしてしまうんです。

編集者さんと平野さんから、色々質問を受けることで
自分が持っている答がどんどん外に出てきました。

原稿を書くのは孤独な作業です。
そして不安にもなります。

1冊目と2冊目の本は無我夢中で書くことだけで
せいいっぱいだったのですが
3冊目となると、欲が出てきて色々考えてしまいます。

「1冊目と2冊目の本は増刷になったのに今回売れなかったらどうしよう」

「編集者さんにがんばって企画を通してもらったのに、
顔に泥を塗るようなことになったらどうしよう」

「ホンマにこんな内容でええんやろか」


などなど。

自分の経験を語ることで、独立したばかりで仕事が取れない士業の人の
役に立ちたい、資格はとったものの、どう活かせばいいのか
不安を抱えている人の役に立ちたいという気持ちから企画書を書きました。

この本はたくさんの困っている人を助けることができる本だと信じて
原稿を最後まで書き上げたいと思います。

本って自分の本のようで、自分の本ではないんですよね。
編集者さんと作り上げていくものなんです。

世の中に有益な情報を書籍という形で発信したい
売れる本をつくりたいという目的は著者も編集者さんも同じはず。
1+1=2+∞ となるように、がんばりたいと思います。

2010年05月20日(木)更新

時代はツイッターからフェイスブックに??

先週の土曜日、出版プロデューサーの
土井英司さんの大阪でのセミナーに行ってきました。
土井さんが監修された『Me 2.0』(ダン・ショーベル著:日経BP社)
出版記念講演でした。

Me2.0 ネットであなたも仕事も変わる「自分ブランド術」
Me2.0 ネットであなたも仕事も変わる「自分ブランド術」
クチコミを見る


ツイッターにせよUstreamにせよ、電子書籍にせよ
今後は個人が情報を発信できるようになり
情報が錯綜する中で選ばれる自分になるためには
自分をウェブの中でどう存在させるかを考え行動することが大事というお話でした。

今回の本はアメリカの著者が書いているので日本の事例ではありませんが
日本の事例がよくわかるのが、ジャーナリストの佐々木俊尚さんが書かれた
『ネットがあれば履歴書はいらない』(宝島者新書)がわかりやすかったです。

ネットがあれば履歴書はいらない-ウェブ時代のセルフブランディング術 (宝島社新書)
ネットがあれば履歴書はいらない-ウェブ時代のセルフブランディング術 (宝島社新書)
クチコミを見る



さて講演で土井さんが薦めておられたのが
フェイスブックというSNSサイトです。

『Me 2.0』が出てから、ツイッター上でもフェイスブックを始めたという声が
目立つようになりました。

私はツイッターでもかなり時間を取られているので
参入はためらっていたのですが、
土井さんのセミナーから帰ってすぐに登録してみました。

まだ全然使い方がわからずに何も書いていませんが
mixiに似た感じなのかなぁ。
情報の行き交いはツイッターの感じなのですが
あくまでもお友達同士のコメントの行き交いって感じ??

あ、ブログに書いてますが、ホンマにわかってなくてスイマセン。
また使い方がわかったら書きます。

新しいもん好きの経営者会報ブログのブロガーのみなさんも
ぜひ参入してみてくださいね!

2010年05月18日(火)更新

【明大生との一問百答】子育て女性起業家になるためには

(質問〉----------------------------------------------------

 子持ちで起業した女性経営者の方、
 大学4年22歳子持ちで起業を目指す私にアドバイスをください!

       (明治大学商学部 梅津麗紀さん)

----------------------------------------------------------------


22歳子持ち!素晴らしい!
私が子を産んだのは30歳のときだったので
体力のあるうちに産むことができてうらやましいです。

先に子がいるってことは、事業が軌道に乗ってから
途中で出産で休まなくてもいいので超ラッキーです。

あ、申し遅れました。
社労士の井寄といいます。
現在14歳の娘と10歳の息子の子育てをしながら
大阪で自分の事務所を経営しています。

私の場合は子を産んだのは会社員時代でした。
2人目の子を産んでから資格試験の勉強をして
社労士になって事務所を経営しています。

会社員のときは育児休業もあるし、産休もあるし
休んでいても一定の収入はありますが自営業になると
自分が動かないと稼げないので、マジで起業する前に
産んでおいてよかったって思っています。

しかも梅津さんは、まだまだ若いので、体力もあるしバッチリです!

しかし!ひとつ大きな懸念事項があります。
起業をするというのは、大海原の中で自分の力で舟を漕いでいくということです。
海を航海しているのは、自分の舟だけではなく、他の舟もたくさんひしめきあっています。

自分の舟を前に進めることを考えなければならないのはもちろんですが
そのためには、周りの舟との協調というか、
海を航海するルールを知っておかないとエライ目にあいます。

私は社会の大海原の渡り方を教えてくれるのが会社だと思っています。
うっとおしい上司がいたり、いつまでたっても自分がやりたい仕事を
やらせてもらえなかったり、せっかく取ってきた契約も上司にボロカス言われて
お客様に頭を下げにいく羽目になったり、会社員時代はめっちゃ大変でした。

しかし一方では落ち込んでいる私を励ましてくれたり
ひとりでは思いつかない解決方法を同僚と一緒に考えたり
みんなで大きなプロジェクトを成功させてすごい充実感にひたったこともありました。

今、私が起業していて一番役に立っていることは
会社員時代に怒られた経験です。
会社員時代に本当に困って知恵を絞り出し、
自分の殻を打ち破ってきたので今の私があると思っています。

あ、ひとつ言っておきますが
学生時代のアルバイトでの社会経験と
ホンマの社会人は全然別物です。

会社も採用したからにはホンキで教育してきます。
なんてったってビジネスなんで。
そこに学びがあるのです。

もしアルバイトで社会経験を積んだと思っているのでしたら
それはちょっと違うで、とだけ言っておきます。

梅津さんはまだ若いので、これから先、めっちゃ長いし
もし可能であれば一旦会社員になることをお勧めします。

子のことは保育所があれば大丈夫。
彼等は子育てのプロなので。

自分の両親、旦那さんの両親など
使える人はすべて使って乗り切ってください。

先に子がいることはめっちゃアドバンテージです。
子がいると励みにもなりますし、子に格好悪いところを
見せたくないですもんね。

ちゃんとした答えになっているかどうかわかりませんが
私の答えは以上です。ご参考になれば幸いです。

次へ»

20141009bnr.jpg

会社概要

人事労務に関するコンサルタント業/セミナー運営/社会保険労務士業

詳細へ

個人プロフィール

詳細へ

<<  2010年5月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメント一覧

最新トラックバック

  • ルイヴィトン 店舗 from ルイヴィトン 店舗
    【明大生との一問百答】上司からアドバイスを引き出す方法 - 井寄事務所 代表 井寄奈美
  • 井寄奈美「著者デビュー5周年」に出席 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    特定社会保険労務士で経営者会報ブログの会員でe製造業の会の会員でもある井寄奈美氏が2009年に「小さな会社の<トクする>人の雇い方・給料の払い方」を出版してから4年間で6冊の本を執筆しています。 そこで著者デビュー5周年の感謝祭を開くということで招待されましたが、たまたま我社の年2回しかない土曜日出勤日に当たり第1部のトークイベントには出席ができず夕方からのパーティにだけ参加させていただきま
  • 僕らの味方 キューティーバニー from 男の魂と誇りを込めて・・・世界が震撼する日本の鞄 國鞄 社長 庄山 悟 の日記
  • 新刊書『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    いつもお世話になっている特定社会保険労務士の井寄奈美さんが、6冊目の本『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』を㈱中経出版より出版しました。 その新刊書を10月30日発売なのに早々と送ってくださいました。 井寄さんの出している本は全て労働基準法や社員になどに対する対処など中小経営者の悩んでいることなどを解りやすく解説している本で経営者にお薦めの本です。 今回は権利のみを主張して労務の
  • 大阪府中小企業労働環境好事例集作成で井寄奈美氏の取材を受けます。 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    大阪商工労働部から推薦され大阪府総合労働事務所のヒアリングを受け中小企業労働環境向上好事例選定委員会において、三元ラセン管工業㈱においては、文句のつけようがないという意見も出るなど高評価を頂き好事例企業50社の中の1社に選定されました。 その選定された会社に今度は社会保険労務士や中小企業診断士が訪問し取材を行い事例集を作成するそうです。 訪問される社会保険労務士や中小企業診断士さんはこちら