大きくする 標準 小さくする
次ページ

2010年11月28日(日)更新

それでもなお

『そうか、君は課長になったのか』に続き
『働く君に贈る25の言葉』(佐々木常夫著:WAVE出版)を読んでいます。

働く君に贈る25の言葉
働く君に贈る25の言葉
クチコミを見る


まだ最後まで読んでいないのですが、
途中でグっとくる言葉に出会いました。

「それでもなお」という言葉です。

佐々木さんはこちらの本からの引用で使われています。

それでもなお、人を愛しなさい―人生の意味を見つけるための逆説の10カ条
それでもなお、人を愛しなさい―人生の意味を見つけるための逆説の10カ条
クチコミを見る


今、ブログにもツイッターにも書けないつらいことを抱えています。
「それでもなお」という言葉で前に進む勇気をもらいました。

自分で仕事をするということは、進むべき方向もすべて自分で
決めることができるけれども、いつも自分の思うとおりに行くわけではない。
進めば進むほど孤独という気がしてきて。。。

・成功すれば、嘘の友達と本物の敵を得ることになる。
それでもなお、成功をしなさい。

・何年もかけて築いたものが一夜にして崩れ去るかもしれない。
それでもなお、築き上げなさい。


今の私は、今までの仕事のやり方であれば、もう限界まで来ていると思います。
次のステップに進むために神様が与えてくださった試練だと思い
がんばって乗り切りたいと思います。

2010年11月27日(土)更新

社労士会の忘年会に行って来ました

昨日は社労士会の忘年会に行って来ました。
自宅から現在の淀屋橋の事務所に移転したのが3年前。
現在の中央支部になってからほとんど支部行事には参加したことがありません。
(経営者会報ブログに支部での行事を書くのはこれが初めてでは?)

社労士会には地域ごとに支部があります。
自宅の事務所のときは、開業当時から支部活動には積極的に参加をし
支部の幹事も務めていました。

しかし!『稼げる社労士の集客術』に書いたように
同業者の集まりに参加をしていても、時間を取られるばかりで
それよりもお客様のために時間を使おう、ということを決めて
支部活動は私の中で事業仕分けの対象となってしまいました。

ですので今の中央支部になってからは
ほとんど行事に参加することはありませんでした。

このたび、支部が再編成になるということで、
「現在の中央支部での忘年会は今年で最後!」というコピーに心動かされて
同じ支部の知り合いの社労士さんに声をかけて参加の運びとなりました。

支部長が私のことを見つけてすごく喜んでくださいました。
「本、読んだよ。確かに支部の活動してても稼がれへんわな」と
笑いながら言われてしまいましたが・・・(笑)

忘年会に参加するのは初めてだったので、みなさんの前で
自己紹介を(今さら!)させていただく機会をいただきました。
いつも本はカバンに入れているので、すかさず宣伝!
「ぜひみなさんで応援してください!」とお願いしたところ
たくさんの方に名刺交換を求められ、「買いますね!」と
おっしゃっていただきました。

あー本を持ち込んでワゴン販売すればよかった!
30冊は売れたと思います(笑)

ひとつ感じたこと。
自分が属している組織の人たちは、「味方」だってことです。
「がんばってるんやし、みんなで応援してあげよう」っていう空気を
すごく感じました。

支部活動を全くしないで、行事にも参加しないで、申し訳ないのですが
みなさんの気持ちがとってもありがたかったです。

社労士になった頃に一緒に勉強会をしていた方と5年ぶりくらいに再会したり、
4年前の特定社労士の研修のときに同じグループだった方と再会したり、
あっという間の2時間で、自分のホームグランドに帰ってきたような感じで
参加してすごくよかったです。

2010年11月24日(水)更新

【明大生との一問百答】起業当初に大変だったこと

〈質問〉----------------------------------------------------

 起業した(経営者になった)当初、大変だったこと、
 苦労したことはありますか?

       (明治大学商学部 稲田左右吉さん)

----------------------------------------------------------------

私が社会保険労務士として独立開業したのは
平成18年4月のことでした。
経営者会報ブロガーの中では一番新米経営者で
かつ一番小さなビジネスをしていると思います。
ご参考になるかどうかわかりませんがお伝えしますね。

ま・・詳しくはこちらをお読みいただければ
月商5万円から今までの経緯をわかっていただけると思います。

全国書店にて絶賛発売中!

「営業ゼロ」でも年商2000万 稼げる社労士の集客術
「営業ゼロ」でも年商2000万 稼げる社労士の集客術
クチコミを見る


ま、それはさておき、開業当初、一番困ったのは、
「仕事がないこと」ですかね。
勤務をしていたときは、「仕事がない」という状態は
全くありませんでした。
どちらかというとずっと追われている感じで、
「仕事=やってもやっても終わらない」というイメージだったのですが
自分で開業するって、「仕事自体を自分で取ってこなければならない」って
ことに気付いたときは、結構大きな衝撃を受けました。

例えはあまりよくないかもしれませんが
多分、動物園で育った動物がいきなり野生に戻されたときって
同じような衝撃を受けるんじゃないかなぁ。
「餌は自分でとってこないとないんやで」みたいな・・(笑)

仕事がないということは、社会とのつながりも断絶されるということです。
「仕事がなければ外に出て営業に行けばいいやん」って感じなんですが
移動にお金がかかる、ということに気付いたときも衝撃でした。

会社員のときは、移動経費は旅費精算で会社からもらえたので。
もちろん通勤定期もないですし(開業当初は自宅を事務所にしていました)
移動のたびにお金が減っていきました。

またクリップやコピー用紙などの備品も「自分で買わなければない」のです。

さらに!会社にいたときは当たり前に入ってきた「情報」も
自分で取りに行かなければ入手できなくなりました。
会社だとお客様と話したり、同僚や上司と普通に情報交換ができますが
仕事もない、仕事のパートナーもない、出て行くにもお金がない、となると
情報難民にもなってしまうのです。

しかし!収入がこれだけしかないからこれだけしか動けない、というのは
実はサラリーマンの考え方なんですよね。
経営者であれば、「投資」のマインドが必要です。

これだけ稼ぐための準備として、先にこれだけお金を使うと決めて
先に投資をすることが大事かと。
(但しお金は大事なので慎重に!が鉄則です。お金も貯めておく必要があります)

私の場合は、本にも書きましたが、ホームページをお金をかけて整備をして
「紹介」を得やすくする仕組みをつくったり、自分の専門力を高めるために
高額セミナーにも通い、知識とワンランク上の人脈をゲットしたりしました。

自分で仕事を始めるということは、自分で自転車を漕がないと
前に進まないんですよね。
しかも自転車の空気を入れたり、ブレーキの調整をしたり
オイルを注したり、すべて自分で判断してやらなければなりません。
でもどこに向かって漕ぐのか、いつまでに目的地に着きたいのかなどを
前を向いて漕いでいたら、応援してくれる人も出てきますし
なんとかなるものです。

自転車も漕ぎ出す最初が重いですよね。
簡単には動かないけどやってみてください。

お金と人脈、あと自分の心を荒らさないこと、自分を元気づけるのは
自分しかありません。がんばって!

2010年11月24日(水)更新

経営者にもお薦め!『そうか、君は課長になったのか。』

そうか、君は課長になったのか。
そうか、君は課長になったのか。
クチコミを見る


『そうか、君は課長になったのか。』(佐々木常夫著:WAVE出版)を読みました。
実はずっと机の上の積読チームに入っていました。

本屋さんでもよく見かけるし、「売れている本」という認識はありましたが、
「課長」というキーワードに私は心を動かされなかったし、
大企業に働く初級管理職向けの本だと思っていました。

でも読んでみて、私のような小さな組織の経営者、
そして、視点を変えて、部下に権限委譲をしようとしている
中小企業の経営者にぜひ読んでもらいたい本だと感じました。

実は私は、会社で管理職になった経験がありません。
しかし、今は人を雇っています。
当初はアシスタントという位置づけで雇入れていましたが
来年に向けて組織の拡大も考えています。

そのときに自分がやらなければならないことの答えが
この本にありました。

現場の仕事(具体的業務)を卒業してマネジメントを行う

ということです。

この本のシチュエーションと私との大きな違いは
「課長」は自分のお金で仕事をしているわけではなく
私は自分のお金で仕事をしているということです。

また、うちの組織は、大きなものではないし、
最終責任を自分が取らなければならない、と
いうところは違いますが、小さな組織のリーダーとして
やらなければならないことは非常に参考になりました。

○「こんなことは言わなくてもわかるだろう」と思って
細かい指図をしなかった結果、職員さんに伝わらなかったことが
何度もあります。


○他人に教えてやるよりも、自分でやるほうが早い、ということで
自分だけが夜中も休日も仕事をして、経営者だから仕方がない、
なんて思っていましたが、それが果たしてお客様に対して
迅速なサービスが提供できているのかというとそうではない。


○プレーヤーとしての自分の先にマネジメントができる自分がいるのではなく
マネジメントは別の仕事だという認識が必要である。


今、私のお客様の会社でも、社員自身が考えて動くことができる
組織をつくろうとされている会社が多くあります。

社員数が20名までの会社であれば、ほぼ社長のトップダウンで
課長も部長もありません。
しかしそれでは社員がいつまでも自分で考えて動くことができないので
あえて組織図をつくって権限委譲をしていこう、という取り組みをされています。

小さな会社の経営者は二代目さんが多くて
ご自身は中間管理職の経験がない方もたくさんおられます。
そういった経営者から、組織つくりのときに小さな組織のリーダーとなる人へ
その心構えとしてこの本を渡してもらいたいと思います。

社内の政治力の話であるとか、大企業独特のルールも含まれていますが
大企業だけではなく、中小企業の組織つくりの際や
私のように、いきなり人を使う立場になった初級経営者にもお薦めです。

2010年11月23日(火)更新

明治大学での特別講演、楽しかった!

先週、明治大学でゲスト講師としてお話をさせていただく
機会をいただきました。
久米信行さんが担当されている『ブログ起業論』の中で
お時間をいただいたのです。

「いよりん、学生の前でしゃべってみる?」って
久米さんに言われたのは、夏の日のことでした。
「うわーい!しゃべりたい!!」って即答したものの
私が学生さんに伝えられることって何だろう、ってずっと考えていました。

久米さんの授業では私の前にもゲスト講師が何名か
招かれていましたが、いずれもご活躍されている
「ちゃんとした大人」風の人ばかり。
私に何ができるのかな・・・

考えた結果、自分の体験を話すしかないって決めました。
ちょうど学生さんたちは私の半分の年齢です。
彼らの倍も生きていて、しかも彼らがまだ未経験の社会人ゾーンの
話をさせてもらうことにしました。

大人が子どもにできることって、子どもに大して
「ああしなさい、こうしなさい、こんなんしたらアカン」と
命じることではなく、自分自身が楽しく生きて
子どもに「大人になるってこんなに楽しいことなんや。
自分も大人になりたい」って前向いて自分の足で進むのを
支援することだと思うんです。

大学生は「子ども」ではありませんが、昨今の就職難とか見てると
「不安」を抱えて生きてるんじゃないかなぁって思って
講演のタイトルも「なんとかする!技術!」としました。
もちろん久米さんの『すぐやる!技術!』シリーズの
4作目を狙ってのことです(笑)

そして自分自身、失敗したことや
つらかったことから学ぶことが多かったので
「6つの挫折」から学んだことをお伝えしました。

バブル時代に社会人になった私たち「超脳天気世代」の話がどこまで
学生のみなさんに響いたのかはわかりませんが
普段、経営者会報ブログでやりとりをしている学生さんたちが
前の方の席に陣取ってくださり、すごく話しやすかったです。

経営者会報ブログからも山田さんが応援にきてくださり
ツイッターのお友達も応援に来てくださいました。

終わってすごい充実感。
講義の後に学生さんたちと一緒に行った
カレーショップでのビールなしでのウダウダ話も
とっても楽しかったです。

明治大学の学生さん、ありがとうございました!
そしてこんな機会をいただいた久米信行さん、ありがとうございました!
あー楽しかった!

■学生のみなさんがブログに書いてくださっています!
*井寄さんの講義を聞いて

井寄奈美先生の特別講演会

*井寄奈美さんご講演


社労士 井寄奈美さんの御講演


◎最後に事前の一問百答にもお答えいただきありがとうございました!
あまりに回答がギリギリで(笑)当日盛り込めなかった分も多くあり
すいませんでした。
経営者会報ブログの事務局の田中さんも含め、みなさんのご協力感謝です!

2010年11月23日(火)更新

J-SaaS 普及促進のための意見交換会

先週、東京で開催された久しぶりのテストマーケティング研究所に
参加をしてきました。

*当日の参加者の面々はこちらのブログから

お題はJ-SaaSという中小企業向けのクラウドサービスの
普及促進についての意見交換会でした。

J-SaaS事業を経済産業省より引き継がれた富士通さんの
面々がお越しになっていました。

経営者ブログチームの参加者は久米さん、山田さん以外は関西勢。
しょっぱなに私が「クラウド利用の方が安いって言いはりましたけど
月額の費用を比べたら安いことないですやん」って言ったのを
皮切りにいつもの、本音トーク炸裂の会となりました。

そもそも中小企業のIT利用促進が目的であれば
いきなりクラウドサービスの利用っていうのも敷居が高い??
ほとんど家族経営であれば、「帳面」でいいのでは?

もしクラウドサービスを利用するとすれば
従業員数20名を超えるような会社で
今、すでにパソコンを使って諸々のデータ管理をしているが
そのバックアップであるとか万が一のときの復旧が不安、
たくさん使っているサービスを一元で管理したいと考えている企業が
対象なのでは・・・

などなど、そもそも普及促進をしていく
「中小企業」の具体的像がまず見えていなくて
訴求も、しそこねているという印象を受けました。

中小企業といっても、町の八百屋さんから
経営者会報ブログのブロガーさんのように
積極的にITを駆使して業績を伸ばされている企業もあります。

まずはどこから攻めるか。
それが見えていないとWEBで利点と
使えるサービスを並べてみても
なかなか普及促進には程遠いのかなぁって感じました。

2010年11月16日(火)更新

【必見】12月6日、忘年会します!

みなさん、忘年会の予定が続々と決まっていると思います。
お忙しいとは存じますが、いよりんとの忘年会にも
ぜひぜひご参加ください!

12月6日(月)新大阪で久米信行さんをお迎えし
講演会+忘年会を開催いたしまーす!

「そんなん、いよりさん、聞いてないで」とか
思わないでくださいね!
ホンマやったら経営者会報ブロガーのみなさんには
個別メッセージでご案内すべきでしょう。

今、例の講演ラッシュと4冊目の本の執筆、さらに諸々事情で
細かい対応ができずにホンマにスイマセン!

今回、久米さんにはあの独特の視点で
2011年の展望を語っていただきます!

その後はフグ!で久米さんにも大阪を満喫していただく
予定です!

ぜひぜひご一緒してください!

*e製造業のメンバーさん、経営者会報ブログのメンバーさん以外でも
ご自由に参加できます。

関西の元気な中小企業の経営者が集まる会です。
よろしければご一緒に!

但し、営業やネットワークビジネス・各種宗教の勧誘などの
目的での参加はご遠慮ください。

詳細です。村上肇さん率いるe製造業の会さんが主催です!

e製造業の会12月セミナー&忘年会!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ☆ 2011年、日本製造業が元気になる7つの理由!
       ~久米繊維工業株式会社 代表取締役社長 久米 信行さん~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【セミナー開催日時・場所・定員】

 ◎日時:2010年12月06日(月)16時30分~18時00分(受付開始:16時)
 ◎場所:大阪市立青少年文化創造ステーション 5F 講義室505
  (愛称:KOKO PLAZA ココプラザ)

  〒533-0033大阪市東淀川区東中島1-13-13
  TEL.06-6370-5421
    ※JR新大阪駅、東口(南側)階段を降りて南東へ、徒歩約5分
 
 ◎定員:40名

【主催・協力】

 ■主催:e製造業の会(株式会社創)  
 ■協力:井寄事務所 
-----------------------------------------------------------------
【セミナースケジュール】

 ◎久米信行さん講演会:16時30分~18時00分
 
  大阪市立青少年文化創造ステーション 5F 講義室505
  (愛称:KOKO PLAZA ココプラザ)

-----------------------------------------------------------------
【忘年会・時間場所】

 ◎忘年会(ふぐコース(^^)):18時30分~20時30分

 四季自然喰処「たちばな」新大阪本店  
  〒532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原3-4-30 ニッセイ新大阪ビル2F
  06-6395-6075

-----------------------------------------------------------------

【セミナー参加費用】

■一般:4200円(税込)

■e製造業の会会員:2100円(税込)


【忘年会費用】

■一律:7500円(税込)

--------------------------------------------------------------------
 ※詳細お申込みはこちら
--------------------------------------------------------------------

2010年11月15日(月)更新

いざというときの旦那様

うちの主人は勤め人です。
仕事のことを主人に相談することは滅多にありません。

東京に3泊4日で出張に行くときも
家族の予定を書き込むカレンダーを見て
主人の予定が入っていないことを確認し
ビヤーっと線を引いて、「東京出張」と書き入れ
「●日から▲日まで出張やから」と事後報告。
「え、、、子どもたちの学校どないすんの?」と主人に聞かれ
「ええやん、有休あまってるんやろ」と有休の強制消化をせまる嫁。
社労士とは思えない(笑)

しかし!事務所の運営で決断をしなければならないときは
主人に相談をしています。

「儲けること」とか「経営のこと」は、主人は興味がないのですが
「人としてどうやねん」とか「私がちゃんとそれでやっていけるのか」と
いう視点で意見をくれます。

主人としては嫁が機嫌よく仕事をしてくれていたら
それでいい訳で、お金を家に入れているわけでもないので
お金儲けよりも、人として筋を通して仕事をしているのかどうかを
一番に見てくれているようです。

そのあたり根っこの価値観が共通なのと
絶対に主人は私のことを見捨てない
家族はいつも自分の味方だというところが
非常に心強いのです。

顧問先のお客様のところでも社長の奥さんが
事務をされている会社が多くありますが
根っこの価値観が同じと、絶対的な味方であるというのは
本当に心強いだろうなぁと思います。

私は、主人のために何もできていないけれども
私だけではなく、子どもとネコも含め
家族全体を守ってくれている主人に感謝です。

諸々事件発生で12月は正念場になりそうですが
がんばります!

2010年11月14日(日)更新

『経営のやってはいけない!』

経営のやってはいけない!~残念な会社にしないための95項目~
経営のやってはいけない!~残念な会社にしないための95項目~
クチコミを見る


『経営のやってはいけない!~残念な会社にしないための95項目』
こちらは仙台の税理士さんが書かれた本です。

山一證券からベンチャー企業に転職をされた後に
税理士資格を取って独立された経歴の持ち主。
士業になる前に社会人経験があるってスゴイ大事なことなんです!

士業ってあんまり頭を下げない商売なので
社会人のときに、営業とかやって、上司にもお客様にも叱られ
ボロクソ言われた経験がある人って、色々な方面から
広い視野で物事を考えることができると思います。
何よりも会社ってどんなところか、社員の立場で経験をしていることは
大きいです。

私も士業の端くれですが、士業の人が書く本って
自分の専門分野ありきのものが目立ちます。
経営のことを書いていても、結局は税務(もしくは労務)のことやったんか・・的な感じ?
それは視野が狭い証拠だと思いませんか?

しかしこの本は、違います。
あくまでも経営者が知りたいこと、の視点で書かれています。

これから事業を立ち上げようとする起業家のみなさんはもちろん、
中小企業の経営者で、色々セミナーを受けたり、相談はしてみるものの
もひとつ、こんな具合でいいんやろか、と悩んでいるみなさんにお薦めです。

私も経営者の端くれとして、心に刺さったことがいくつかありました。

・共同経営は最悪の選択   
 →私もベンチャー企業からの離脱組なんです。実は。
  そのときにこの本を読んでたら色々傷つくこともなかったのに。。

・自分の会社を潰す方法を考えろ  
 →潰す方法を考えることで、そうならないための方法が思い浮かぶ!

・オシャレなオフィスは無駄  
 →危うく家賃が倍のオシャレなオフィスに移転するところでした(汗)

・借金は未来の利益の取り崩し  
 →クレジットカードでモノを買うのは控えよう・・

などなど残念な会社にならないための95項目が上げられています。
一つの項目が見開き2ページでまとめられているので
サクサクと頭に入ってきます。

正直、私自身はお客様との話のネタに使わせていただこう、って思ったので
中小企業の経営者と話をする機会が多い士業・コンサルの人にもお薦めです!

本日11月15日(月)0時から23時59分まで
アマゾンキャンペーンをなさっています。

こちらのリンクで詳細をご確認ください。
ご興味のある方はぜひぜひ!

2010年11月11日(木)更新

11月12月としゃべりまくりです。

本を書いて一番変わったことは
講師を頼まれる回数が激増したことです。

11月12月はしゃべりまくります。
一般参加できるものもありますので
ご予定あえばぜひ応援に来てくださいませ!

11月15日(月)13時~ 大阪商工会議所主催
『”人材”トラブルを防ぐための労務対策講座』
*久しぶりのお仕事ネタです。
時間をかけて渾身の力をこめてレジュメ・資料作成しました。
私の今の社労士力のすべてをかけてお話します!


11月18日(木)16時20分~ 明治大学にてゲスト講師
*久米信行さんのブログ起業論でゲスト講師として
スピーカーをさせていただきます。
経営者会報ブログでやりとりのある学生さんと
リアルで会えるのが超楽しみです!

11月20日(土)
FP勉強会にて『人が集まる仕組み作り』
*『稼げる社労士の集客術』の中から特に人脈つくりと情報発信にしぼって
お話をさせていただく予定です。
(メンバーのみ)


11月25日(木)
開催600回を超える経営者の朝食会のスピーカーとして
お話をさせていただきます!
『ツイッター・ブログ・メルマガを活用した情報発信術』
*顧問先の社長が担当だったのですが、急遽海外出張になったため
ピンチヒッターで登場することに。
古い歴史のある会でスピーカーをさせていただくご縁に感謝です。
(メンバーのみ)


12月14日(火)17時半~
滋賀ダイハツ販売 オーナー会社である
ゴトウ経営さん主催の大阪輝き塾にて
『人が集まる仕組み作り』で講演させていただきます。
*『稼げる社労士の集客術』の内容から人脈つくりと情報発信に
しぼってお話をさせていただきます!

1月2月も既に4回講演が決まっております。
がんばりまーす。

次へ»

20141009bnr.jpg

会社概要

人事労務に関するコンサルタント業/セミナー運営/社会保険労務士業

詳細へ

個人プロフィール

詳細へ

<<  2010年11月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

コメント一覧

最新トラックバック

  • ルイヴィトン 店舗 from ルイヴィトン 店舗
    【明大生との一問百答】上司からアドバイスを引き出す方法 - 井寄事務所 代表 井寄奈美
  • 井寄奈美「著者デビュー5周年」に出席 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    特定社会保険労務士で経営者会報ブログの会員でe製造業の会の会員でもある井寄奈美氏が2009年に「小さな会社の<トクする>人の雇い方・給料の払い方」を出版してから4年間で6冊の本を執筆しています。 そこで著者デビュー5周年の感謝祭を開くということで招待されましたが、たまたま我社の年2回しかない土曜日出勤日に当たり第1部のトークイベントには出席ができず夕方からのパーティにだけ参加させていただきま
  • 僕らの味方 キューティーバニー from 男の魂と誇りを込めて・・・世界が震撼する日本の鞄 國鞄 社長 庄山 悟 の日記
  • 新刊書『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    いつもお世話になっている特定社会保険労務士の井寄奈美さんが、6冊目の本『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』を㈱中経出版より出版しました。 その新刊書を10月30日発売なのに早々と送ってくださいました。 井寄さんの出している本は全て労働基準法や社員になどに対する対処など中小経営者の悩んでいることなどを解りやすく解説している本で経営者にお薦めの本です。 今回は権利のみを主張して労務の
  • 大阪府中小企業労働環境好事例集作成で井寄奈美氏の取材を受けます。 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    大阪商工労働部から推薦され大阪府総合労働事務所のヒアリングを受け中小企業労働環境向上好事例選定委員会において、三元ラセン管工業㈱においては、文句のつけようがないという意見も出るなど高評価を頂き好事例企業50社の中の1社に選定されました。 その選定された会社に今度は社会保険労務士や中小企業診断士が訪問し取材を行い事例集を作成するそうです。 訪問される社会保険労務士や中小企業診断士さんはこちら