大きくする 標準 小さくする
前ページ 次ページ

2010年08月29日(日)更新

大阪出版記念パーティ★感謝の言葉

大阪の出版記念パーティにご参加いただきましたみなさんへ

昨日は暑い中、出版記念講演およびパーティにご参加をいただき
ありがとうございました。

最後にきちんとご挨拶をしたかったのですが
壇上でみなさんのひとりひとりのお顔を拝見していると
感極まってしまい、言葉を続けることができず
本当に失礼致しました。

講演のテーマは『他力本願でいこう♪』でしたが
今回の本を書いていて、つくづく周りの人に
助けられている自分を感じました。

ご紹介だけで仕事ができているのも
私の人間力が高いらでも情報発信力が優れているからでもなく
周りのみなさんのご好意に支えられているんですよね。

昨日のパーティも参加者の方のお言葉で
「このパーティにいる人はみんな明るい顔をしている」という
お言葉をいただきました。

場は、主催者が作り上げるものではなく
参加者のみなさんがつくりあげるもの。
参加者のみなさん、そして私を支えてくれた
スタッフのみなさんのおかげで一生の思い出となる
パーティになりました。

この場をお借りして、みなさんに御礼を申し上げます。
あと、その場にはお越しいただけなかったけれども
メッセージやお花をいただいたみなさま
ありがとうございました。

私もみなさんのことを支えられるように
今後も精進致しますので引き続きよろしくお願い申し上げます。

2010年07月21日(水)更新

社労士か占い師か!

昨年12月に『トラブルにならない社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方』を出版してから、
従業員数200名以上の企業からの「相談顧問」のご依頼が増えました。

「相談顧問」というのは、従業員の入退社の手続き業務などは
すべて社内のスタッフで処理をされるので
イレギュラーな従業員への対応方法であるとか
雇用契約書や各種規定のチェックなどをさせていただくというご契約です。

法律の知識がより必要になるので
難しい案件の場合は、弁護士さんに相談をしたりしながら
対応をさせていただいております。

以前は杓子定規に判例がどうとか、法律の解釈がこうとか
固く固く考えていました。

しかし、最近は「ちょっとそれはおかしいでしょ」という
自分の直感というか、「人としてどうやねん」という視点で
会社側が出した方針に対してGOもしくはSTOPを
かけるようにしています。

というのは、今までたくさんのトラブルに対応をしてきて
原因が小さなことでもウダウダ長引いてもめるのは
法律の判断で言えばギリギリかもしれへんけど
それはないでしょ、というような道を会社側が選択したときなんですよね。

従業員さんのすべてがすべて法律の知識があるわけではなく
どちらかというと、「うん??なんかこれっておかしいよね」って
感じてからインターネットで調べたり、監督署に行ったりするわけで。

我々は占い師ではないので、きちんとした法律の知識を持っておくことは
もちろんですが、それだけでは解決に向かわないということも
認識した上で、会社がトラブルに巻き込まれないこと、
前向きに仕事をしていける環境を守ることを第一に、
これからも「人として正しいかどうか」判断できるように
自分の感覚を磨いていきたいと思います。

2010年06月22日(火)更新

職場のハラスメント防止研修

一昨年、治部電機さんの大阪市きらめき賞応募の
お手伝いをさせていただいたことで、大阪市女性協会とご縁ができ
企業研修の講師の依頼が来るようになりました。

今週末は「ハラスメントのない職場にするために」という
テーマで講師をさせていただきます。

昨年末にセクハラ研修をやったのでセクハラについては
仕入れはバッチリだったのですが、パワハラは、今回の研修のために
かなり勉強をしました。

近年、度を過ぎた指導で精神疾患になり、最悪の場合は自殺。
労災認定を争った後に、会社に対して安全配慮義務違反による
損害賠償請求というパターンが増えています。

精神疾患が労災であるかどうかの判断基準にも、
「ひどいいじめや暴行を受けた」
「達成不可能なノルマが課せられた」
などの項目が平成21年4月に新たに加えられてます。

部下への対応は要注意です。
以下のチェックリストをご参考になさってください。
ちなみに私は資料を作成しながら、ドキっとすること多数でした(汗)

-----------------------------------------------------------
■あなたの「パワハラ加害度」チェック

1.出来の悪い部下ばかりを割り当てられている気がする
2.目障りに感じる部下がいる
3.部下の仕事の内容を把握していないことがある
4.部下によく説教をする
5.部下を叱るとき、人前かどうかは気にしない
6.部下の人間性まで攻撃することがある
7.部下は自分の顔色を見て行動する
8.自分に異を唱える者はいない
9.病気がち、休みがちな部下が多い
10.何人か一緒に辞めた部下がいる

------------------------------------------------------------


仕事なので「指導・教育」は必要です。
が、感情的にならないこと。
繰り返し、執拗に行わないこと。
何よりも愛情を持って相手の人間性を尊重して接することです。

いつでも何でも話せる風通しのいい職場つくりが大事ですね。

2010年05月29日(土)更新

【今週のお題】異業種でコラボするコツ

異業種でコラボするコツ。
現在すでにやっていることと
これからやろうと思っていることを
書きたいと思います。

【すでにやっていること】
「異業種」かどうかビミョーですが
税理士さんや弁護士さん、司法書士さんなどの
他の専門職とコラボで仕事をする機会が多くあります。

例えば、弁護士さんにはこじれた労務問題の処理をお願いし
弁護士さんからは、紛争解決後の地ならし(就業規則の整備など)を
依頼されることが多いです。

税理士さんや、司法書士さんとコラボで仕事をするときは
事業再編などで、複数の専門家が必要なときにチームを組んで
仕事をします。

チームで仕事をするときに気をつけていることは
専門家同士で話す機会を多く持ち、お客様に対しては
みんなで1枚板となって対応すること。

他の専門家の分野に口を出さないことや
決して自分だけいい子になろうとしないこと。
他の専門家を立てることを心がけています。

そして時には、お客様の視点で、素人の質問を
他の専門家に投げかけることもあります。

チームで仕事をすることで、自分の専門外の
仕事も見ることができますし、他の士業の仕事の進め方なども
すごく勉強になります。

【これからやろうとしていること】
現在3冊目の本となる「士業集客術」の本を書いています。
こちらは私のような専門職で独立を考えている人向けの内容です。

本が出版された後に、若葉マークの士業の人向けに
勉強会を開催したいと考えています。

本に詳しく書いていますが、我々士業も専門知識だけでは
食べてはいけない時代になっています。

専門知識を磨くのはもちろんのこと
情報発信をしたり、人脈をつくったり
仕事の効率化を考えたりしなければなりません。

例えば、ネットでの情報発信の仕方や
ツイッター、ブログの連動方法など
その道の専門家に相談するのが一番の近道だと思っています。

そして自分がいいと思ったことはお客様にも提案することができます。
異業種の専門家とコラボで仕事をすることができるのです。

ネットでの情報発信の方法や情報管理の方法をコンサルできる
専門家に講師をお願いし、
若手の士業と、その周辺業務を行う専門家との
出会いの場を提供したいと思っています。

異業種とのコラボのコツは、相手を常に立てて
自分だけトクをしようとか思わないこと。それにつきます。

自分の幅を広げるチャンスなので、これからも積極的に
異業種の方と交流を持ちコラボしていきたいと思います。

2010年05月28日(金)更新

【明大生との一問百答】仕事のやりがいを感じる瞬間

〈質問〉----------------------------------------------------

 今の仕事をしていて、一番やりがいを感じる瞬間は?
 やりたいことが見つからない学生に助言をお願いします。

       (明治学院大学 関澤奈希紗さん)

----------------------------------------------------------------

仕事のやりがいを感じる瞬間。
それは、お客様に感謝をされたときです。

あ・・月並みな答で、スイマセン。

しかも、手続きなどの業務に対して感謝をされるというより、
「井寄さんと話ができてよかった。なんとかやってみます」
という感じで、私と話すことで、経営者の決断のきっかけを
つかんでいただき、具体的な行動に移してもらうと
さらにうれしさUPです。

自分の存在価値を他人に認めてもらった、
自分は必要とされている、と感じる瞬間が
やりがいを感じるときですね。

私は昨年4月に初めての本を出版させていただきました。
本を読んでくださった、会ったこともない方から
メールで感想をいただき、「もっとこの本に早く会いたかった」と
言っていただいたときも、著者としてやりがいを感じました。

本って自分の知らない人の役に立つことができる
ツールなんだなぁと思って。

何をやればいいのかわからないときは
自分の棚卸しをしてみるといいですよ。

中学生のとき、高校生のとき、今、アルバイト先で
それぞれ自分が人に喜ばれたことを書き出します。

それが自分の得意なことです。
得意なことを行動の中心におけるような仕事が
見つかるといいですね。

2010年05月18日(火)更新

【明大生との一問百答】子育て女性起業家になるためには

(質問〉----------------------------------------------------

 子持ちで起業した女性経営者の方、
 大学4年22歳子持ちで起業を目指す私にアドバイスをください!

       (明治大学商学部 梅津麗紀さん)

----------------------------------------------------------------


22歳子持ち!素晴らしい!
私が子を産んだのは30歳のときだったので
体力のあるうちに産むことができてうらやましいです。

先に子がいるってことは、事業が軌道に乗ってから
途中で出産で休まなくてもいいので超ラッキーです。

あ、申し遅れました。
社労士の井寄といいます。
現在14歳の娘と10歳の息子の子育てをしながら
大阪で自分の事務所を経営しています。

私の場合は子を産んだのは会社員時代でした。
2人目の子を産んでから資格試験の勉強をして
社労士になって事務所を経営しています。

会社員のときは育児休業もあるし、産休もあるし
休んでいても一定の収入はありますが自営業になると
自分が動かないと稼げないので、マジで起業する前に
産んでおいてよかったって思っています。

しかも梅津さんは、まだまだ若いので、体力もあるしバッチリです!

しかし!ひとつ大きな懸念事項があります。
起業をするというのは、大海原の中で自分の力で舟を漕いでいくということです。
海を航海しているのは、自分の舟だけではなく、他の舟もたくさんひしめきあっています。

自分の舟を前に進めることを考えなければならないのはもちろんですが
そのためには、周りの舟との協調というか、
海を航海するルールを知っておかないとエライ目にあいます。

私は社会の大海原の渡り方を教えてくれるのが会社だと思っています。
うっとおしい上司がいたり、いつまでたっても自分がやりたい仕事を
やらせてもらえなかったり、せっかく取ってきた契約も上司にボロカス言われて
お客様に頭を下げにいく羽目になったり、会社員時代はめっちゃ大変でした。

しかし一方では落ち込んでいる私を励ましてくれたり
ひとりでは思いつかない解決方法を同僚と一緒に考えたり
みんなで大きなプロジェクトを成功させてすごい充実感にひたったこともありました。

今、私が起業していて一番役に立っていることは
会社員時代に怒られた経験です。
会社員時代に本当に困って知恵を絞り出し、
自分の殻を打ち破ってきたので今の私があると思っています。

あ、ひとつ言っておきますが
学生時代のアルバイトでの社会経験と
ホンマの社会人は全然別物です。

会社も採用したからにはホンキで教育してきます。
なんてったってビジネスなんで。
そこに学びがあるのです。

もしアルバイトで社会経験を積んだと思っているのでしたら
それはちょっと違うで、とだけ言っておきます。

梅津さんはまだ若いので、これから先、めっちゃ長いし
もし可能であれば一旦会社員になることをお勧めします。

子のことは保育所があれば大丈夫。
彼等は子育てのプロなので。

自分の両親、旦那さんの両親など
使える人はすべて使って乗り切ってください。

先に子がいることはめっちゃアドバンテージです。
子がいると励みにもなりますし、子に格好悪いところを
見せたくないですもんね。

ちゃんとした答えになっているかどうかわかりませんが
私の答えは以上です。ご参考になれば幸いです。

2010年04月19日(月)更新

お好み焼きやさんに学ぶ素人と玄人の違い

海老・カニなどの甲殻類がダメな人って
世の中に結構いると思います。
伊勢海老や松葉カニが食べられなくて残念だと思うけど
本人たちは食べられないのでそれは仕方ないことです。

今日はうちの娘の14回目のお誕生日でした。
家でごちそうをつくってあげられたらよかったんですけど
セミナーのレジュメ作成の締め切りに追われて
外に食べに行くことになりました。

娘に何を食べたい?って聞いたら「お好み焼き」とのこと。
子どもたちが見つけたできたばかりのお店に家族で行くことになりました。

お店はカウンター8席、2人がけのテーブルが2席。
4人がけの座敷が2席の小さなお店でした。
ママさんが仕切って女性3人でお店を切り盛りされていました。

家族4人、各自好きなお好み焼きをオーダーしました。
お好み焼きが大好物の娘なんですが
途中で箸が止まってしまいました。
桜海老が入ってたみたい。
娘は甲殻類がダメなんです。

そのお店は高級店ではないので、苦手な食材は聞かれませんでした。
今まで、たまたまお好み焼きに桜海老が入っているお店に
遭遇したことがなかったのでこちらも油断していました。

そのお店のやり方を見ているとすでにお好み焼きのベースは
玉子以外をすべてひとつの器に入れてセッティングしていたので
桜海老も当然その中に入ってたのでしょう。

例えば知り合いの家に遊びにいって、
お好み焼きに桜海老が入っていても
それがその家のやり方なんだったら仕方ないとあきらめます。

しかし、お店で商売でやるんだったら、海老・カニアレルギーの人もいるって
想定した上で桜海老はオプションにするべきでは・・と思いました。

お好み焼きをうまく焼けるオバチャンは大阪にはたくさんいます。
その中でお金をもらう玄人になるためには、「これが自分の味や」を
出す前に、汎用性のあるベースをつくるべきでは・・・。

今日はこのお店にするか、千房にするか迷ったんですけど
千房では、そんな思いはしたことがありません。
商売としてのサービスが徹底しているのです。

これって商業出版の原稿とブログの関係にも似てると
自分に置き換えて考えてみました。

自分のノウハウを伝えるときに、
これが自分のやり方や、
好きな人だけ、読んでや、というのがブログ。

商業出版の本は、それではダメで
自分のノウハウを汎用性があるものに置き換え
さらに、お好み焼きに慣れている人にも慣れていない人にも
食べてもらえるように、味の引き出し方を工夫する必要がある。

こないだニュートップLの原稿を書かせていただいたときに
某編集者さんに苦言を呈されたのも、
今日のお好み焼きやのオバチャンと
私が同じだったからなんだなぁって感じました。

玄人になるためにはどうすればいいか。
執筆業もそろそろ入門編を通過して
「本業じゃないし」という言い訳も封印して
玄人になるべく、頭も使ってアンテナも張って
真摯に取り組んでいきたいと思います。

2010年04月01日(木)更新

事務所通信は時空を超える

今日は1日。
事務所通信の配信日です。
いより通信という名前で毎月1日に
メールマガジンを発行しています。

え・・もしかしてまだ登録してくれていない人います??
あなたは、いよりファンのもぐりです(笑)
こちらから登録してくださいね >>いより通信登録

ちなみにホームページに載せている内容+アルファが届きます。
いよりんを奥深くまで知りたいマニアの方はぜひぜひご登録ください。
私が出没するイベントの案内もあります。
本が発売になるときには真っ先に案内が行きます。
「本を買ってくださーい」って(笑)

さて!このメルマガですが、4年前から続けています。
最初は、PDFでニュースレターを作成して
メールに添付するという形で配信していました。

しかし、メルマガコンサルタントの平野 友朗さん
メールで添付ファイルというのは送られるほうは迷惑だって
言われてしまい、また解除フォームもつけていなかったので
改善命令を出されてしまいました。

2008年12月から平野さんの会社が運営する
アイ・メールを使っています。

こちらは自社配信システムで3000アドレスまで月額2,000円で使用することができます。
メルマガに名前を差込むことができるので
受取った方は自分宛のメールのような感覚で読んでいただくことができます。

解除フォームもバッチリ用意されているので
いつでも気軽に解除をしてもらうことができます。

気軽に解除できるっていうのが大きなメリットです!ホントに。
こちらも読みたくない人にまで大事な情報を送りたくないので
解除大歓迎って感じです。
配信先の多い、少ないが問題ではなく、御客様としての親密度が
高いことが大切ですから。

まぐまぐなどの無料配信スタンドを使う方法もありますが
まぐまぐだとアドレスの管理がこちらでできないですし
読んだ人が返信したいと思っても、発行者には返信ができないので
読みっぱなしになってしまいます。

その点、アイ・メールだと、送信者も私の名前ですし
そのままメルマガに返信をしてもらうことができます。

この「すぐに返信」機能が、御客様と私の4年間の時空を飛び越えました。
今日、4年前に仕事をさせていただいた御客様からお電話をいただきました。

「毎月、事務所通信をずっと読んでますよ。
本も出されてすごいご活躍ですね。
ところでまた相談したいことがあるのですがご都合どうですか?」


お仕事のご依頼でした。
人というのは時間が空くと接触はしにくいもの。
でもその時空をメルマガが埋めてくれるのです。

今であればツイッターがその時空を埋めてくれる役割のひとつを果たしてくれていますが
ツイッターで発信した情報は必ずしも自分が伝えたい人に伝わるわけではありません。

その点、相手のメールボックスに送るメルマガはとりあえず相手の懐までには
届きます。開封してもらえるかどうかは別として。

このあたり実は次の「貧乏士業から脱出するための士業集客術」にも
詳しく書いているのですが、御客様とコンタクトを取り続けることって
本当に大事です。

コンタクトを取り続ける(解除されない)ためには、
・営業をしないこと
・情報を常に仕入れて新鮮な情報発信を続けること
・決まった日・決まった時間に配信を続けること
が大事だなぁと思いました。


自社配信のメルマガは時空を超えます。
ぜひぜひお薦め!やってみてくださいねー!!

2010年03月20日(土)更新

3連休初日はまったりお仕事

今日から3連休。
昨日までの冷たい風は嘘のように
暖かくなっています。

私の3連休は
20日(土) 事務所で仕事
21日(日) 自宅で執筆
22日(祝) 息子と映画 + 自宅で執筆
の予定です。

今日の事務所での仕事は、超いい感じです。
電話+メールはなし。
事務員さんからの質問攻撃はなし(笑)

電話やメールはお客様からのものなのでありがたいことですし
事務員さんが質問をしてくるのも、仕事をしてくれてるからなので
文句を言う対象ではないのですが、目の前の仕事に集中したいときは
これらがないと本当にはかどります。

今日は朝から事務所に出動予定だったのですが
寝坊してしまい、移動したのはお昼前になっていました。
途中、紀伊国屋書店に立ち寄り、次の本の編集担当者さんが
直近につくられた本や、知り合いの著者さんが書いた本他合計6冊を購入。

「空気読み」企画術
「空気読み」企画術
クチコミを見る


↑次の本の担当者 滝啓輔さんが直近につくられた本です。

夢が現実化する「1枚図解」
夢が現実化する「1枚図解」
クチコミを見る


↑先日東京でお知り合いになった池田 千恵さんの最新刊です。


その足でランチ⇒お茶をしながら、本をパラパラと拝読しました。
堺筋沿いのカフェは平日の混雑は嘘のように、静かなまったりとした
時間が流れていて、気持ちよかったです。

寄り道をしていたので事務所に到着したのは14時を回っていました。
そこから雑音なしの集中で、(途中ツイッターもしながらも・笑)
机の上に積んでいた仕事を片づけることができました。

あと一仕事して事務所を撤収したいと思います。

2010年02月25日(木)更新

拙著立ち読み中の人を初めて目撃!

本日夕刻、お客様のところからの帰り道に
紀伊国屋書店梅田店に立ち寄りました。

拙著『トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方』の
様子を見にいくと・・・・なんと!ひとりの女性が食い入るように
立ち読みしている姿を発見!
ページをがっと開いて、がっつり読み込んでいます。

自分の本を書店で誰かが手にとってくれているのを
発見したのは、今日が初めてでした。
すごい感激!!

そして平積みされている拙著は在庫1!
立ち読みしてくれている女性が購入してくれたら
1冊しか残らないので、棚に入れられてしまうやん!と心配していたのですが・・・

他の本を見に行って戻ってみると 拙著の在庫は2冊になってました。
上の1冊は かなりボヨンボヨンになってました。
そりゃ あれだけ がっつりページを開いて立ち読みしてたら
ボヨンボヨンにもなりますわなぁ(笑)

立ち読み⇒購入には残念ながら至らなかったようです。
そしてその女性は経営者ではなく、従業員さんっぽかったです。

今日、ツイッターでフォローしてくだった人からの
メッセージには「タイトルがあまりにすごくて購入しました」とのこと。
その人も従業員さん。

あと・・書式のダウンロードの件でお問い合わせをいただいた
年配の男性の方も従業員さんでした。

アマゾンで今日ランキングを見たら1850位まで上がっていました。
意外と経営者だけではなく、従業員の方も読まれているのかなぁと
感じた1日でした。

«前へ 次へ»

20141009bnr.jpg

会社概要

人事労務に関するコンサルタント業/セミナー運営/社会保険労務士業

詳細へ

個人プロフィール

詳細へ

<<  2018年11月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメント一覧

最新トラックバック

  • ルイヴィトン 店舗 from ルイヴィトン 店舗
    【明大生との一問百答】上司からアドバイスを引き出す方法 - 井寄事務所 代表 井寄奈美
  • 井寄奈美「著者デビュー5周年」に出席 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    特定社会保険労務士で経営者会報ブログの会員でe製造業の会の会員でもある井寄奈美氏が2009年に「小さな会社の<トクする>人の雇い方・給料の払い方」を出版してから4年間で6冊の本を執筆しています。 そこで著者デビュー5周年の感謝祭を開くということで招待されましたが、たまたま我社の年2回しかない土曜日出勤日に当たり第1部のトークイベントには出席ができず夕方からのパーティにだけ参加させていただきま
  • 僕らの味方 キューティーバニー from 男の魂と誇りを込めて・・・世界が震撼する日本の鞄 國鞄 社長 庄山 悟 の日記
  • 新刊書『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    いつもお世話になっている特定社会保険労務士の井寄奈美さんが、6冊目の本『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』を㈱中経出版より出版しました。 その新刊書を10月30日発売なのに早々と送ってくださいました。 井寄さんの出している本は全て労働基準法や社員になどに対する対処など中小経営者の悩んでいることなどを解りやすく解説している本で経営者にお薦めの本です。 今回は権利のみを主張して労務の
  • 大阪府中小企業労働環境好事例集作成で井寄奈美氏の取材を受けます。 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    大阪商工労働部から推薦され大阪府総合労働事務所のヒアリングを受け中小企業労働環境向上好事例選定委員会において、三元ラセン管工業㈱においては、文句のつけようがないという意見も出るなど高評価を頂き好事例企業50社の中の1社に選定されました。 その選定された会社に今度は社会保険労務士や中小企業診断士が訪問し取材を行い事例集を作成するそうです。 訪問される社会保険労務士や中小企業診断士さんはこちら