大きくする 標準 小さくする
前ページ 次ページ

2008年11月13日(木)更新

来年のことを言うと鬼が笑う??

来年のことを言うと鬼が笑うといいますが
どんどん来年の予定が入っています。

セミナー事業の方は1月セミナーの告知サイトが立ち上がり
今日早速第1号の申込をいただきました。

前回のときもそうだったのですが、、申込第1号になることを
狙っている「いよりファン」がいてくださって、申込フォームにも
『今回は一番ですよね!』のような書き込みが・・・(笑)
私も実は「一番」好きなので周りの人にも影響を与えているのでしょうか・・

1月の次のセミナーは4月に講師お二人を招いて、
80名規模の大きめのイベントを企画しています。
その頃には私の本もできているはずなので
ちょうど販売のチャンス!!ともくろんでいます。

本の執筆をすすめないといけないので、年内は宴会のお誘いは
シャットアウトしているのですが、それに対してのクレームが続出のため
年明けの新年会でご勘弁願っています。
2月は忙しくなりそうです。

無事年越しをするためには執筆のタスクを終えなければなりません。
ピッチを上げてがんばりたいと思います。
来年はワクワクする楽しい年になりそうです。

2008年11月12日(水)更新

人脈術セミナーは大盛況でした!

昨日は事務所主催の第二回セミナーでした。
現在、日本実業出版社さんで人脈術の本を執筆中(来春発売予定)の
立石 剛さんに講師をしていただき、人脈構築のお話をしていただきました。

今回もたくさんの方にお集まりいただきました。
残念ながらカメラマンをしてくれていた男子がカメラを持ち帰ってしまったので
写真がUPできません。
来週カメラが戻り次第、様子をUPさせていただきますね。

講師の立石さんのお話は、現在執筆中の本のエッセンスを
凝縮したものでした。
パワーポイントで「見せるセミナー」が多い中で
今回はパワポなしで、立石さんのお話をじっくり聞かせていただき
参加者の声も「引き込まれてあっという間に時間が過ぎました」という
内容のものが多かったです。

全く人脈がない、という人はいません。
みなさん、それぞれご自分の立場で自分の人脈や人との関係を
見直すきっかけを得られたようです。

懇親会も盛り上がり、参加者同士の交流も深まりました。
人脈がなぜ必要なのか、
「チャンスは人を介してやってくるから」
講師の立石さんのお話です。

私も人が集まるところに情報が集まり、そこにビジネスチャンスも
生まれると確信しています。
自分の仕事で考えてみても、今抱えているこなしきれないくらいの
案件はすべて人を介した紹介だからです。

紹介を受けるためには実績やきちんと仕事をすることが大切でしょう。
でもきっと「きちんと仕事ができる」はプロであれば当たり前のことであり
世の中のほとんどの社労士は「きちんと仕事ができる」と思います。

でも私のところに仕事が来るのは、私がこの仕事をしていることを
たくさんの人が知ってくれていて、応援をしてくださるので
他の人ではなく私にご紹介をいただけるのだと思います。
自分も人のつながりを大事にして、他の人のお役に立つことを第一に考え
このいい輪をどんどん広げたいと思います。

2008年11月11日(火)更新

i Pod shuffleが送られてきた!

平野 友朗さんから宅配便が届きました。
私が入会しているビジネス実践塾の封筒だったのですが
なんか封筒の形がいびつです!
何が入っているのかと開けてみると・・・

中にはi Pod shuffle が!!

hi

今、平野さんのビジネス実践塾では
新規入会キャンペーンをしておられます。
今月中に新規入会をすると私がもらったのと同じ
i Pod shuffle と今までの教材のうちの好きなものひとつ、
あと今回しか入手できない音声ファイルがもらえるそうです。

もう既に会員である私がもらえた理由は・・・
このキャンペーンの協力をした会員にも同じ商品が
もらえるからなんです。

せっかくいただいたので大事に使いたいと思います。
でも、これは「ちゃんと教材を聞いて勉強しろ!」という
平野さんからの無言のプレッシャーかも??(笑)

2008年11月10日(月)更新

セミナー主催の醍醐味

セミナー主催の醍醐味はなんといっても講師や参加者との交流です。
当日の2時間のために準備や連絡をコツコツして、やっと本番を迎えるのです。
企画から始まり、講師の交渉、集客、懇親会の準備、入金確認など
細かい仕事もたくさんありますが、終ったときは充実感があります。

私の場合、「セミナー事業」といっても、それが本業ではないので
そこで収益を上げようとは考えていなくて
あくまでも「人と情報の集まる場所」の提供が目的です。
活きた情報を得る場というのは、人の集まる場所です。
人と情報が集まるとビジネスも生まれます。
場をつくるというのは本当に大事だと考えています。
それは自分のためだけではなく、自分の周りの人のためでもあります。

明日が事務所主催の第二回のセミナーです。準備は万端です。
第一回のときは、進行をきちんとすることだけで精一杯で
せっかく参加してくださった方とも十分な交流ができなかったので、
今回はゆっくりみなさんとお話もさせていただきたいと思っています。

そして並行して1月セミナーの講師の大橋 悦夫さん
打ち合わせが進んでいます。
大橋さん、もうめっちゃステキです。

次回は1月16日(金)大橋さんに時間管理術のお話をしていただきます。
大橋さんには来年、1月とは別にセミナーをお願いしようと思っています。
めっちゃいいネタがあるんです。
経営者会報ブログのオフ会で話していただいてもいいようなテーマです。

セミナーを主催するということは、自分の聞きたい話を
自分のところに来て貰ってしてもらえるってことなので
本当に幸せですね。

明日も楽しみです。

2008年11月09日(日)更新

大阪のひき逃げ事件における使用者責任

ここ数日、経営者団体とのメーリングリストで
白熱している話題があります。
先日の大阪でのひき逃げ事件における事業主の使用者責任についてです。

自動車の所有者には「運行供用者」としての責任が生じます。
今回のひき逃げ犯は会社の車で事故を起こしました。
自社の社用車の管理をどのようにしているかで議論が白熱しているのです。

社用車について、一切業務以外には使用をしないこと、と定めたところで
実際、地方の営業であれば、直行直帰もやむを得ない場合も多々あり
運行記録や日誌を細かく作成、となるとかなりの事務負担の増加になる、
ということでどうすればいいのか、という声が多数上りました。

今回のように事故が発生した場合、加入している自動車保険で
被害者への補償は足りるのでは、という話についても
損保会社に確認をしたところ、運転手に相当な過失がある場合は
保険の加入者(社用車の場合は会社)に求償されるらしいです。

対策として社用車の管理を規定に基づいてきちんと行う、はもちろん
車を運転する人の免許証の確認や、交通法規の違反についての
前歴についても聞き取りを行うことが必要です。
MLでも上っていたのですが、事故を起こす人というのは
繰り返す傾向があるようです。

また規定をつくればそれでいい、ということではなく
何よりも「法令を遵守する」という会社のスタンスをはっきりさせることと
「ほったらかし」「まかせっきり」にしない、ということです。

会社の業務すべてに経営者が関与することはできないかと思いますが
人の命に関わる事項については、定期的にチェックし、
朝礼等でもうるさいくらいに注意するなど、会社としてきちんと
取組んでいることを従業員に知らせる必要があります。

人の命に関わる事項とは、
1.労働時間の問題(過労死)
2.安全衛生(健康診断、職場の安全)
3.車の運行に関すること
4.職場環境(パワハラ、セクハラ、いじめ)
などです。

どの会社でも同じ確率でトラブルが発生するのではなく
トラブルが発生する職場は、細かいことから深刻な問題まで
常に何かトラブルが発生しています。
それは企業風土によるものが大きいと感じます。
経営者の姿勢や、価値観の共有ができていないことが原因です。

問題が起こったときにそこだけに対処するのではなく
なぜその問題が起こったのか深く掘り下げて考える必要があります。
就業規則については、会社のルールを明示しているものですので
日頃から整備を行うことはもちろん、従業員への周知も心がけましょう。

景気が悪化してきて、環境要因と戦わなければならない今、
組織の中をきちんと固めておきたいですね。

2008年11月08日(土)更新

餃子の王国さんの餃子で晩御飯

連日で、経営者会報ブログチームから
調達させていただいた晩御飯です(笑)

餃子の王国さんの餃子は、経営者会報ブログに入会する前からの
超リピーターです。
1年くらい前に知り合いの税理士さんが送ってくださって以来
家族で大ファンになり、ストックがなくなると
子ども達からリクエストがあるほど。

今日は黒豚餃子とニラ餃子をいただきました。
今回からタレが別売りになっていたのに気づかず
発注してしまいましたが、いつもポン酢で食べているので
大丈夫でした。タレ好きの娘からは「よう見て注文してや」と
注意を受けましたが・・・(汗)

餃子といつも一緒に頼むのが角煮まんと肉まんです。
子ども達の夕食までのつなぎとして大活躍。
食べるものが何もないと、夕方になると、
事務所に電話がかかってきます。
「おなか、空いた。何かないの?早く帰ってきて」
しかし、角煮まんと肉まんがあれば、晩まで電話で邪魔をされることなく
仕事に集中することができます。

仕事を持つ母は、晩御飯の準備がかなりの負担なので
簡単で安心でおいしい加工食品はめちゃありがたいです。

明日は日曜日なので自力でご飯を作りたいと思います。

2008年11月07日(金)更新

新保さん家のカレー&お肉で晩御飯

先日新保さんがブログに書いておられた
おすすめの新商品 「近江牛カレー」を注文しました。
今晩、無事到着し、一緒に頼んだお肉を焼いて
カレーは一袋を子ども2人と一緒に3人で食べました。
(主人は少林寺の道場に行ったため不在でした。)

お~いし~い♪♪

さすが色々ご自身の体を犠牲にしてまで(?)
食べ歩いている新保さんの自信作だけあります。

カレーのルーは辛すぎず甘すぎず。
サラサラ系です。
お肉はホロホロ。
めっちゃ大きなお肉が入っています。

写真撮り忘れて食べてしまいました(汗)

お肉もいつもながら、コレステロール値が一気に上りそうな
見事なサシの入ったお肉でした。
こんなん子どもに食べさせたら、スーパーのお肉が食べられなくなりますね・・

カレーと焼肉ってめちゃお子様メニューですが。。。
カレーがあまり好きでない、上の娘も完食していたことをお伝えします。
ちなみに今日の給食もカレーだったらしいです。

新保さん家のカレー、現在新発売のキャンペーン中です。
ぜひぜひ経営者会報ブログの会員のみなさんも体験してみてくださいね♪

2008年11月07日(金)更新

第二回文章力養成講座

第二回文章力養成講座のフィードバックです。

文章の基本→自分の意図が相手に到達すること

■達意の文を書くための7つの留意点

1)一文一義(ひとつの文章にはひとつの話題)
2)重点先行(大切なことを先に書く)
3)短文(一つの文章の中に読点が2つないし3つで読点に至る文)
4)適切な句読点
5)段落を意識する
6)常体と敬体の使い分け(「です、ます」と「だ、である」)
7)具体的な記述をする


読み手のことを考えて文章を書く!というのが何より大事とのこと。
「自分が知ってることは読み手も知ってるだろう」という錯覚で
文章が飛躍したり、大事なポイントを省略してはダメ!とのこと。

今日は研修終了後、懇親会がありました。
学生さんとか、あと広告代理店の方もおられました。
普段一緒にいない人種の方とご一緒できたので
なんか楽しかったです。
来週からのあと8回の講義が楽しみです。

2008年11月05日(水)更新

はじめての従業員はブログでの叫びから!

<質問>
一番最初、一人目のパートナー・社員とは、「いつ」「どこで」「どうやって」
出会いましたか。教えていただければ幸いです。

(明治大学商学部 廣瀬勝也さん)


経営者会報ブログの会員さんの中で
もっとも間近に「はじめての従業員」を雇ったのは私だと思います。
私は社会保険労務士という仕事をしています。

私がはじめての従業員を雇い入れたのは今年の2月。
昨年後半から急激に仕事が忙しくなり、
自宅を事務所にしていたのですが
昨年11月から事務所を探し始め、1月に新事務所に引越し。
2月から業務をスタートしました。

事務所を借りたら、真っ先に従業員を雇おう!と決めていました。
「仕事がいっぱいなんで誰か助けて~」と
ブログと事務所通信で書いたところ
前職の会計事務所で一緒に仕事をしていた人が
メールをくれました。

会計事務所で一緒に勤務していた当時は彼女は総務担当で、
特に社労士の勉強はしていなかったのですが
退職後に社労士の勉強を始めたということでした。

ぜひ一緒に仕事をさせてください!と熱烈なメールをいただき
喜んで!と、来ていただきました。
初めての従業員だったのですが、同じ事務所で仕事をしていたので
書類のファイリングの方法や電話の受け答え、伝達方法
掃除なども、ベースが同じだったのでやりやすかったです。

困ったときは口に出すと誰かが助けてくれるって聞いたことがありますが
本当にそんなことがあるんだなぁとビックリした出来事でした。

2008年11月04日(火)更新

久しぶりにセミナー講師をします!

今月は久しぶりにセミナー講師をします!
お客様の会社で定年退職者向けのライフプランセミナーです。
年金・社会保険について1時間話します!

こちらのお客様は従業員数約3000名。
定年退職者が毎年20名~30名いらっしゃいます。
5年前から定年退職者対象に個別の相談会をしていたのですが
昨年から58歳以上の方を対象に、確定拠出年金や
会社の再雇用制度の説明など、集合研修を実施しています。

昨秋の第一回のときは、「指し棒」を持参したのですが
他の講師は全員レーザーポインターを使用されていました。
私が「指し棒を使わせてもらいます」と言った瞬間に
受講者から笑いの渦が生まれました。
しかし、なんと第二回東京開催のときは、
会場に「指し棒」が準備されていて、
他の講師も全員指し棒になってました(笑)

持ち時間は1時間ですが、毎回、時事ネタを入れて
よりご理解が深まるようにと工夫しています。
有難いことに昨秋以来、年金ネタは非常に豊富にあります。
もっぱら「世間はこう騒いでるけど、自分に必要な情報を
見分けましょう」という話をしています。

来週早々にレジュメを提出しないといけないので
そろそろレジュメのバージョンアップに
取り掛かりたいと思います。

久しぶりの ON STAGE♪ なので楽しみです。

«前へ 次へ»

20141009bnr.jpg

会社概要

人事労務に関するコンサルタント業/セミナー運営/社会保険労務士業

詳細へ

個人プロフィール

詳細へ

<<  2008年11月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コメント一覧

最新トラックバック

  • ルイヴィトン 店舗 from ルイヴィトン 店舗
    【明大生との一問百答】上司からアドバイスを引き出す方法 - 井寄事務所 代表 井寄奈美
  • 井寄奈美「著者デビュー5周年」に出席 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    特定社会保険労務士で経営者会報ブログの会員でe製造業の会の会員でもある井寄奈美氏が2009年に「小さな会社の<トクする>人の雇い方・給料の払い方」を出版してから4年間で6冊の本を執筆しています。 そこで著者デビュー5周年の感謝祭を開くということで招待されましたが、たまたま我社の年2回しかない土曜日出勤日に当たり第1部のトークイベントには出席ができず夕方からのパーティにだけ参加させていただきま
  • 僕らの味方 キューティーバニー from 男の魂と誇りを込めて・・・世界が震撼する日本の鞄 國鞄 社長 庄山 悟 の日記
  • 新刊書『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    いつもお世話になっている特定社会保険労務士の井寄奈美さんが、6冊目の本『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』を㈱中経出版より出版しました。 その新刊書を10月30日発売なのに早々と送ってくださいました。 井寄さんの出している本は全て労働基準法や社員になどに対する対処など中小経営者の悩んでいることなどを解りやすく解説している本で経営者にお薦めの本です。 今回は権利のみを主張して労務の
  • 大阪府中小企業労働環境好事例集作成で井寄奈美氏の取材を受けます。 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    大阪商工労働部から推薦され大阪府総合労働事務所のヒアリングを受け中小企業労働環境向上好事例選定委員会において、三元ラセン管工業㈱においては、文句のつけようがないという意見も出るなど高評価を頂き好事例企業50社の中の1社に選定されました。 その選定された会社に今度は社会保険労務士や中小企業診断士が訪問し取材を行い事例集を作成するそうです。 訪問される社会保険労務士や中小企業診断士さんはこちら