大きくする 標準 小さくする

2012年12月28日(金)更新

青森までお仕事に行ってきました

拙著『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』をお読みいただいた
青森のお客様より、就業規則改定等のご相談をいただき
12月25日から27日まで2泊3日で青森まで行ってきました!

201212281703_1-300x0.jpg

(人事の担当者さんと 帰りに記念撮影)


ちょうどこの冬一番の寒波到来とのことで
青森の気温はマイナス4度とか6度とか・・

でも外を歩くことがほとんどなく、屋内は快適だったので
直接寒さを感じることはなかったです。

25日に東京から青森に入り、青森空港から雪の中
お迎えにきていただいて車で移動すること2時間半。

昼食をはさんで晩まで会議室でみっちり。
晩は地元の美味しいお魚をいただきました。

201212281703_2-300x0.jpg

(今がシーズンのタラの白子のステーキ)


2日目は朝から晩まで社長も交えてみっちり。
3日目も11時まで総括および、年末調整のアドバイスなど・・・。

お声がけいただいた会長さんも、社長さんも、人事部長さん、
そして担当者さんも、判断と仕事がすごく早くて、短期間で集中して
濃い時間になりました。

そして、青森はもちろん寒いんですが、空気が澄み切っていて
人も温かくてとってもいいところでした。

帰りは雪の影響で青森空港からの便の発着が危なかったので
急遽、仙台空港からの便に切り替えて行動。
東北新幹線の駅まで車で送ってくださるとおっしゃっていただいたのですが
雪で時間が読めないことと、年末でお忙しいときでもあるので
最寄駅から電車で移動をすることにしました。

201212281703_3-300x0.jpg

(道路の写真ではなく、線路の様子です。完全に雪で埋まってます。
この状態でも電車が動くことがビックリ!)

電車は雪と強風のため遅れていました。
仙台からの飛行機は時間にかなりの余裕を見て予約していましたが
新幹線が1時間に1本なので乗り遅れたらギリギリというタイミングでした。

八戸駅で乗り換え時間0分。荷物を抱えて切符も買わずに超ダッシュ。
新幹線も5分遅れだったのでなんとか間に合った次第です。
(こんな感じだったので谷口さんに会えず残念でした)

今回の東北ツアーでの教訓。
飛行機や列車は予約をせずに当日の気候を見て判断すること。

雪の中、不自由を日常にして生活をされているみなさん、すごいなって思いました。
でも、大阪に帰ってきてたくさんの人に揉まれて分刻みの電車に乗って・・という
がさがさした生活も、どうなんかな、とも思いましたけど。

現地に行ってみてわかること。体験してわかることがまだまだありますね。
私の本が地方の方にも届いて、こうしてお役に立てた(はず)こと。
とってもうれしく思います。