大きくする 標準 小さくする

2011年06月19日(日)更新

支出額を決めることで、自分を追い込み成長するという法則

私は商売で儲けている人が好きです。
いくら人望があったとしても、本業が何をやっているのか
よくわからなかったり、ビジネスモデルが見えない人
さらに商売で儲けることができていない人には魅力を感じません。

商売で儲けている人と付き合うと何がいいかというと
食事に行くときに、何も気にせずに好きなお店を選び
好きなものを食べられるということがひとつあります。

あ、別にご馳走してもらおうと思っているのではなく
割り勘でも、場合によっては私が支払っても全然構わないのです。
お互いにお金のことを気にせずに食事ができるのがいいのです。

昨日、ご紹介した幻冬舎の社長の見城さんの語録をまとめた本である
『憂鬱でなければ、仕事じゃない』にも、かなりレベルが違いますが
こんな話が紹介されていました。

見城さんには行きつけの高級割烹があるそうです。
二人で行くと軽く10万円は超えるお店とのこと。
しかし見城さんは、その店に通い続けられる自分でいることを
仕事の指標のひとつにされています。

すなわち自分の支出の予算組みをして、それ以上に稼ぐために
何をすべきかを常に考えておられるということです。

支出を考えるときに、できるだけ削減をめざすのも一つですが
それでは成長は見込めません。

事業を大きくするために必要な支出を先に決めてしまい
それを上回る収入を得るために戦略を練るほうが有効です。
「支出」=「投資」でもあるので、必要な支出はむしろ積極的に行うべきなのです。

知り合いの経営者は、借り入れを返済した途端に気力がなくなるので
また借り入れをしてしまうそうです。

私はまだ借り入れの経験はないのですが
今の自分自身が全く身動きできない状況を改善するためには
借り入れをしてでも、人の雇入れや事務所の拡充も必要だと思います。

今週は休みなしで土日もがっつり仕事でした。
それだけ仕事があるのはありがたいと思う反面
新しい仕事をどんどんやっていくべき私が、いっぱいいっぱいになって
こまねずみのように仕事をしている現在の状況はおかしいと感じています。

昨年、日本で一番大きな税理士法人である辻・本郷税理士法人の
本郷理事長とお話する機会がありました。
「私が、こんな仕事を今後やってみたいと考えているんです」と構想を話すと一言
「どうして自分でやるの?自分でやったらダメだよ。スタッフにやらせないと」とバッサリ。

ちゃんと経営者になって、スタッフともども組織として成長していきたい、
自分は常に余裕を持って、どんどん新しいことに対応できるようにしておきたいです。







2011年06月19日(日)更新

『憂鬱じゃなければ仕事じゃない』

先日、日経新聞に出ていた大きな広告を見て
『憂鬱じゃなければ仕事はない』という本を買いました。

20110619_3.jpg
















サイバーエージェントの藤田社長が、幻冬舎の見城社長から
聞いたビジネスに対する思いを表す言葉をまとめたものです。

私は本を読むとき、まずは目次を読んで
そのあと、まえがき→あとがきの順番で読むことにしています。

この本はまえがきが藤田社長、あとがきが見城社長が書いておられます。
このあとがきの言葉を読んだだけで、電車の中で熱いものがこみあげてきました。

(以下あとがきより引用)------------------------------------------------

何か事をなすためには、身体を張らなければならない。もし誰かが、うまくいかないと嘆いていたら
「君は身体を張ったのかい?」
と問いたい。

身体を張って七転八倒しながら、リスクを引き受けて、憂鬱な日々を過ごす。そうやって初めて
後悔のない、清々しい気持ちになれる。

これが仕事をする上で、そして、生きていく上で、何より大事なことなのだ。

----------------------------------------------------------------------------


今年は事務所の組織つくりがうまくいかず、
一旦、事業を縮小して、自分自身が動くことができる範囲だけで
仕事をやっていこうかとまで考えました。

しかしありがたいことに、仕事のチャンスを与えてくださる方が多くいて
もう今さら昔の家内工業には戻れないことが身にしみてわかりました。

今までの延長線での成長ではなく、ひとつ階段を上らなければならない
局面に達しているようです。

階段を上るためには自分自身の器を大きくすることももちろん
お金と人材が必要です。
ビジネスには投資が必要だと言っている私ですが、
ビジネスを拡大することは、負うリスクも大きくなることを意味します。

人の力なしでは、事業を支えきれないので
下半期は「折れない柱」をつくることを目標に
<他人の力を信じて見守る>を胸に刻み
さらなる飛躍をめざしたいと思います。

人生一度しかないですし、生きている限りは自分の役割をまっとうしたいです。
人材については、自分ではない他人なので、思うようにはいかず
心を痛めることも多いですが、くじけずにどんどん前に進んでいきます。

この階段を上ることができれば、小さい事業ですが
経営者の入り口に立つことができる気がしています。



<<  2011年6月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30