大きくする 標準 小さくする

2011年11月07日(月)更新

東北日記 その4(完結) 仙台人情編

今回、仙台に行くのは2度目でした。
今年6月に今回と同じく美崎栄一郎さんの仙台でのチャリティセミナーに
追っかけ(?・笑)で参加したことがきっかけでした。

そのときも懇親会があり、参加者の方と交流を深めることができました。


20111107_12-300x0.jpg












(素敵な笑顔の遠藤さん。6月に知り合いました。仙台で読書会等主催されており、
今回の仙台でのセミナーのお世話役をしてくださいました。
仙台駅2階にある 路地裏のチーズケーキ工房 Tio GLUTON さんの店長さんです!)


今は一度会えば、フェイスブックやツイッターでつながりを
持ち続けることができます。
また美崎さんという核があることで、東京での築地朝食会や
他の勉強会でその後も何度か仙台メンバーと会うことがあり
仙台上陸2度目とは思えない居心地のよさでした。

そしてみなさんの温かさを肌身に感じた事件がありました。

事件は仙台滞在2日目におきました。
その日は盛岡を目指して北上するバスツアー組とは別れ
私は大阪に、他の2人は東京に帰る段取りで
仙台の女性1名と合流して11時集合で牛タンを食べに行きました。

私の飛行機は16時発の大阪行き。
仙台駅から仙台空港までは電車で24分。
iPhoneの乗換案内で15時半までに到着するように、と調べると
14時52分の電車が表示されていたので
お土産を買って、それから駅構内でお茶をすることにしました。

お茶をしていると話に夢中になり、気づいたときには14時50分!
あちゃーー!急いで駅に向かったのですが既に電車は出発した後でした。

でも、16時発の飛行機だし15分前までに搭乗手続きをって書いていたし
まだその時点で15時前だったので次の電車に乗れば余裕だろうと思っていたら・・
そうです。ここは仙台。東京の山手線や大阪の御堂筋線ではなかったのです!

なんと!次の電車は15時19分発!
30分に1本しか電車がない!という事実が判明!

19分発ってことは24分を足すと、仙台空港駅に到着が15時43分!
駅から2分で搭乗手続きができるのか!!

私の額から汗がすーーーっと引いていきました。
空港線の駅のホームから慌てて駆け上がり、JRの職員さんをつかまえて
「他の電車はないんですか??タクシーで行った方が早いですか?」って聞いたのですが
「電車は空港線しかありません。今からタクシーで行くよりも次の電車を待った方が早いです」とのこと。
ぎょえーーーー 目の前が真っ暗になり、ホームに降りてベンチに座ってフェイスブックでつぶやきました。

「ヤバイ!微妙に飛行機がギリギリざんすf^_^;)」

するとその投稿を見た仙台で知り合った方からすぐに反応がありました。
「仙台駅近くの商業施設にいるので何かあれば言ってください」

さらに仙台空港駅から仙台空港は直結でつながっていて階段もないので
時間的に本当にギリギリだけれども、走ればきっと間に合うって教えてくださいました。

仙台空港が、伊丹空港や関西国際空港、羽田空港みたいな広さだったら
絶対に無理って不安に感じていた私はこの言葉で少し安心しました。
(実は前回6月も利用したのですが、そのときは仮空港で電車は利用できませんでした)

さらに、昼に一緒に牛タンを食べたあと、
お茶チームと仙台見学チームに分かれたのですが、
仙台見学チームの2人がなんと仙台空港にいることが判明しました。

仙台空港チームの2人がカウンターの人に交渉をしてくださったり、
そして何よりも心強かったのは
電車が空港駅に到着したときに駅まで来てくださっていて、
私が両手にいっぱい抱えていたお土産の荷物を持ってくださり
一緒に走ってくれたことです。

「いよりさん、こっちこっち、荷物持つからとりあえず搭乗手続きしておいで!」

知らない場所で知っている顔を見つけたときの安心感ってわかりますか?
しかもこんなにピンチなときに!
本当にありがたかったです!
(そのときはそれどころではなく本当に必死の形相だったと思います・笑)

さらに電車での移動の間も、上記写真の遠藤さんとかFBで励ましてくださり、
15時から16時までのわずか1時間の間に投稿が20以上。
FB上で空港チームと仙台駅待機チームのやりとりがあり
もし万が一乗り遅れてもこれだけのサポートがあればなんとなるだろう、という感じでした。

私は普段は一人でも全然平気な人なんですが、今回ばかりは一人でないありがたさが身にしみて感じましたよ。
おかげさまで無事飛行機に間に合い、予定通り大阪に戻ってくることができた次第です!

この場を借りてお世話になったみなさんに改めて御礼申し上げます!
本当に心強かったです!ありがとうございました!



2011年11月07日(月)更新

東北日記 その3 仙台グルメ編

引き続き11月4日・5日に行った東北(仙台)のお話しです。

旅行の一番の楽しみはというと
その土地のおいしいものをいただくことではないでしょうか。
仙台と言えば牛タン!(土地のものではないようですが・笑)

今回は、喜助さんにお邪魔しました。

20111107_7-300x0.jpg











私がいただいたのは厚切りタン!
とろろと麦飯もサイコー
昼間から飲むビールも最高でした!

さらにこちらは晩の懇親会でいただいた
ふぐのお鍋。

20111107_8-300x0.jpg























大阪のてっちりのふぐとは違い
小さな身のものでしたが身離れがすごくよくて
お出汁もおいしかったです!

そして、、、とうとう買うことができました!
秋保にあるさいちのおはぎ!


20111107_9-300x0.jpg





















『売れ続ける理由』という本を読んでから
ずっと食べたいと思っていましたが
仙台から車で走って山の方に行かないとダメだと
聞いていたのであきらめておりました。

ところが!仙台駅1階の宮城の物産を取り扱っているお店で
木・金・土の11時からのみ限定販売していることを知り
ちょうど土曜日だったので並んで買いました!


すごいボリュームですが、驚きの1個100円、
1パックで200円です!
あんこは甘すぎず母親が作ってくれた
やさしいおはぎの味でした。

まだ仙台でお寿司を食べていないので食べたいのと
牛タンは色々お店があるのですべて制覇したいです!



<<  2011年11月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30