大きくする 標準 小さくする

2011年11月06日(日)更新

東北日記 その2 松島・陸奥国一宮 塩釜神社

さて東北日記その2です。

生まれて初めて日本三景のひとつである松島に行ってきました!
海がキラキラしていてとってもきれいでした。
20111106_27-300x0.jpg





















松島は、東京で昔の人にとっては新婚旅行の場所だったようで
(一緒に行った人の情報によると)
夫婦で来られているお年寄りが多くて、奥様の写真を撮っておられる
ご主人の様子がとてもほほえましかったです。

松島は海沿いなのですが、津波の被害は少なかったのか
お土産やさんなどの建物もしっかり残っていますし
お昼ごはんに牡蠣と、うに丼を堪能しました。
(もちろんビール付き)

20111106_28-300x0.jpg























20111106_29-300x0.jpg





















そして少し散策。
円通院のお庭で一足早い紅葉を楽しみました。




20111106_30-300x0.jpg























そして松島から陸奥国一宮の塩釜神社に移動しました。
家族の健康を祈ってきましたよ。


20111106_31-300x0.jpg






















人混みで疲れることなく、ゆっくりと楽しむことができてよかったです!
松島はお店もガンガン営業していて元気です!
みなさんもぜひ機会があれば行ってみてくださいね!


2011年11月06日(日)更新

東北日記 その1 被災地閖上地区

11月4日、5日と著者である美崎栄一郎さん主催の東北応援ツアーに便乗して
福島から宮城にいってきました!

東北応援ツアーは11月3日から11月6日まで3泊4日の行程で
東京からバスで北上し、福島、仙台、盛岡、八戸で美崎さんが
テーマが違うチャリティセミナーを現地でされるというもの。

みんなで東北の今を感じ、観光ができるところを回って
そこでお金を使い、経済が動いている地域の応援をしようという企画です。

私は11月3日は東京で結婚式だったので4日朝に福島駅に集合して
バスに乗り込み、仙台の津波の被災地である閖上地区~松島~奥州一宮である塩竃神社に行ってきました。

仙台に行くのは6月11日に続いて2回目です。
地震から8カ月。前回訪問からは5カ月が経過し、がれきの山が少なくなっていること
(集積所に集められているのでそれ以外は何もない状態でした)
あと、仙台市内もシートの覆いがある建物や休業しているお店が少なくなっていて
すごい人の賑わいでした。
(仙台の人曰く、工事の人とかが全国から集まっていて仙台は復興バブルとも言われているらしいです)

前回は津波の被災状況は仙台空港に向かうバスの中から見たのですが
今回は実際に閖上地区に行って自分の足で歩いてみました。

20111106_10-300x0.jpg























海沿いに行くと堤防の本当にすぐ近くに家の土台と思われるブロックが並んでいました。
ブロック以外、何もないのですが、お花が供えられていたり、散乱している食器のかけらで
かつてはそこに家があり、人が生活をしていたことがわかります。

20111106_11-300x0.jpg












ほぼ平地にはなにもない状況の中、海から1キロくらい離れたところに大きなお寺がありました。
お寺の建物も大きく被災していたのですが
何よりもお墓が、墓石が倒れる、墓碑は割れるなど被害が大きく
場所が場所だけに重機で片付けることができないのか、ひどい状態がそのまま残されていました。

20111106_12-300x0.jpg






















生きている家族を津波で失い、そしてご先祖様のお墓まで失ってしまった
現地の人たち。
閖上地区には高台はありませんでした。
本当に海のすぐそばまで民家の後があったので
車に乗れないお年寄りや小さな子どもはどうやって避難したんだろうって思うと
その場に何もなく人気もない静けさに胸がいっぱいになって
一緒に行ったみんながいなかったら号泣していたと思います。
今でも、家の跡にあった子ども用と思われるかわいい絵柄の食器の
かけらを思い出すと涙が出てきます。

海には何隻か小さな漁船もあり、釣りをされている漁師さんのような方もいました。
話を聞いた人によると、彼らは地元の人ではなく、他の地区の方だということ。
「地元の人は来ないよ」と言ってたそうです。

電線もない、人もいない地域。。
閖上地区から松島に移動する間にも広がっていました。

自分ができること。
仕事をして税金を納めること。そして病気にならない、失業者を出さないなど
国のお金を使わないようにすること。
そして被災地のことを忘れないこと。


<<  2011年11月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30