大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


お好み焼きやさんに学ぶ素人と玄人の違い

投稿日時:2010/04/19(月) 00:41rss

海老・カニなどの甲殻類がダメな人って
世の中に結構いると思います。
伊勢海老や松葉カニが食べられなくて残念だと思うけど
本人たちは食べられないのでそれは仕方ないことです。

今日はうちの娘の14回目のお誕生日でした。
家でごちそうをつくってあげられたらよかったんですけど
セミナーのレジュメ作成の締め切りに追われて
外に食べに行くことになりました。

娘に何を食べたい?って聞いたら「お好み焼き」とのこと。
子どもたちが見つけたできたばかりのお店に家族で行くことになりました。

お店はカウンター8席、2人がけのテーブルが2席。
4人がけの座敷が2席の小さなお店でした。
ママさんが仕切って女性3人でお店を切り盛りされていました。

家族4人、各自好きなお好み焼きをオーダーしました。
お好み焼きが大好物の娘なんですが
途中で箸が止まってしまいました。
桜海老が入ってたみたい。
娘は甲殻類がダメなんです。

そのお店は高級店ではないので、苦手な食材は聞かれませんでした。
今まで、たまたまお好み焼きに桜海老が入っているお店に
遭遇したことがなかったのでこちらも油断していました。

そのお店のやり方を見ているとすでにお好み焼きのベースは
玉子以外をすべてひとつの器に入れてセッティングしていたので
桜海老も当然その中に入ってたのでしょう。

例えば知り合いの家に遊びにいって、
お好み焼きに桜海老が入っていても
それがその家のやり方なんだったら仕方ないとあきらめます。

しかし、お店で商売でやるんだったら、海老・カニアレルギーの人もいるって
想定した上で桜海老はオプションにするべきでは・・と思いました。

お好み焼きをうまく焼けるオバチャンは大阪にはたくさんいます。
その中でお金をもらう玄人になるためには、「これが自分の味や」を
出す前に、汎用性のあるベースをつくるべきでは・・・。

今日はこのお店にするか、千房にするか迷ったんですけど
千房では、そんな思いはしたことがありません。
商売としてのサービスが徹底しているのです。

これって商業出版の原稿とブログの関係にも似てると
自分に置き換えて考えてみました。

自分のノウハウを伝えるときに、
これが自分のやり方や、
好きな人だけ、読んでや、というのがブログ。

商業出版の本は、それではダメで
自分のノウハウを汎用性があるものに置き換え
さらに、お好み焼きに慣れている人にも慣れていない人にも
食べてもらえるように、味の引き出し方を工夫する必要がある。

こないだニュートップLの原稿を書かせていただいたときに
某編集者さんに苦言を呈されたのも、
今日のお好み焼きやのオバチャンと
私が同じだったからなんだなぁって感じました。

玄人になるためにはどうすればいいか。
執筆業もそろそろ入門編を通過して
「本業じゃないし」という言い訳も封印して
玄人になるべく、頭も使ってアンテナも張って
真摯に取り組んでいきたいと思います。

トラックバック一覧

コメント


深いお話ですね。

いよりさん、こんにちは!

改めまして
娘さんのお誕生日おめでとうございます。

今回のお話は、商売をしている限り
どんな業界でも、考えるべき問題です。
しかも、零細中小企業では、それをするのは社長の役目。

経営者として、最も大切な資質は
真摯な態度なのだと思います。
私はできる・・・と思った瞬間に終わってるかも。(笑)

Posted by 伊藤@精密部品加工屋 at 2010/04/19 06:56:00 PASS:

恐縮です

伊藤さん、おはようございます!
先日はお目にかかれてうれしかったです。

このブログの文章、今読み返してみると
結構ひどいですね(笑)

昨日はセミナーの資料作成で
かなりテンパってたので
「書かなアカンって気持ちは伝わるけど・・」って
感じかな。

何の商売でも他人さんが必死の思いで稼いだ
お金をいただくからには、プロでありたいですね。

Posted by いよりん at 2010/04/19 08:12:00 PASS:

ご指摘の通りです

いよりん、こんにちは。
そして、お嬢様のお誕生日おめでとうございます。

ブログと商業出版の違いは、まさにご指摘の通りです。
最近は、その境界線が曖昧になり、かなりカジュアルな文章も紙に印刷されて、書店で販売されています。

しかし、コンテンツがフリーに近づくほどに、
キチンと伝わるものこそが有料であるべき、
とも思います。

そういう私も、「文章術」「伝え方」の本をこっそり読んで、修業に邁進しております(苦笑)。

Posted by 某編集者 at 2010/04/19 13:49:00 PASS:

色々勉強になること多いです

某編集者さま

御世話になります。
世の中色々ありますが
常に自分に置き換えてみると
学びがあります。

トクにムっと来たときが
学びのチャンスだと最近悟りました。

徳を積んでよりよい自分になれるよう、
平たく言うと「人気もの」になれるよう
これからも精進致します。

だんだん自分の周りに年下の人が多くなり
この性格なんで誰も注意してくれないので
これからもどんどん苦言を呈して下さいね。
誰にも何にも言われなくなったら終わりやもんね

Posted by いよりん at 2010/04/19 14:33:00 PASS:
名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
4c61acdc87dfe03006144bbbdd72cf8b.png?1537418923
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

20141009bnr.jpg

会社概要

人事労務に関するコンサルタント業/セミナー運営/社会保険労務士業

詳細へ

個人プロフィール

詳細へ

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(904)


<<  2018年9月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コメント一覧

最新トラックバック

  • ルイヴィトン 店舗 from ルイヴィトン 店舗
    【明大生との一問百答】上司からアドバイスを引き出す方法 - 井寄事務所 代表 井寄奈美
  • 井寄奈美「著者デビュー5周年」に出席 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    特定社会保険労務士で経営者会報ブログの会員でe製造業の会の会員でもある井寄奈美氏が2009年に「小さな会社の<トクする>人の雇い方・給料の払い方」を出版してから4年間で6冊の本を執筆しています。 そこで著者デビュー5周年の感謝祭を開くということで招待されましたが、たまたま我社の年2回しかない土曜日出勤日に当たり第1部のトークイベントには出席ができず夕方からのパーティにだけ参加させていただきま
  • 僕らの味方 キューティーバニー from 男の魂と誇りを込めて・・・世界が震撼する日本の鞄 國鞄 社長 庄山 悟 の日記
  • 新刊書『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    いつもお世話になっている特定社会保険労務士の井寄奈美さんが、6冊目の本『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』を㈱中経出版より出版しました。 その新刊書を10月30日発売なのに早々と送ってくださいました。 井寄さんの出している本は全て労働基準法や社員になどに対する対処など中小経営者の悩んでいることなどを解りやすく解説している本で経営者にお薦めの本です。 今回は権利のみを主張して労務の
  • 大阪府中小企業労働環境好事例集作成で井寄奈美氏の取材を受けます。 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    大阪商工労働部から推薦され大阪府総合労働事務所のヒアリングを受け中小企業労働環境向上好事例選定委員会において、三元ラセン管工業㈱においては、文句のつけようがないという意見も出るなど高評価を頂き好事例企業50社の中の1社に選定されました。 その選定された会社に今度は社会保険労務士や中小企業診断士が訪問し取材を行い事例集を作成するそうです。 訪問される社会保険労務士や中小企業診断士さんはこちら