大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


Y君の救急箱

投稿日時:2009/06/22(月) 22:14rss

今朝、顧問先のお客様の会社に訪問したときのこと。
営業担当Yさんの机の上にある
20センチ四方のダンボール箱が目に入りました。
Yさんは営業に出ていて外出中でした。

近づいて見てみると「Y君の救急箱」と側面に書いてあります。
「うん?救急箱?仕事中に怪我してるんちゃうやろね~」と
さらに近づいて観察をしてみると箱の上には
「Y君の駐車違反を救うための救急箱」と書かれていて
お金を入れる穴が空いていました。
箱を持ってみるとずっしり重い。

事務員さんに「なんですか?この箱?」と聞いたところ
仕事中の駐禁があまりに多いYさん。
社長も堪忍袋の緒が切れて、「次に違反をしたら全額自腹!」を言い渡したそうです。
そして、先日、また駐禁をやっちゃったそうです。

もちろん会社の方針は
「駐車料金は経費で払うので必ず駐車場に止めること」です。
交通法規の違反は就業規則でも禁じられています。

駐車違反をする、ということは次はスピード違反や
飲酒運転など、他のより重い違反にエスカレートをしていく
可能性があります。
それを許さないという会社の姿勢を示すために
就業規則にも懲戒規定を設け、交通法規違反の罰金は
自腹で払うこと、と会社が決めているのです。

しかし、規則で縛るだけでは人間は更生しません。
仲間から、注意もされ、「こんなことをしていたらアカン」って
自分で気付くこと。これが大事です。

「Y君の救急箱」は社長の息子さんの常務の提案とのこと。
社長もY君がいないときにこっそりと救急箱にお金を入れていたそうです。

ここの会社の社長はめっちゃ怒鳴ります。
結構みんなボロクソ言われています。
が、根っこは温かくて、何より会社と従業員さんのことを思っています。

規則で縛るだけでは人間は動きません。
規則なしの無法地帯はもちろんダメですが
規則を運用する人間のハートの温かさが
組織運営には絶対必要だなぁと感じた出来事でした。

トラックバック一覧

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
437aaab322b8043af0528c5d67836ba1.png?1540005116
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

20141009bnr.jpg

会社概要

人事労務に関するコンサルタント業/セミナー運営/社会保険労務士業

詳細へ

個人プロフィール

詳細へ

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(904)


<<  2018年10月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメント一覧

最新トラックバック

  • ルイヴィトン 店舗 from ルイヴィトン 店舗
    【明大生との一問百答】上司からアドバイスを引き出す方法 - 井寄事務所 代表 井寄奈美
  • 井寄奈美「著者デビュー5周年」に出席 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    特定社会保険労務士で経営者会報ブログの会員でe製造業の会の会員でもある井寄奈美氏が2009年に「小さな会社の<トクする>人の雇い方・給料の払い方」を出版してから4年間で6冊の本を執筆しています。 そこで著者デビュー5周年の感謝祭を開くということで招待されましたが、たまたま我社の年2回しかない土曜日出勤日に当たり第1部のトークイベントには出席ができず夕方からのパーティにだけ参加させていただきま
  • 僕らの味方 キューティーバニー from 男の魂と誇りを込めて・・・世界が震撼する日本の鞄 國鞄 社長 庄山 悟 の日記
  • 新刊書『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    いつもお世話になっている特定社会保険労務士の井寄奈美さんが、6冊目の本『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』を㈱中経出版より出版しました。 その新刊書を10月30日発売なのに早々と送ってくださいました。 井寄さんの出している本は全て労働基準法や社員になどに対する対処など中小経営者の悩んでいることなどを解りやすく解説している本で経営者にお薦めの本です。 今回は権利のみを主張して労務の
  • 大阪府中小企業労働環境好事例集作成で井寄奈美氏の取材を受けます。 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    大阪商工労働部から推薦され大阪府総合労働事務所のヒアリングを受け中小企業労働環境向上好事例選定委員会において、三元ラセン管工業㈱においては、文句のつけようがないという意見も出るなど高評価を頂き好事例企業50社の中の1社に選定されました。 その選定された会社に今度は社会保険労務士や中小企業診断士が訪問し取材を行い事例集を作成するそうです。 訪問される社会保険労務士や中小企業診断士さんはこちら